60分以内で読める青空文庫の中編作品

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品2,488篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全2,488件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
悟浄出世中島敦
60分以内
  23,116文字
  寒蝉敗柳(かんせんはいりゅう)に鳴き大火西に向かいて流るる秋…
悟浄出世中島敦
60分以内
日本人の自然観寺田寅彦
60分以内
  23,335文字
  「日本人の自然観」という私に与えられた課題の意味は一見はなは…
日本人の自然観寺田寅彦
60分以内
株式仲買店々員ドイルアーサー・コナン
60分以内
  20,517文字
  結婚してからほどなく、私はパッディングトン区にお得意づきの医…
株式仲買店々員ドイルアーサー・コナン
60分以内
ダス・ゲマイネ太宰治
60分以内
  22,503文字
  当時、私には一日一日が晩年であった。
ダス・ゲマイネ太宰治
60分以内
原爆詩集峠三吉
60分以内
  23,405文字
  ――一九四五年八月六日、広島に、九日、長崎に投下された原子爆…
原爆詩集峠三吉
60分以内
智恵子の半生高村光太郎
60分以内
  13,232文字
  妻智恵子が南品川ゼームス坂病院の十五号室で精神分裂症患者とし…
智恵子の半生高村光太郎
60分以内
抒情小曲集室生犀星
60分以内
  15,873文字
  抒情詩の精神には音楽が有つ微妙な恍惚と情熱とがこもつてゐて人…
抒情小曲集室生犀星
60分以内
黄色な顔ドイルアーサー・コナン
60分以内
  22,273文字
  私は私の仲間の話をしようとすると、我知らず失敗談よりも成功談…
黄色な顔ドイルアーサー・コナン
60分以内
在りし日の歌中原中也
60分以内
  22,885文字
  [#ページの左右中央]在りし日の歌[#改ページ]含羞――在り…
在りし日の歌中原中也
60分以内
死後の恋夢野久作
60分以内
  19,737文字
  ハハハハハ。
死後の恋夢野久作
60分以内
入院患者ドイルアーサー・コナン
60分以内
  23,350文字
  私の友シャーロック・ホームズ独特な人格をよく出しているお話を…
入院患者ドイルアーサー・コナン
60分以内
アラビヤンナイト菊池寛
60分以内
  18,390文字
  昔、しなの都に、ムスタフという貧乏(びんぼう)な仕立屋が住ん…
アラビヤンナイト菊池寛
60分以内
不良少年とキリスト坂口安吾
60分以内
  14,267文字
  もう十日、歯がいたい。
不良少年とキリスト坂口安吾
60分以内
武蔵野国木田独歩
60分以内
  16,624文字
  「武蔵野の俤は今わずかに入間郡に残れり」と自分は文政年間にで…
武蔵野国木田独歩
60分以内
赤い部屋江戸川乱歩
60分以内
  19,090文字
  異常な興奮を求めて集った、七人のしかつめらしい男が(私もその…
赤い部屋江戸川乱歩
60分以内
源氏物語紫式部
60分以内
  20,893文字
  源氏の君の夕顔を失った悲しみは、月がたち年が変わっても忘れる…
源氏物語紫式部
60分以内
早すぎる埋葬ポーエドガー・アラン
60分以内
  16,270文字
  興味の点はまったく人を夢中にさせるものであるが、普通の小説に…
早すぎる埋葬ポーエドガー・アラン
60分以内
醜い家鴨の子アンデルセンハンス・クリスチャン
60分以内
  18,580文字
  それは田舎(いなか)の夏(なつ)のいいお天気(てんき)の日(…
醜い家鴨の子アンデルセンハンス・クリスチャン
60分以内
源氏物語紫式部
60分以内
  17,835文字
  朱雀(すざく)院の行幸は十月の十幾日ということになっていた。
源氏物語紫式部
60分以内
赤いカブトムシ江戸川乱歩
60分以内
  23,766文字
  あるにちよう日のごご、丹下(たんげ)サト子ちゃんと、木村(き…
赤いカブトムシ江戸川乱歩
60分以内
測量船三好達治
60分以内
  18,924文字
  太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
測量船三好達治
60分以内
岡本かの子
60分以内
  14,297文字
  東京の下町と山の手の境い目といったような、ひどく坂や崖(がけ…
岡本かの子
60分以内
夏の花原民喜
60分以内
  12,875文字
  私は街に出て花を買ふと、妻の墓を訪れようと思つた。
夏の花原民喜
60分以内
悪魔祈祷書夢野久作
60分以内
  13,828文字
