10分以内で読める南方熊楠の短編作品

青空文庫で公開されている南方熊楠の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品6篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全6件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
失うた帳面を記憶力で書き復した人南方熊楠
10分以内
  3,077文字
 五年九号四二頁に宮本君が書いた、周防大島願行寺にむかし住んだ…
失うた帳面を記憶力で書き復した人南方熊楠
10分以内
女順禮南方熊楠
10分以内
  2,259文字
 元祿三年版枝珊瑚珠は江戸咄の元祖鹿野武左衞門を初め浮世繪師石…
女順禮南方熊楠
10分以内
易の占いして金取り出したること南方熊楠
10分以内
  2,777文字
 「易の占いして金(こがね)取り出だしたること」と題して『宇治…
易の占いして金取り出したること南方熊楠
10分以内
秘魯国に漂著せる日本人南方熊楠
10分以内
  2,452文字
英譯 Ratzel,‘The History of Mank…
秘魯国に漂著せる日本人南方熊楠
10分以内
再び毘沙門に就て南方熊楠
10分以内
  2,430文字
丙寅三號五葉裏に黒井君は『南方熊楠氏は毘沙門の名號に就てと題…
再び毘沙門に就て南方熊楠
10分以内
きのふけふの草花南方熊楠
10分以内
  3,262文字
今年は気候不順でさきおくれた花が多く、又、秋開く花が初夏から…
きのふけふの草花南方熊楠
10分以内