🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める末弘厳太郎の中編作品

青空文庫で公開されている末弘厳太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編4作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜4件 / 全4件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
法学とは何か
(1951年)
末弘厳太郎
60分以内
  17,324 文字
はしがき四月は、毎年多数の青年が新たに法学に志してその門に入ってくる月である。
法学とは何か 末弘厳太郎
はしがき四月は、毎年多数の青年が新たに法学に志してその門に入ってくる月である。
嘘の効用
(1922年)
末弘厳太郎
60分以内
  23,591 文字
法律以外の世界において一般に不合理なりとみなされている事柄がひとたび法律世界の価値判断にあうや...
嘘の効用 末弘厳太郎
法律以外の世界において一般に不合理なりとみなされている事柄がひとたび法律世界の価値判断にあうや否やたちまちに合理化されるという事実はわれわれ法律学者のしばしば認識するところである。
小知恵にとらわれた現代の法律学
(1923年)
末弘厳太郎
60分以内
  15,723 文字
概念的に美しく組み立てられた法律学がだんだんと世間離れしてゆくことは悲しむべき事実である。
小知恵にとらわれた現代の法律学 末弘厳太郎
概念的に美しく組み立てられた法律学がだんだんと世間離れしてゆくことは悲しむべき事実である。
役人の頭 末弘厳太郎
60分以内
  22,271 文字
「法治主義」の研究は、現代の国家および法律を研究せんとする者にとって、きわめて大切である。
役人の頭 末弘厳太郎
「法治主義」の研究は、現代の国家および法律を研究せんとする者にとって、きわめて大切である。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。