🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める豊島与志雄の短編作品

青空文庫で公開されている豊島与志雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編144作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全144件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
台湾の姿態 豊島与志雄
30分以内
  7,464 文字
台湾の印象は、まず山と川から来る。
台湾の姿態 豊島与志雄
台湾の印象は、まず山と川から来る。
死ね!
(1934年)
豊島与志雄
30分以内
  9,855 文字
私と彼とは切っても切れない縁故があるのだが、逢うことはそう屡々ではない。
死ね! 豊島与志雄
私と彼とは切っても切れない縁故があるのだが、逢うことはそう屡々ではない。
「草野心平詩集」解説 豊島与志雄
30分以内
  6,083 文字
草野心平のことを、懇意な人々は心平さんと言う。
「草野心平詩集」解説 豊島与志雄
草野心平のことを、懇意な人々は心平さんと言う。
悪魔の宝
(1929年)
豊島与志雄
30分以内
  8,490 文字
或(ある)ところに、センイチといふ猟師がゐました。
悪魔の宝 豊島与志雄
或(ある)ところに、センイチといふ猟師がゐました。
椎の木
(1946年)
豊島与志雄
30分以内
  6,930 文字
がけの上のひろい庭に、大きな椎の木がありました。
椎の木 豊島与志雄
がけの上のひろい庭に、大きな椎の木がありました。
未亡人
(1947年)
豊島与志雄
30分以内
  11,306 文字
守山未亡人千賀子さん私が顔を出すと、あなたはいつも擽ったいような表情をしますね。
未亡人 豊島与志雄
守山未亡人千賀子さん私が顔を出すと、あなたはいつも擽ったいような表情をしますね。
故郷 豊島与志雄
30分以内
  4,040 文字
「もう遅すぎる、クレオンよ、わしの魂はもうテエベを去った。
故郷 豊島与志雄
「もう遅すぎる、クレオンよ、わしの魂はもうテエベを去った。
彗星の話
(1922年)
豊島与志雄
30分以内
  4,063 文字
むかし、ギリシャの片田舎に、ケメトスという人がいました。
彗星の話 豊島与志雄
むかし、ギリシャの片田舎に、ケメトスという人がいました。
都会に於ける中流婦人の生活 豊島与志雄
30分以内
  4,092 文字
都会に於ける中流婦人の生活ほど惨めなものはない。
都会に於ける中流婦人の生活 豊島与志雄
都会に於ける中流婦人の生活ほど惨めなものはない。
明日 豊島与志雄
30分以内
  4,096 文字
或る男が、次のようなことを私に打明けた。
明日 豊島与志雄
或る男が、次のようなことを私に打明けた。
少年文学私見 豊島与志雄
30分以内
  4,119 文字
現今の少年は、非常に明るい眼をもっている、空想は空想として働かしながらも、事実のあるがままの姿...
少年文学私見 豊島与志雄
現今の少年は、非常に明るい眼をもっている、空想は空想として働かしながらも、事実のあるがままの姿を、大袈裟に云えば現実を、じっと眺めそして見て取るだけの視力をもっている。
轢死人 豊島与志雄
30分以内
  4,134 文字
S君が私に次のような話をしてきかした。
轢死人 豊島与志雄
S君が私に次のような話をしてきかした。
猫先生の弁 豊島与志雄
30分以内
  4,156 文字
猫好きな人は、犬をあまり好かない。
猫先生の弁 豊島与志雄
猫好きな人は、犬をあまり好かない。
ヒロシマの声 豊島与志雄
30分以内
  4,160 文字
一九四五年八月六日午前八時十五分、広島市中央部の上空に世界最初の原子爆弾が炸裂してから、四年数...
ヒロシマの声 豊島与志雄
一九四五年八月六日午前八時十五分、広島市中央部の上空に世界最初の原子爆弾が炸裂してから、四年数ヶ月になる。
活人形 豊島与志雄
30分以内
  4,241 文字
むかし、インドに、ターコール僧正というえらいお坊さまがいました。
活人形 豊島与志雄
むかし、インドに、ターコール僧正というえらいお坊さまがいました。
金魚 豊島与志雄
30分以内
  4,241 文字
「金魚を見ると、僕はある春の一日のことを思い出して、いつも変な気持になる、」と云ってSが話した...
