【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

黄金虫
エドガー・アラン・ポー

『黄金虫』は青空文庫で公開されているエドガー・アラン・ポーの長編作品。41,576文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  41,576 文字
人気   30,629 PV
書き出し [#ページの左右中央]おや、おや!こいつ気が狂ったみたいに踊っている。
初出
表記 新字新仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む     Amazonで探す  

ポー エドガー・アラン の人気作品

黒猫
エドガー・アラン・ポー
私がこれから書こうとしているきわめて奇怪な、またきわめて素朴な物語については、自分はそれを信じてもらえるとも思わないし、そう願いもしない。
30分以内
モルグ街の殺人事件
エドガー・アラン・ポー
[#ページの左右中央]サイレーンがどんな歌を歌ったか、またアキリースが女たちの間に身を隠したときどんな名を名のったかは、難問ではあるが、みなみな推量しかねることではない。
1時間〜
アッシャー家の崩壊
エドガー・アラン・ポー
[#ページの左右中央]Son coeur est un luth suspendu;Sit※t qu'on le touche il r※sonne.「彼が心は懸かれる琵琶(びわ)にして、触るればたちまち鳴りひびく」ド・ベランジュ(1)[#改ページ]雲が重苦しく空に低くかかった、もの憂い、暗い、寂寞とした秋の日を一日じゅう、私はただ一人馬にまたがって、妙にもの淋(さび)しい地方を通りすぎて行った。
60分以内
盗まれた手紙
エドガー・アラン・ポー
[#ページの左右中央]Nil sapienti※ odiosius acumine nimio.(叡智にとりてあまりに鋭敏すぎるほど忌むべきはなし)セネカ(1)[#改ページ]パリで、一八――年の秋のある風の吹きすさぶ晩、暗くなって間もなく、私は友人C・オーギュスト・デュパンと一緒に、郭外サン・ジェルマンのデュノー街三十三番地四階にある彼の小さな裏向きの図書室、つまり書斎で、黙想と海泡石のパイプとの二重の...
60分以内


長編(1時間〜)の人気作品