アッシャー家の崩壊
ポー エドガー・アラン

『アッシャー家の崩壊』はポーエドガー・アランの中編作品。21,095文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  21,095 文字
人気   28,121 PV
書き出し [#ページの左右中央]Son coeur est un luth suspendu;Sit※t qu'on le touche il r※sonne.「彼が心は懸かれる琵琶にして、触るればたちまち鳴りひびく」ド・ベランジュ(1)[#改ページ]雲が重苦しく空に低くかかった、もの憂い、暗い、寂寞とした秋の日を一日じゅう、私はただ一人馬にまたがって、妙にもの淋しい地方を通りすぎて行った。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む