🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める野上豊一郎の短編作品

青空文庫で公開されている野上豊一郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編12作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜12件 / 全12件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
パルテノン 野上豊一郎
30分以内
  8,845 文字
παραμ※νειγ※ρο※[#無気記号付きυ、U+1F50、120-3-3]δε※[#重アク...
パルテノン 野上豊一郎
παραμ※νειγ※ρο※[#無気記号付きυ、U+1F50、120-3-3]δε※[#重アクセント付きι、U+1F76、120-3-3]※[#無気記号と鋭アクセント付きε、U+1F14、120-3-3]γ――― Menandrosとうとう!――アクロポリスの西の坂道を車で駈け登りながら思った。
キフホイザー 野上豊一郎
30分以内
  4,809 文字
ブロッケンに登つて、麓のシールケに泊つた次の朝、おびただしい鈴の音で目をさまされた。
キフホイザー 野上豊一郎
ブロッケンに登つて、麓のシールケに泊つた次の朝、おびただしい鈴の音で目をさまされた。
聖ロヨラ 野上豊一郎
30分以内
  5,633 文字
イタリアでアシジの聖フランチェスコの遺跡を見たので、エスパーニャでは聖ロヨラの遺跡を見たいもの...
聖ロヨラ 野上豊一郎
イタリアでアシジの聖フランチェスコの遺跡を見たので、エスパーニャでは聖ロヨラの遺跡を見たいものだと思つてゐた。
ヴェルダン 野上豊一郎
30分以内
  7,878 文字
世界情勢の高速度的推移の中には、今ごろヴェルダンの戦場を見物したりすることを何だか Up-to...
ヴェルダン 野上豊一郎
世界情勢の高速度的推移の中には、今ごろヴェルダンの戦場を見物したりすることを何だか Up-to-date でなく思わせるようなものがある。
演出 野上豊一郎
30分以内
  8,402 文字
能の芸術価値は、ひとへにそれが舞台芸術としての存在の上に係つてゐるものであるから、演出が殆んど...
演出 野上豊一郎
能の芸術価値は、ひとへにそれが舞台芸術としての存在の上に係つてゐるものであるから、演出が殆んど能の全価値であるといつてもよい。
闘牛 野上豊一郎
30分以内
  8,645 文字
エスパーニャに来て闘牛を見ないで帰るのは心残りのような気がしていた。
闘牛 野上豊一郎
エスパーニャに来て闘牛を見ないで帰るのは心残りのような気がしていた。
エトナ 野上豊一郎
30分以内
  8,772 文字
イタリアとシチリアの海岸は、どこへ行っても、南国らしい澄み透った空と紺碧の海があって、強烈な陽...
エトナ 野上豊一郎
イタリアとシチリアの海岸は、どこへ行っても、南国らしい澄み透った空と紺碧の海があって、強烈な陽光が燦々と降り濺(そそ)ぎ、その下に骨ばった火山系の山彙が変化の多い形貌で展開し、古い石造の家屋が密集したり、散在したりして、橄欖・扁桃・柘榴・ぬるで・いちじく等の果樹、或いは赤松・糸杉などの樹林が点綴し、葡萄が茂り草花が咲き出て、自然の装飾の濫費を感ぜしめられるが、その中でも最も強い印象を与えられて、いつも一番に思い出すのは、エトナを中心とするカターニアからタオルミーナへ...
パラティーノ 野上豊一郎
30分以内
  9,736 文字
まだローマになじまないうちは、あまりに多く見るべき物があるので、どこへ行っても、何を見ても、い...
パラティーノ 野上豊一郎
まだローマになじまないうちは、あまりに多く見るべき物があるので、どこへ行っても、何を見ても、いつもあたまが混迷して、年代史的に地理的に整理しながらそれ等を見ようとするのにかなり骨が折れた。
パリの地下牢 野上豊一郎
30分以内
  9,772 文字
Alas, then, is man's civilisation on'y a wrappa...
パリの地下牢 野上豊一郎
Alas, then, is man's civilisation on'y a wrappage, through which the savage nature of him can still burst, infernal as ever? Nature still makes him: and has an Infernal in her as well as a Celestial.―― Carlyleイル・ド・ラ・シテ(町...
湖水めぐり
(1938年)
野上豊一郎
30分以内
  10,298 文字
大正八年八月四日。
湖水めぐり 野上豊一郎
大正八年八月四日。
処女の木とアブ・サルガ 野上豊一郎
30分以内
  10,623 文字
カイロに着いた翌日、町の北東五マイルほどの郊外にある昔のヘリオポリス(日の町)の遺跡にウセルト...
処女の木とアブ・サルガ 野上豊一郎
カイロに着いた翌日、町の北東五マイルほどの郊外にある昔のヘリオポリス(日の町)の遺跡にウセルトセン一世の建てたエジプト現存第一の大オベリスクを見に行った。
吹雪のユンクフラウ 野上豊一郎
30分以内
  11,125 文字
アルプス連峰の容姿の目ざめるような美しさにいきなり打たれたのは、ベルンに着いてベルヴュー・パラ...
吹雪のユンクフラウ 野上豊一郎
アルプス連峰の容姿の目ざめるような美しさにいきなり打たれたのは、ベルンに着いてベルヴュー・パラース(ホテル)の二階の部屋に通された瞬間だった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。