金魚 豊島与志雄
「金魚を見ると、僕はある春の一日のことを思い出して、いつも変な気持になる、」と云ってSが話したことを、そのまま三人称に書き下したのが、次の物語りである。
ヒューメーンということに就て 豊島与志雄
30分以内
  4,257 文字
芸術上の作品は、一方に於ては作者に即したものであり、他方に於てはそれ自身独立したものである。
ヒューメーンということに就て 豊島与志雄
芸術上の作品は、一方に於ては作者に即したものであり、他方に於てはそれ自身独立したものである。
長篇小説私見 豊島与志雄
30分以内
  4,277 文字
文学の中に吾々は、種々の意味で心惹かるる人物を沢山持っている。
長篇小説私見 豊島与志雄
文学の中に吾々は、種々の意味で心惹かるる人物を沢山持っている。
バラック居住者への言葉 豊島与志雄
30分以内
  4,293 文字
バラックに住む人々よ、諸君は、バラックの生活によって、云い換えれば、僅かに雨露を凌ぐに足るだけ...
バラック居住者への言葉 豊島与志雄
バラックに住む人々よ、諸君は、バラックの生活によって、云い換えれば、僅かに雨露を凌ぐに足るだけの住居と、飢渇を満すに足るだけの食物と、荒凉たる周囲の灰燼と、殆んど着のみ着のままの自分自身と、其他あらゆる悲惨とによって、初めて人間の生活というものを、本当に知ったに――感じたに違いない。
豊島与志雄
30分以内
  4,307 文字
私は蓮が好きである。
豊島与志雄
私は蓮が好きである。
小説の内容論 豊島与志雄
30分以内
  4,393 文字
小説の書かれたる内容が問題となってもいい位に、吾国の小説界は進んでいると思う。
小説の内容論 豊島与志雄
小説の書かれたる内容が問題となってもいい位に、吾国の小説界は進んでいると思う。
太一の靴は世界一
(1938年)
豊島与志雄
30分以内
  4,403 文字
大きな工場のかたすみに、倉庫があります。
太一の靴は世界一 豊島与志雄
大きな工場のかたすみに、倉庫があります。
「紋章」の「私」 豊島与志雄
30分以内
  4,415 文字
横光利一氏の「紋章」のなかには、「私」という言葉で現わされてる一人の文学者が出てくる。
「紋章」の「私」 豊島与志雄
横光利一氏の「紋章」のなかには、「私」という言葉で現わされてる一人の文学者が出てくる。
中支生活者 豊島与志雄
30分以内
  4,421 文字
杭州へ行った人は大抵、同地の芝原平三郎氏の存在に気付くであろう。
中支生活者 豊島与志雄
杭州へ行った人は大抵、同地の芝原平三郎氏の存在に気付くであろう。

(1925年)
豊島与志雄
30分以内
  4,440 文字
寝台車に一通り荷物の仕末をして、私は食堂車にはいっていった。
豊島与志雄
寝台車に一通り荷物の仕末をして、私は食堂車にはいっていった。
失策記 豊島与志雄
30分以内
  4,538 文字
外出間際の来客は、気の置けない懇意な人で、一緒に外を歩きながら話の出来る、そういうのが最もよい。
失策記 豊島与志雄
外出間際の来客は、気の置けない懇意な人で、一緒に外を歩きながら話の出来る、そういうのが最もよい。
市郎の店
(1942年)
豊島与志雄
30分以内
  4,551 文字
ある港町の、港と停車場との間の、にぎやかな街路に、市郎の店はありました。
市郎の店 豊島与志雄
ある港町の、港と停車場との間の、にぎやかな街路に、市郎の店はありました。
影法師
(1927年)
豊島与志雄
30分以内
  4,556 文字
うしろに山をひかえ前に広々とした平野をひかえてる、低いなだらかな丘の上に、小さな村がありました。
影法師 豊島与志雄
うしろに山をひかえ前に広々とした平野をひかえてる、低いなだらかな丘の上に、小さな村がありました。
不思議な帽子
(1925年)
豊島与志雄
30分以内
  4,581 文字
ある大都会の大通りの下の下水道に、悪魔が一匹住んでいました。
不思議な帽子 豊島与志雄
ある大都会の大通りの下の下水道に、悪魔が一匹住んでいました。
コーカサスの禿鷹 豊島与志雄
30分以内
  4,612 文字
コーカサスに、一匹の大きな禿鷹(はげたか)がいました。
コーカサスの禿鷹 豊島与志雄
コーカサスに、一匹の大きな禿鷹(はげたか)がいました。
父母に対する私情 豊島与志雄
30分以内
  4,615 文字
私は初め、父と母とのことを書くつもりだった。
父母に対する私情 豊島与志雄
私は初め、父と母とのことを書くつもりだった。
天狗笑
(1926年)
豊島与志雄
30分以内
  4,637 文字
むかし、ある山裾に、小さな村がありました。
天狗笑 豊島与志雄
むかし、ある山裾に、小さな村がありました。
秋の幻 豊島与志雄
30分以内
  4,676 文字
或る田舎に母と子とが住んでいた。
秋の幻 豊島与志雄
或る田舎に母と子とが住んでいた。
強い賢い王様の話 豊島与志雄
30分以内
  4,714 文字
むかし印度のある国に、一人の王子がありました。
強い賢い王様の話 豊島与志雄
むかし印度のある国に、一人の王子がありました。
文学精神は言う 豊島与志雄
30分以内
  4,749 文字
廃墟のなかに、そしてその上に、打ち建てられるであろう建築は、新らしい様式のものであらねばなるまい。
文学精神は言う 豊島与志雄
廃墟のなかに、そしてその上に、打ち建てられるであろう建築は、新らしい様式のものであらねばなるまい。
偶像に就ての雑感 豊島与志雄
30分以内
  4,752 文字
吾々は多くの偶像を持っている。
偶像に就ての雑感 豊島与志雄
吾々は多くの偶像を持っている。
ひでり狐 豊島与志雄
30分以内
  4,810 文字
ある夏、大変なひでりがしました。
ひでり狐 豊島与志雄
ある夏、大変なひでりがしました。
豊島与志雄
30分以内
  4,851 文字
叔父達が新らしい家へ移転してすぐに、叔父は或る公務を帯びて、二ヶ月ばかり朝鮮の方へ旅することに...
