60分以内で読める青空文庫の中編作品(2ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編2,221作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


51〜100件 / 全2,221件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
さようなら 田中 英光
60分以内
  23,103 文字
「グッドバイ」「オォルボァル」「アヂュウ」「アウフビタ...
さようなら 田中 英光
60分以内
死後の恋 夢野 久作
60分以内
  19,291 文字
ハハハハハ。
死後の恋 夢野 久作
60分以内
機械 横光 利一
60分以内
  22,090 文字
初めの間は私は私の家の主人が狂人ではないのかとときどき...
機械 横光 利一
60分以内
夏の花 原 民喜
60分以内
  13,776 文字
わが愛する者よ請ふ急ぎはしれ香はしき山々の上にありて※...
夏の花 原 民喜
60分以内
手紙 夏目 漱石
60分以内
  12,608 文字
モーパサンの書いた「二十五日間」と題する小品には、ある...
手紙 夏目 漱石
60分以内
姥捨 太宰 治
60分以内
  15,283 文字
そのとき、「いいの。
姥捨 太宰 治
60分以内
安吾巷談 坂口 安吾
60分以内
  12,087 文字
伊豆の伊東にヒロポン屋というものが存在している。
安吾巷談 坂口 安吾
60分以内
現代日本の開化 夏目 漱石
60分以内
  19,147 文字
はなはだお暑いことで、こう暑くては多人数お寄合いになっ...
現代日本の開化 夏目 漱石
60分以内
修禅寺物語 岡本 綺堂
60分以内
  14,857 文字
(伊豆の修禅寺に頼家の面というあり。
修禅寺物語 岡本 綺堂
60分以内
石川 啄木
60分以内
  15,479 文字
啄木鳥いにしへ聖者が雅典の森に撞きし、光ぞ絶えせぬみ空...
石川 啄木
60分以内
教祖の文学 坂口 安吾
60分以内
  14,229 文字
去年、小林秀雄が水道橋のプラットホームから墜落して不思...
教祖の文学 坂口 安吾
60分以内
悪魔祈祷書 夢野 久作
60分以内
  13,941 文字
いらっしゃいまし。
悪魔祈祷書 夢野 久作
60分以内
戯作三昧 芥川 竜之介
60分以内
  22,757 文字
天保二年九月のある午前である。
戯作三昧 芥川 竜之介
60分以内
ひかりの素足 宮沢 賢治
60分以内
  19,099 文字
一、山小屋鳥の声があんまりやかましいので一郎は眼をさま...
ひかりの素足 宮沢 賢治
60分以内
東京八景 太宰 治
60分以内
  22,607 文字
伊豆の南、温泉が湧き出ているというだけで、他には何一つ...
東京八景 太宰 治
60分以内
一兵卒 田山 花袋
60分以内
  13,217 文字
渠は歩き出した。
一兵卒 田山 花袋
60分以内
百物語 森 鴎外
60分以内
  13,323 文字
何か事情があって、川開きが暑中を過ぎた後に延びた年の当...
百物語 森 鴎外
60分以内
足跡 石川 啄木
60分以内
  19,377 文字
冬の長い国のことで、物蔭にはまだ雪が残つて居り、村端の...
足跡 石川 啄木
60分以内
岡本 かの子
60分以内
  14,546 文字
東京の下町と山の手の境い目といったような、ひどく坂や崖...
岡本 かの子
60分以内
真田幸村 菊池 寛
60分以内
  14,767 文字
真田対徳川真田幸村の名前は、色々説あり、兄の信幸は「我...
真田幸村 菊池 寛
60分以内
皮膚と心 太宰 治
60分以内
  16,709 文字
ぷつッと、ひとつ小豆粒に似た吹出物が、左の乳房の下に見...
皮膚と心 太宰 治
60分以内
草木塔 種田 山頭火
60分以内
  19,137 文字
若うして死をいそぎたまへる母上の霊前に本書を供へまつる...
草木塔 種田 山頭火
60分以内
貝の火 宮沢 賢治
60分以内
  16,600 文字
今は兎たちは、みんなみじかい茶色の着物です。
貝の火 宮沢 賢治
60分以内
ジャン・クリストフ ロラン ロマン
60分以内
  14,595 文字
前がき『ジャン・クリストフ』の作者ロマン・ローランは、...
