🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める豊島与志雄の短編作品

青空文庫で公開されている豊島与志雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編57作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全57件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
レ・ミゼラブル 豊島与志雄
10分以内
  3,357 文字
一七八九年七月バスティーユ牢獄の破壊にその端緒を開いたフランス大革命は、有史以来人類のなした最...
レ・ミゼラブル 豊島与志雄
一七八九年七月バスティーユ牢獄の破壊にその端緒を開いたフランス大革命は、有史以来人類のなした最も大きな歩みの一つであった。
鬼カゲさま
(1942年)
豊島与志雄
10分以内
  3,742 文字
むかし、関東地方を治めてゐた殿様がありまして、江戸に住んでゐられました。
鬼カゲさま 豊島与志雄
むかし、関東地方を治めてゐた殿様がありまして、江戸に住んでゐられました。
逢魔の刻 豊島与志雄
10分以内
  2,058 文字
昔は、逢魔の刻というのがいろいろあった。
逢魔の刻 豊島与志雄
昔は、逢魔の刻というのがいろいろあった。
地水火風空 豊島与志雄
10分以内
  2,089 文字
月清らかな初夏の夜、私はA老人と連れだって、弥生町の方から帝大の裏門をはいり、右へ折れて、正門...
地水火風空 豊島与志雄
月清らかな初夏の夜、私はA老人と連れだって、弥生町の方から帝大の裏門をはいり、右へ折れて、正門の方へぬけようとした。
真夜中から黎明まで 豊島与志雄
10分以内
  2,104 文字
時の区劃から云えば、正子が一日と次の日との境界であるけれども、徹夜する者にとっては、この境界は...
真夜中から黎明まで 豊島与志雄
時の区劃から云えば、正子が一日と次の日との境界であるけれども、徹夜する者にとっては、この境界は全く感じられない。
書かれざる作品 豊島与志雄
10分以内
  2,107 文字
横須賀の海岸に陸から橋伝いに繋ぎとめられ、僅かに記念物として保存されている軍艦三笠を、遠くから...
書かれざる作品 豊島与志雄
横須賀の海岸に陸から橋伝いに繋ぎとめられ、僅かに記念物として保存されている軍艦三笠を、遠くから望見した時、私は、日本海大海戦に勇名を馳せた軍艦のなれのはてに、一種の感懐を禁じ得なかった。
帰京記 豊島与志雄
10分以内
  2,162 文字
大正十二年の夏、私は深瀬春一君と北海道を旅し、九月一日には函館の深瀬君の家にいた。
帰京記 豊島与志雄
大正十二年の夏、私は深瀬春一君と北海道を旅し、九月一日には函館の深瀬君の家にいた。
故郷 豊島与志雄
10分以内
  2,214 文字
北海道胆振国に、洞爺湖という湖水がある。
故郷 豊島与志雄
北海道胆振国に、洞爺湖という湖水がある。
守宮 豊島与志雄
10分以内
  2,320 文字
私の二階の書斎は、二方硝子戸になっているが、その硝子戸の或る場所に、夜になると、一匹の守宮が出...
守宮 豊島与志雄
私の二階の書斎は、二方硝子戸になっているが、その硝子戸の或る場所に、夜になると、一匹の守宮が出て来る。
作品の倫理的批評 豊島与志雄
10分以内
  2,346 文字
私は今茲に作品の倫理的批評に就いて一二のことを云ってみたい。
作品の倫理的批評 豊島与志雄
私は今茲に作品の倫理的批評に就いて一二のことを云ってみたい。
豊島与志雄
10分以内
  2,355 文字
五月末の或る晴れやかな日の午後四時頃、私は旧友N君と一緒に、帝国大学の中の大きな池の南側にある...
