10分以内で読める豊島与志雄の短編作品

青空文庫で公開されている豊島与志雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品64篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全64件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
レ・ミゼラブル豊島与志雄
10分以内
  3,322文字
  一七八九年七月バスティーユ牢獄の破壊にその端緒を開いたフラン…
レ・ミゼラブル豊島与志雄
10分以内
鬼カゲさま豊島与志雄
10分以内
  3,468文字
むかし、関東地方を治めてゐた殿様がありまして、江戸(えど)に…
鬼カゲさま豊島与志雄
10分以内
作品の倫理的批評豊島与志雄
10分以内
  2,229文字
私は今茲に作品の倫理的批評に就いて一二のことを云ってみたい。
作品の倫理的批評豊島与志雄
10分以内
真夜中から黎明まで豊島与志雄
10分以内
  2,004文字
時の区劃から云えば、正子が一日と次の日との境界であるけれども…
真夜中から黎明まで豊島与志雄
10分以内
梅花の気品豊島与志雄
10分以内
  2,416文字
梅花の感じは、気品の感じである。
梅花の気品豊島与志雄
10分以内
春の幻豊島与志雄
10分以内
  2,934文字
春を想うと、ただもやもやっとした世界の幻が浮んでくる。
春の幻豊島与志雄
10分以内
蝦蟇豊島与志雄
10分以内
  2,186文字
五月頃から私の家の縁先に、大きい一匹の蝦蟇が出た。
蝦蟇豊島与志雄
10分以内
真夏の幻影豊島与志雄
10分以内
  2,574文字
広々とした平野である。
真夏の幻影豊島与志雄
10分以内
秋の気魄豊島与志雄
10分以内
  2,425文字
秋と云えば、人は直ちに紅葉を連想する。
秋の気魄豊島与志雄
10分以内
湯元の秋豊島与志雄
10分以内
  2,553文字
私は或る秋の初め、日光の奥の湯元温泉に約二週間ばかり滞在して…
湯元の秋豊島与志雄
10分以内
金魚豊島与志雄
10分以内
  3,821文字
「金魚を見ると、僕はある春の一日のことを思い出して、いつも変…
金魚豊島与志雄
10分以内
轢死人豊島与志雄
10分以内
  3,938文字
S君が私に次のような話をしてきかした。
轢死人豊島与志雄
10分以内
故郷豊島与志雄
10分以内
  2,032文字
北海道胆振国に、洞爺湖という湖水がある。
故郷豊島与志雄
10分以内
都会に於ける中流婦人の生活豊島与志雄
10分以内
  3,807文字
都会に於ける中流婦人の生活ほど惨めなものはない。
都会に於ける中流婦人の生活豊島与志雄
10分以内
月評をして豊島与志雄
10分以内
  3,425文字
月評をして、あらゆる情実より脱せしめよ。
月評をして豊島与志雄
10分以内
戯曲を書く私の心持豊島与志雄
10分以内
  3,548文字
四五年前から、戯曲を書いて見たまえって、周囲の友人に度び度び…
戯曲を書く私の心持豊島与志雄
10分以内
帰京記豊島与志雄
10分以内
  2,034文字
大正十二年の夏、私は深瀬春一君と北海道を旅し、九月一日には函…
帰京記豊島与志雄
10分以内
「自然」豊島与志雄
10分以内
  2,463文字
私の家の東側は、低い崖地になっている。
「自然」豊島与志雄
10分以内
樹を愛する心豊島与志雄
10分以内
  2,848文字
庭の中に、桃の木があった。
樹を愛する心豊島与志雄
10分以内
条件反射豊島与志雄
10分以内
  2,777文字
煙草の好きな某大学教授が、軽い肺尖カタルにかかった。
条件反射豊島与志雄
10分以内
愉快な話豊島与志雄
10分以内
  2,970文字
愉快な話というものは、なかなかないものだ。
愉快な話豊島与志雄
10分以内
舞踏病豊島与志雄
10分以内
  3,508文字
君は舞踏病という病気を知っていますか。
舞踏病豊島与志雄
10分以内
豊島与志雄
10分以内
  2,749文字
猫は唯物主義だと云われている。
豊島与志雄
10分以内
蜘蛛豊島与志雄
10分以内
  3,673文字
蜘蛛は面白い動物である。
蜘蛛豊島与志雄
10分以内
豊島与志雄
10分以内
  2,220文字
五月末の或る晴れやかな日の午後四時頃、私は旧友N君と一緒に、…
