10分以内で読める豊島与志雄の短編作品

青空文庫で公開されている豊島与志雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編55作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全55件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
レ・ミゼラブル 豊島 与志雄
10分以内
  3,349 文字
一七八九年七月バスティーユ牢獄の破壊にその端緒を開いた...
レ・ミゼラブル 豊島 与志雄
10分以内
鬼カゲさま 豊島 与志雄
10分以内
  3,758 文字
むかし、関東地方を治めてゐた殿様がありまして、江戸に住...
鬼カゲさま 豊島 与志雄
10分以内
逢魔の刻 豊島 与志雄
10分以内
  2,080 文字
昔は、逢魔の刻というのがいろいろあった。
逢魔の刻 豊島 与志雄
10分以内
地水火風空 豊島 与志雄
10分以内
  2,111 文字
月清らかな初夏の夜、私はA老人と連れだって、弥生町の方...
地水火風空 豊島 与志雄
10分以内
真夜中から黎明まで 豊島 与志雄
10分以内
  2,126 文字
時の区劃から云えば、正子が一日と次の日との境界であるけ...
真夜中から黎明まで 豊島 与志雄
10分以内
書かれざる作品 豊島 与志雄
10分以内
  2,129 文字
横須賀の海岸に陸から橋伝いに繋ぎとめられ、僅かに記念物...
書かれざる作品 豊島 与志雄
10分以内
帰京記 豊島 与志雄
10分以内
  2,184 文字
大正十二年の夏、私は深瀬春一君と北海道を旅し、九月一日...
帰京記 豊島 与志雄
10分以内
故郷 豊島 与志雄
10分以内
  2,236 文字
北海道胆振国に、洞爺湖という湖水がある。
故郷 豊島 与志雄
10分以内
守宮 豊島 与志雄
10分以内
  2,342 文字
私の二階の書斎は、二方硝子戸になっているが、その硝子戸...
守宮 豊島 与志雄
10分以内
作品の倫理的批評 豊島 与志雄
10分以内
  2,368 文字
私は今茲に作品の倫理的批評に就いて一二のことを云ってみたい。
作品の倫理的批評 豊島 与志雄
10分以内
豊島 与志雄
10分以内
  2,377 文字
五月末の或る晴れやかな日の午後四時頃、私は旧友N君と一...
豊島 与志雄
10分以内
ばかな汽車 豊島 与志雄
10分以内
  2,391 文字
――長いあいだ汽車の機関手をしていた人が、次のような話...
ばかな汽車 豊島 与志雄
10分以内
球体派 豊島 与志雄
10分以内
  2,437 文字
私は友人の画家と一緒に夜の街路を歩いていた。
球体派 豊島 与志雄
10分以内
蝦蟇 豊島 与志雄
10分以内
  2,446 文字
五月頃から私の家の縁先に、大きい一匹の蝦蟇が出た。
蝦蟇 豊島 与志雄
10分以内
表現論随筆 豊島 与志雄
10分以内
  2,485 文字
私達六七人の男女が、或る夏、泳げるのも泳げないのもいっ...
表現論随筆 豊島 与志雄
10分以内
梅花の気品 豊島 与志雄
10分以内
  2,563 文字
梅花の感じは、気品の感じである。
梅花の気品 豊島 与志雄
10分以内
秋の気魄 豊島 与志雄
10分以内
  2,567 文字
秋と云えば、人は直ちに紅葉を連想する。
秋の気魄 豊島 与志雄
10分以内
「自然」 豊島 与志雄
10分以内
  2,660 文字
私の家の東側は、低い崖地になっている。
「自然」 豊島 与志雄
10分以内
湯元の秋 豊島 与志雄
10分以内
  2,748 文字
私は或る秋の初め、日光の奥の湯元温泉に約二週間ばかり滞...
湯元の秋 豊島 与志雄
10分以内
真夏の幻影 豊島 与志雄
10分以内
  2,749 文字
広々とした平野である。
真夏の幻影 豊島 与志雄
10分以内
情意の干満 豊島 与志雄
10分以内
  2,859 文字
海の潮にも似たる干満を、私は自分の情意に感ずる。
情意の干満 豊島 与志雄
10分以内
形態について 豊島 与志雄
10分以内
  2,871 文字
或る一つの文学作品中の主要人物について例えば五人の画家...
形態について 豊島 与志雄
10分以内
川端柳 豊島 与志雄
10分以内
  2,941 文字
或る刑務所長の話に依れば、刑期満ちて娑婆に出た竊盗囚が...
川端柳 豊島 与志雄
10分以内
豊島 与志雄
10分以内
  2,967 文字
猫は唯物主義だと云われている。
豊島 与志雄
10分以内
条件反射 豊島 与志雄
10分以内
  2,970 文字
煙草煙草の好きな某大学教授が、軽い肺尖カタルにかかった。
条件反射 豊島 与志雄
10分以内
女人禁制 豊島 与志雄
10分以内
  2,975 文字
女人といっても、老幼美醜、さまざまであるが、とにかく、...