豊島与志雄
五月末の或る晴れやかな日の午後四時頃、私は旧友N君と一緒に、帝国大学の中の大きな池の南側にある、小高いテラースの上の、藤棚の下の石のベンチに腰掛けていた。
ばかな汽車 豊島与志雄
10分以内
  2,398 文字
――長いあいだ汽車の機関手をしていた人が、次のような話をきかせました。
ばかな汽車 豊島与志雄
――長いあいだ汽車の機関手をしていた人が、次のような話をきかせました。
球体派 豊島与志雄
10分以内
  2,415 文字
私は友人の画家と一緒に夜の街路を歩いていた。
球体派 豊島与志雄
私は友人の画家と一緒に夜の街路を歩いていた。
蝦蟇 豊島与志雄
10分以内
  2,424 文字
五月頃から私の家の縁先に、大きい一匹の蝦蟇が出た。
蝦蟇 豊島与志雄
五月頃から私の家の縁先に、大きい一匹の蝦蟇が出た。
表現論随筆 豊島与志雄
10分以内
  2,463 文字
私達六七人の男女が、或る夏、泳げるのも泳げないのもいっしょになって、遠浅の海で遊んでいた。
表現論随筆 豊島与志雄
私達六七人の男女が、或る夏、泳げるのも泳げないのもいっしょになって、遠浅の海で遊んでいた。
梅花の気品 豊島与志雄
10分以内
  2,541 文字
梅花の感じは、気品の感じである。
梅花の気品 豊島与志雄
梅花の感じは、気品の感じである。
秋の気魄 豊島与志雄
10分以内
  2,545 文字
秋と云えば、人は直ちに紅葉を連想する。
秋の気魄 豊島与志雄
秋と云えば、人は直ちに紅葉を連想する。
「自然」 豊島与志雄
10分以内
  2,638 文字
私の家の東側は、低い崖地になっている。
「自然」 豊島与志雄
私の家の東側は、低い崖地になっている。
湯元の秋 豊島与志雄
10分以内
  2,726 文字
私は或る秋の初め、日光の奥の湯元温泉に約二週間ばかり滞在していた。
湯元の秋 豊島与志雄
私は或る秋の初め、日光の奥の湯元温泉に約二週間ばかり滞在していた。
真夏の幻影 豊島与志雄
10分以内
  2,727 文字
広々とした平野である。
真夏の幻影 豊島与志雄
広々とした平野である。
情意の干満 豊島与志雄
10分以内
  2,837 文字
海の潮にも似たる干満を、私は自分の情意に感ずる。
情意の干満 豊島与志雄
海の潮にも似たる干満を、私は自分の情意に感ずる。
形態について 豊島与志雄
10分以内
  2,849 文字
或る一つの文学作品中の主要人物について例えば五人の画家にその肖像を描かせるとすれば、恐らくは、...
形態について 豊島与志雄
或る一つの文学作品中の主要人物について例えば五人の画家にその肖像を描かせるとすれば、恐らくは、可なり異った五つの肖像が得られるだろう。
川端柳 豊島与志雄
10分以内
  2,919 文字
或る刑務所長の話に依れば、刑期満ちて娑婆に出た竊盗囚が再び罪を犯すのは、物に対する「欲しい」と...
川端柳 豊島与志雄
或る刑務所長の話に依れば、刑期満ちて娑婆に出た竊盗囚が再び罪を犯すのは、物に対する「欲しい」という感情からよりも、「惜しい」という感情からのことが多いという。
豊島与志雄
10分以内
  2,945 文字
猫は唯物主義だと云われている。
豊島与志雄
猫は唯物主義だと云われている。
条件反射 豊島与志雄
10分以内
  2,948 文字
煙草煙草の好きな某大学教授が、軽い肺尖カタルにかかった。
条件反射 豊島与志雄
煙草煙草の好きな某大学教授が、軽い肺尖カタルにかかった。
女人禁制 豊島与志雄
10分以内
  2,951 文字
女人といっても、老幼美醜、さまざまであるが、とにかく、女性として関心のもてる程度の、年配と容貌...
女人禁制 豊島与志雄
女人といっても、老幼美醜、さまざまであるが、とにかく、女性として関心のもてる程度の、年配と容貌とをそなえてる方々のことなのであって――。
文学への実感について 豊島与志雄
10分以内
  2,962 文字
事変下の文学について、改めて文学の実体ということが問題になってきた。
文学への実感について 豊島与志雄
事変下の文学について、改めて文学の実体ということが問題になってきた。
春の幻 豊島与志雄
10分以内
  3,083 文字
春を想うと、ただもやもやっとした世界の幻が浮んでくる。
春の幻 豊島与志雄
春を想うと、ただもやもやっとした世界の幻が浮んでくる。
樹を愛する心 豊島与志雄
10分以内
  3,103 文字
庭の中に、桃の木があった。
樹を愛する心 豊島与志雄
庭の中に、桃の木があった。
新時代の「童話」 豊島与志雄
10分以内
  3,146 文字
それを二十世紀的と云おうと、現代と云おうと、或は新時代と云おうと、言葉はどうでもよろしいが、過...
新時代の「童話」 豊島与志雄
それを二十世紀的と云おうと、現代と云おうと、或は新時代と云おうと、言葉はどうでもよろしいが、過去と現在との間に一種の距離を感じ、歴史の必然的なるべき推移のうちに一種の飛躍を感ずる、そういう時代に吾々は在る。
愉快な話 豊島与志雄
10分以内
  3,147 文字
愉快な話というものは、なかなかないものだ。
愉快な話 豊島与志雄
愉快な話というものは、なかなかないものだ。
雷神の珠 豊島与志雄
10分以内
  3,160 文字
むかし、世の中にいろんな神が――風の神や水の神や山の神などいろんな神が、方々にたくさんいた頃の...
雷神の珠 豊島与志雄
むかし、世の中にいろんな神が――風の神や水の神や山の神などいろんな神が、方々にたくさんいた頃のこと、ある所に一人の長者が住んでいました。
自由主義私見 豊島与志雄
10分以内
  3,182 文字
自由主義は、行動方針の問題ではなくて、生活態度の問題である。
自由主義私見 豊島与志雄
自由主義は、行動方針の問題ではなくて、生活態度の問題である。
砂漠の情熱 豊島与志雄
10分以内
  3,344 文字
バルザックは「砂漠の情熱」という短篇のなかで、砂漠をさ迷う一兵士が一頭の雌豹に出逢い、生命を賭...
