蓮の花開く音を聴く事
南方熊楠

『蓮の花開く音を聴く事』は青空文庫で公開されている南方熊楠の短編作品。11,418文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  11,418文字
人気   568PV
書き出し昭和九年六月の本誌(ドルメン)三〇頁に「又四五十年前三好太郎氏話に、夏の早朝、大阪の城※[#「土へん+皇」、U+582D、1-4]え、屡ば相場師が來て、水に臨んで喫烟し乍ら蓮の花の開くをまち、其音を聽て立去たと、其を聽て何にするかを聞なんだ、子細のある事か、識者の高教をまつ」と書置たが、一向高教は出
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

南方熊楠の人気作品



短編(30分以内)の人気作品