女人禁制 豊島 与志雄
10分以内
文学への実感について 豊島 与志雄
10分以内
  2,984 文字
事変下の文学について、改めて文学の実体ということが問題...
文学への実感について 豊島 与志雄
10分以内
春の幻 豊島 与志雄
10分以内
  3,105 文字
春を想うと、ただもやもやっとした世界の幻が浮んでくる。
春の幻 豊島 与志雄
10分以内
樹を愛する心 豊島 与志雄
10分以内
  3,125 文字
庭の中に、桃の木があった。
樹を愛する心 豊島 与志雄
10分以内
新時代の「童話」 豊島 与志雄
10分以内
  3,168 文字
それを二十世紀的と云おうと、現代と云おうと、或は新時代...
新時代の「童話」 豊島 与志雄
10分以内
愉快な話 豊島 与志雄
10分以内
  3,169 文字
愉快な話というものは、なかなかないものだ。
愉快な話 豊島 与志雄
10分以内
雷神の珠 豊島 与志雄
10分以内
  3,182 文字
むかし、世の中にいろんな神が――風の神や水の神や山の神...
雷神の珠 豊島 与志雄
10分以内
自由主義私見 豊島 与志雄
10分以内
  3,204 文字
自由主義は、行動方針の問題ではなくて、生活態度の問題である。
自由主義私見 豊島 与志雄
10分以内
砂漠の情熱 豊島 与志雄
10分以内
  3,366 文字
バルザックは「砂漠の情熱」という短篇のなかで、砂漠をさ...
砂漠の情熱 豊島 与志雄
10分以内
待つ者 豊島 与志雄
10分以内
  3,407 文字
少しく距離をへだてた人家の、硝子戸のある窓や縁先から、...
待つ者 豊島 与志雄
10分以内
風ばか 豊島 与志雄
10分以内
  3,502 文字
――皆さんは、人間の身体は右と左とまったく同じだと、思...
風ばか 豊島 与志雄
10分以内
録音集 豊島 与志雄
10分以内
  3,524 文字
八月の中旬、立秋後、朝夕の微風にかすかな凉味が乗り初め...
録音集 豊島 与志雄
10分以内
月評をして 豊島 与志雄
10分以内
  3,642 文字
月評をして、あらゆる情実より脱せしめよ。
月評をして 豊島 与志雄
10分以内
戯曲を書く私の心持 豊島 与志雄
10分以内
  3,712 文字
四五年前から、戯曲を書いて見たまえって、周囲の友人に度...
戯曲を書く私の心持 豊島 与志雄
10分以内
泥坊 豊島 与志雄
10分以内
  3,725 文字
ある所に、五右衛門というなまけ者がいました。
泥坊 豊島 与志雄
10分以内
ジャングル頭 豊島 与志雄
10分以内
  3,743 文字
夜の東京の、新宿駅付近や、上野不忍池付近は、一種のジャ...
ジャングル頭 豊島 与志雄
10分以内
狸石 豊島 与志雄
10分以内
  3,802 文字
戦災の焼跡の一隅に、大きな石が立っていた。
狸石 豊島 与志雄
10分以内
舞踏病 豊島 与志雄
10分以内
  3,805 文字
君は舞踏病という病気を知っていますか。
舞踏病 豊島 与志雄
10分以内
魔法探し 豊島 与志雄
10分以内
  3,813 文字
むかし、ペルシャに大変えらい学者がいました。
魔法探し 豊島 与志雄
10分以内
私の信条 豊島 与志雄
10分以内
  3,822 文字
私の仕事と世の中とのつながり。
私の信条 豊島 与志雄
10分以内
神話と青春との復活 豊島 与志雄
10分以内
  3,828 文字
内に漲る力、中から盛りあがってくる精神が、新たな建設に...
神話と青春との復活 豊島 与志雄
10分以内
或る夜の武田麟太郎 豊島 与志雄
10分以内
  3,829 文字
その昔、といっても日華事変前頃まで、所謂土手の小林は、...
或る夜の武田麟太郎 豊島 与志雄
10分以内
ピンカンウーリの阿媽 豊島 与志雄
10分以内
  3,872 文字
忙中の小閑、うっとりと物思いに沈む気分になった時、いた...
ピンカンウーリの阿媽 豊島 与志雄
10分以内
初秋海浜記 豊島 与志雄
10分以内
  3,898 文字
仕事をするつもりで九十九里の海岸に来て、沼や川や磯を毎...
初秋海浜記 豊島 与志雄
10分以内
性格を求む 豊島 与志雄
10分以内
  3,910 文字
クロポトキンは、チェーホフについて次のようなことを云っ...
性格を求む 豊島 与志雄
10分以内