十二支考
南方熊楠

『十二支考』は青空文庫で公開されている南方熊楠の長編作品。72,365文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  72,365文字
人気   1,202PV
書き出し晋の宗懍(そうりん)の『荊楚歳時記(けいそさいじき)』註に魏の董(とうくん)の『問礼俗』に曰く、正月一日を鶏と為(な)し、二日を狗(いぬ)と為し、三日を羊、四日を猪(い)、五日を牛、六日を馬、七日を人と為す。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

南方熊楠の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品