  いらっしゃいまし。
悪魔祈祷書夢野久作
60分以内
双子の星宮沢賢治
60分以内
  12,512文字
  双子の星天の川の西の岸にすぎなの胞子ほどの小さな二つの星が見…
双子の星宮沢賢治
60分以内
ジャン・クリストフロランロマン
60分以内
  18,839文字
  『ジャン・クリストフ』の作者(さくしゃ)ロマン・ローランは、…
ジャン・クリストフロランロマン
60分以内
貝の火宮沢賢治
60分以内
  19,398文字
  今は兎(うさぎ)たちは、みんなみじかい茶色の着物(きもの)で…
貝の火宮沢賢治
60分以内
鏡地獄江戸川乱歩
60分以内
  14,766文字
  ある時、五、六人の者が、怖い話や、珍奇な話を、次々と語り合っ…
鏡地獄江戸川乱歩
60分以内
機械横光利一
60分以内
  21,674文字
  初めの間は私は私の家の主人が狂人ではないのかとときどき思った…
機械横光利一
60分以内
大谷刑部吉川英治
60分以内
  19,412文字
  七月の上旬である。
大谷刑部吉川英治
60分以内
にごりえ樋口一葉
60分以内
  20,310文字
  おい木村さん信さん寄つてお出よ、お寄りといつたら寄つても宜い…
にごりえ樋口一葉
60分以内
東京八景太宰治
60分以内
  21,467文字
  伊豆の南、温泉が湧き出ているというだけで、他には何一つとると…
東京八景太宰治
60分以内
秘密谷崎潤一郎
60分以内
  17,238文字
  その頃(ころ)私は或(あ)る気紛(きまぐ)れな考(かんがえ)…
秘密谷崎潤一郎
60分以内
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
  17,887文字
  主人の「開会の辞」が終った後、第一の男は語る。
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
シグナルとシグナレス宮沢賢治
60分以内
  13,890文字
  四時から今朝(けさ)も やって来た。
シグナルとシグナレス宮沢賢治
60分以内
源氏物語紫式部
60分以内
  20,684文字
  須磨(すま)の夜の源氏の夢にまざまざとお姿をお現わしになって…
源氏物語紫式部
60分以内
おやゆび姫アンデルセンハンス・クリスチャン
60分以内
  13,729文字
  むかし、一人の女の人がいました。
おやゆび姫アンデルセンハンス・クリスチャン
60分以内
十三夜樋口一葉
60分以内
  12,651文字
  上例は威勢よき黒ぬり車の、それ門に音が止まつた娘ではないかと…
十三夜樋口一葉
60分以内
双生児江戸川乱歩
60分以内
  12,607文字
  先生、今日こそは御話することに決心しました。
双生児江戸川乱歩
60分以内
源氏物語紫式部
60分以内
  13,967文字
  源氏が須磨(すま)、明石(あかし)に漂泊(さすら)っていたこ…
源氏物語紫式部
60分以内
足跡石川啄木
60分以内
  20,018文字
  冬の長い国のことで、物蔭にはまだ雪が残つて居り、村端(むらは…
足跡石川啄木
60分以内
相対性理論アインシュタインアルベルト
60分以内
  12,936文字
  「相対性理論」と名づけられる理論が倚りかかっている大黒柱はい…
相対性理論アインシュタインアルベルト
60分以内
秋の瞳八木重吉
60分以内
  12,043文字
  私は、友が無くては、耐へられぬのです。
秋の瞳八木重吉
60分以内
源氏物語紫式部
60分以内
  13,648文字
  東の院が美々しく落成したので、花散里(はなちるさと)といわれ…
源氏物語紫式部
60分以内
源氏物語紫式部
60分以内
  19,311文字
  と勧めるのであったが、「宿変へて待つにも見えずなりぬればつら…
源氏物語紫式部
60分以内
源氏物語紫式部
60分以内
  13,211文字
  斎院は父宮の喪のために職をお辞しになった。
源氏物語紫式部
60分以内
修禅寺物語岡本綺堂
60分以内
  14,475文字
  (伊豆の修禅寺(しゅぜんじ)に頼家(よりいえ)の面(おもて)…
修禅寺物語岡本綺堂
60分以内
天衣無縫織田作之助
60分以内
  13,011文字
  みんなは私が鼻の上に汗をためて、息を弾ませて、小鳥みたいにち…
天衣無縫織田作之助
60分以内
もみの木アンデルセンハンス・クリスチャン
60分以内
  12,113文字
  まちそとの森(もり)に、いっぽん、とてもかわいらしい、もみの…
もみの木アンデルセンハンス・クリスチャン
60分以内
夜明け前島崎藤村
60分以内
  13,944文字
  「もう半蔵も王滝(おうたき)から帰りそうなものだぞ。
夜明け前島崎藤村
60分以内