盗まれた手紙
ポー エドガー・アラン

『盗まれた手紙』はポーエドガー・アランの中編作品。21,669文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  21,669 文字
人気   16,306 PV
書き出し [#ページの左右中央]Nil sapienti※ odiosius acumine nimio.(叡智にとりてあまりに鋭敏すぎるほど忌むべきはなし)セネカ(1)[#改ページ]パリで、一八――年の秋のある風の吹きすさぶ晩、暗くなって間もなく、私は友人C・オーギュスト・デュパンと一緒に、郭外サン・ジェルマンのデュノー街三十三番地四階にある彼の小さな裏向きの図書室、つまり書斎で、黙想と海泡石のパイプと...
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

ポー エドガー・アラン の人気作品



中編(60分以内)の人気作品