豊島与志雄
10分以内
初秋海浜記豊島与志雄
10分以内
  3,687文字
仕事をするつもりで九十九里の海岸に来て、沼や川や磯を毎日飛び…
初秋海浜記豊島与志雄
10分以内
表現論随筆豊島与志雄
10分以内
  2,292文字
私達六七人の男女が、或る夏、泳げるのも泳げないのもいっしょに…
表現論随筆豊島与志雄
10分以内
川端柳豊島与志雄
10分以内
  2,647文字
或る刑務所長の話に依れば、刑期満ちて娑婆に出た竊盗囚が再び罪…
川端柳豊島与志雄
10分以内
球体派豊島与志雄
10分以内
  2,274文字
私は友人の画家と一緒に夜の街路を歩いていた。
球体派豊島与志雄
10分以内
情意の干満豊島与志雄
10分以内
  2,637文字
海の潮にも似たる干満を、私は自分の情意に感ずる。
情意の干満豊島与志雄
10分以内
書かれざる作品豊島与志雄
10分以内
  2,032文字
横須賀の海岸に陸から橋伝いに繋ぎとめられ、僅かに記念物として…
書かれざる作品豊島与志雄
10分以内
傍人の言豊島与志雄
10分以内
  3,764文字
「文士ってものは、こう変に、角突きあってる……緊張しあってる…
傍人の言豊島与志雄
10分以内
意欲の窒息豊島与志雄
10分以内
  3,769文字
文化が新らしい方向を辿らんとする時、その派生的現象として、社…
意欲の窒息豊島与志雄
10分以内
性格を求む豊島与志雄
10分以内
  3,637文字
クロポトキンは、チェーホフについて次のようなことを云っている…
性格を求む豊島与志雄
10分以内
自由主義私見豊島与志雄
10分以内
  3,035文字
自由主義は、行動方針の問題ではなくて、生活態度の問題である。
自由主義私見豊島与志雄
10分以内
故郷豊島与志雄
10分以内
  3,791文字
「もう遅すぎる、クレオンよ、わしの魂はもうテエベを去った。
故郷豊島与志雄
10分以内
明日豊島与志雄
10分以内
  3,821文字
或る男が、次のようなことを私に打明けた。
明日豊島与志雄
10分以内
待つ者豊島与志雄
10分以内
  3,175文字
少しく距離をへだてた人家の、硝子戸のある窓や縁先から、灯火の…
待つ者豊島与志雄
10分以内
形態について豊島与志雄
10分以内
  2,727文字
或る一つの文学作品中の主要人物について例えば五人の画家にその…
形態について豊島与志雄
10分以内
守宮豊島与志雄
10分以内
  2,210文字
私の二階の書斎は、二方硝子戸になっているが、その硝子戸の或る…
守宮豊島与志雄
10分以内
録音集豊島与志雄
10分以内
  3,299文字
八月の中旬、立秋後、朝夕の微風にかすかな凉味が乗り初める頃、…
録音集豊島与志雄
10分以内
女人禁制豊島与志雄
10分以内
  2,744文字
女人といっても、老幼美醜、さまざまであるが、とにかく、女性と…
女人禁制豊島与志雄
10分以内
少年文学私見豊島与志雄
10分以内
  3,915文字
現今の少年は、非常に明るい眼をもっている、空想は空想として働…
少年文学私見豊島与志雄
10分以内
砂漠の情熱豊島与志雄
10分以内
  3,158文字
バルザックは「砂漠の情熱」という短篇のなかで、砂漠をさ迷う一…
砂漠の情熱豊島与志雄
10分以内
新時代の「童話」豊島与志雄
10分以内
  2,943文字
それを二十世紀的と云おうと、現代と云おうと、或は新時代と云お…
新時代の「童話」豊島与志雄
10分以内
文学への実感について豊島与志雄
10分以内
  2,855文字
事変下の文学について、改めて文学の実体ということが問題になっ…
文学への実感について豊島与志雄
10分以内
神話と青春との復活豊島与志雄
10分以内
  3,566文字
内に漲る力、中から盛りあがってくる精神が、新たな建設には必須…
神話と青春との復活豊島与志雄
10分以内
竜宮豊島与志雄
10分以内
  3,614文字
今時、竜宮の話などするのはちとおかしいが、また逆に、こういう…
竜宮豊島与志雄
10分以内
今日の条件豊島与志雄
10分以内
  3,732文字
ごく大雑把にそして極めて素朴に、人間の生活の理想的な在り方を…
今日の条件豊島与志雄
10分以内
或る夜の武田麟太郎豊島与志雄
10分以内
  3,540文字
その昔、といっても日華事変前頃まで、所謂土手の小林は、吾々市…
或る夜の武田麟太郎豊島与志雄
10分以内