砂漠の情熱 豊島与志雄
バルザックは「砂漠の情熱」という短篇のなかで、砂漠をさ迷う一兵士が一頭の雌豹に出逢い、生命を賭したふざけ方をしながら数日過すことを、描いている。
待つ者 豊島与志雄
10分以内
  3,385 文字
少しく距離をへだてた人家の、硝子戸のある窓や縁先から、灯火のついている室内を眺めると、往々、お...
待つ者 豊島与志雄
少しく距離をへだてた人家の、硝子戸のある窓や縁先から、灯火のついている室内を眺めると、往々、おかしなことを考える。
風ばか 豊島与志雄
10分以内
  3,485 文字
――皆さんは、人間の身体は右と左とまったく同じだと、思っていますでしょう。
風ばか 豊島与志雄
――皆さんは、人間の身体は右と左とまったく同じだと、思っていますでしょう。
録音集 豊島与志雄
10分以内
  3,502 文字
八月の中旬、立秋後、朝夕の微風にかすかな凉味が乗り初める頃、夜の明け方に、よく雨が降る。
録音集 豊島与志雄
八月の中旬、立秋後、朝夕の微風にかすかな凉味が乗り初める頃、夜の明け方に、よく雨が降る。
月評をして 豊島与志雄
10分以内
  3,620 文字
月評をして、あらゆる情実より脱せしめよ。
月評をして 豊島与志雄
月評をして、あらゆる情実より脱せしめよ。
戯曲を書く私の心持 豊島与志雄
10分以内
  3,690 文字
四五年前から、戯曲を書いて見たまえって、周囲の友人に度び度びすすめられたことがあったんです。
戯曲を書く私の心持 豊島与志雄
四五年前から、戯曲を書いて見たまえって、周囲の友人に度び度びすすめられたことがあったんです。
ジャングル頭 豊島与志雄
10分以内
  3,721 文字
夜の東京の、新宿駅付近や、上野不忍池付近は、一種のジャングル地帯だと言われる。
ジャングル頭 豊島与志雄
夜の東京の、新宿駅付近や、上野不忍池付近は、一種のジャングル地帯だと言われる。
泥坊
(1921年)
豊島与志雄
10分以内
  3,749 文字
ある所に、五右衛門というなまけ者がいました。
泥坊 豊島与志雄
ある所に、五右衛門というなまけ者がいました。
狸石
(1952年)
豊島与志雄
10分以内
  3,780 文字
戦災の焼跡の一隅に、大きな石が立っていた。
狸石 豊島与志雄
戦災の焼跡の一隅に、大きな石が立っていた。
舞踏病 豊島与志雄
10分以内
  3,783 文字
君は舞踏病という病気を知っていますか。
舞踏病 豊島与志雄
君は舞踏病という病気を知っていますか。
私の信条 豊島与志雄
10分以内
  3,800 文字
私の仕事と世の中とのつながり。
私の信条 豊島与志雄
私の仕事と世の中とのつながり。
神話と青春との復活 豊島与志雄
10分以内
  3,806 文字
内に漲る力、中から盛りあがってくる精神が、新たな建設には必須の条件である。
神話と青春との復活 豊島与志雄
内に漲る力、中から盛りあがってくる精神が、新たな建設には必須の条件である。
或る夜の武田麟太郎 豊島与志雄
10分以内
  3,813 文字
その昔、といっても日華事変前頃まで、所謂土手の小林は、吾々市井の酒飲みにとって、楽しい場所だった。
或る夜の武田麟太郎 豊島与志雄
その昔、といっても日華事変前頃まで、所謂土手の小林は、吾々市井の酒飲みにとって、楽しい場所だった。
魔法探し 豊島与志雄
10分以内
  3,814 文字
むかし、ペルシャに大変えらい学者がいました。
魔法探し 豊島与志雄
むかし、ペルシャに大変えらい学者がいました。
ピンカンウーリの阿媽 豊島与志雄
10分以内
  3,850 文字
忙中の小閑、うっとりと物思いに沈む気分になった時、いたずらにペンを執って、手紙でも書いてみよう...
ピンカンウーリの阿媽 豊島与志雄
忙中の小閑、うっとりと物思いに沈む気分になった時、いたずらにペンを執って、手紙でも書いてみようという、そんな相手はないものだろうか。
初秋海浜記 豊島与志雄
10分以内
  3,880 文字
仕事をするつもりで九十九里の海岸に来て、沼や川や磯を毎日飛び廻ってるうちに、頭が潮風にふやけて...
初秋海浜記 豊島与志雄
仕事をするつもりで九十九里の海岸に来て、沼や川や磯を毎日飛び廻ってるうちに、頭が潮風にふやけてしまって、仕事はなかなかはかどらず、さりとて東京へ帰る気もしないで、一日一日をぼんやり過してるうちに、もういつしか初秋になっていた。
性格を求む 豊島与志雄
10分以内
  3,888 文字
クロポトキンは、チェーホフについて次のようなことを云っている。
性格を求む 豊島与志雄
クロポトキンは、チェーホフについて次のようなことを云っている。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。