豊島与志雄
叔父達が新らしい家へ移転してすぐに、叔父は或る公務を帯びて、二ヶ月ばかり朝鮮の方へ旅することになりました。
怪異に嫌わる 豊島与志雄
30分以内
  4,934 文字
坪井君は丹波の人である。
怪異に嫌わる 豊島与志雄
坪井君は丹波の人である。
野に声なし 豊島与志雄
30分以内
  4,946 文字
芸術上の作品は、必ずその作者の心境を宿す。
野に声なし 豊島与志雄
芸術上の作品は、必ずその作者の心境を宿す。
キンショキショキ
(1925年)
豊島与志雄
30分以内
  4,989 文字
今のように世の中が開けていないずっと昔のことです。
キンショキショキ 豊島与志雄
今のように世の中が開けていないずっと昔のことです。
金の猫の鬼
(1933年)
豊島与志雄
30分以内
  5,010 文字
むかし、台湾の南のはじの要害の地に、支那の海賊がやつてきて、住居をかまへましたので、附近の住民...
金の猫の鬼 豊島与志雄
むかし、台湾の南のはじの要害の地に、支那の海賊がやつてきて、住居をかまへましたので、附近の住民はたいへん困りました。
お山の爺さん
(1923年)
豊島与志雄
30分以内
  5,131 文字
おうさむこさむやまからこぞうがないてきたなーんとてないてきたさむいとてないてきた。
お山の爺さん 豊島与志雄
おうさむこさむやまからこぞうがないてきたなーんとてないてきたさむいとてないてきた。
犬の八公
(1926年)
豊島与志雄
30分以内
  5,167 文字
或(あ)る山奥の村に、八太郎といふ独者がゐました。
犬の八公 豊島与志雄
或(あ)る山奥の村に、八太郎といふ独者がゐました。
三つの嘘
(1940年)
豊島与志雄
30分以内
  5,174 文字
或るところに、元という長者がありました。
三つの嘘 豊島与志雄
或るところに、元という長者がありました。
十一谷義三郎を語る 豊島与志雄
30分以内
  5,183 文字
十一谷君とは大正十年以來の交誼を得ていたが、その間の十一谷君と切り離せないものは、碁、麻雀、煙...
十一谷義三郎を語る 豊島与志雄
十一谷君とは大正十年以來の交誼を得ていたが、その間の十一谷君と切り離せないものは、碁、麻雀、煙草、古い反故るい……。
群集
(1919年)
豊島与志雄
30分以内
  5,192 文字
大正七年八月十六日夜――私は神保町から須田町の方へ歩いて行った。
群集 豊島与志雄
大正七年八月十六日夜――私は神保町から須田町の方へ歩いて行った。
幻覚記 豊島与志雄
30分以内
  5,196 文字
筑後川右岸の、平坦な沃野である。
幻覚記 豊島与志雄
筑後川右岸の、平坦な沃野である。
文学の曇天 豊島与志雄
30分以内
  5,207 文字
近頃、文壇に懐古的気分が起ってきているのが眼につく。
文学の曇天 豊島与志雄
近頃、文壇に懐古的気分が起ってきているのが眼につく。
生活について 豊島与志雄
30分以内
  5,245 文字
人の生活には、一の方向が必要である。
生活について 豊島与志雄
人の生活には、一の方向が必要である。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。