ジャン・クリストフ ロラン ロマン
60分以内
不良少年とキリスト 坂口 安吾
60分以内
  15,693 文字
もう十日、歯がいたい。
不良少年とキリスト 坂口 安吾
60分以内
押絵と旅する男 江戸川 乱歩
60分以内
  18,326 文字
この話が私の夢か私の一時的狂気の幻でなかったならば、あ...
押絵と旅する男 江戸川 乱歩
60分以内
学問の独立 福沢 諭吉
60分以内
  20,570 文字
『学問の独立』緒言近年、我が日本において、都鄙上下の別...
学問の独立 福沢 諭吉
60分以内
あの頃の自分の事 芥川 竜之介
60分以内
  16,474 文字
以下は小説と呼ぶ種類のものではないかも知れない。
あの頃の自分の事 芥川 竜之介
60分以内
臨時急行列車の紛失 ドイル アーサー・コナン
60分以内
  15,395 文字
はしがき死刑を宣告されて今マルセイユ監獄に繋がれている...
臨時急行列車の紛失 ドイル アーサー・コナン
60分以内
琴のそら音 夏目 漱石
60分以内
  22,767 文字
「珍らしいね、久しく来なかったじゃないか」と津田君が出...
琴のそら音 夏目 漱石
60分以内
あやかしの鼓 夢野 久作
60分以内
  23,960 文字
私は嬉しい。
あやかしの鼓 夢野 久作
60分以内
二筋の血 石川 啄木
60分以内
  12,864 文字
夢の様な幼少の時の追憶、喜びも悲みも罪のない事許り、そ...
二筋の血 石川 啄木
60分以内
夏の花 原 民喜
60分以内
  13,793 文字
わが愛する者よ請う急ぎはしれ香わしき山々の上にありて※...
夏の花 原 民喜
60分以内
中国怪奇小説集 岡本 綺堂
60分以内
  17,599 文字
主人の「開会の辞」が終った後、第一の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本 綺堂
60分以内
点頭録 夏目 漱石
60分以内
  13,636 文字
また正月が来た。
点頭録 夏目 漱石
60分以内
老妓抄 岡本 かの子
60分以内
  16,917 文字
平出園子というのが老妓の本名だが、これは歌舞伎俳優の戸...
老妓抄 岡本 かの子
60分以内
D坂の殺人事件 江戸川 乱歩
60分以内
  23,238 文字
(上)事実それは九月初旬のある蒸し暑い晩のことであった。
D坂の殺人事件 江戸川 乱歩
60分以内
人間腸詰 夢野 久作
60分以内
  23,040 文字
あっしの洋行の土産話ですか。
人間腸詰 夢野 久作
60分以内
半七捕物帳 岡本 綺堂
60分以内
  17,267 文字
わたしの叔父は江戸の末期に生れたので、その時代に最も多...
半七捕物帳 岡本 綺堂
60分以内
かのように 森 鴎外
60分以内
  23,764 文字
朝小間使の雪が火鉢に火を入れに来た時、奥さんが不安らし...
かのように 森 鴎外
60分以内
春雪 久生 十蘭
60分以内
  12,609 文字
四月七日だというのに雪が降った。
春雪 久生 十蘭
60分以内
もみの木 アンデルセン ハンス・クリスチャン
60分以内
  12,598 文字
まちそとの森に、いっぽん、とてもかわいらしい、もみの木...
もみの木 アンデルセン ハンス・クリスチャン
60分以内
シグナルとシグナレス 宮沢 賢治
60分以内
  12,459 文字
「ガタンコガタンコ、シュウフッフッ、さそりの赤眼が見え...
シグナルとシグナレス 宮沢 賢治
60分以内
道楽と職業 夏目 漱石
60分以内
  17,789 文字
ただいまは牧君の満洲問題――満洲の過去と満洲の未来とい...
道楽と職業 夏目 漱石
60分以内
畜犬談 太宰 治
60分以内
  13,003 文字
私は、犬については自信がある。
畜犬談 太宰 治
60分以内
抒情小曲集 室生 犀星
60分以内
  19,200 文字
序曲芽がつつ立つナイフのやうな芽がたつた一本すつきりと...
抒情小曲集 室生 犀星
60分以内
うたかたの記 森 鴎外
60分以内
  16,140 文字
上幾頭の獅子の挽ける車の上に、勢よく突立ちたる、女神バ...
うたかたの記 森 鴎外
60分以内
恋衣 増田 雅子
60分以内
  15,211 文字
[#ページの左右中央に]詩人薄田泣菫の君に捧げまつる[...
恋衣 増田 雅子
60分以内
教育の目的 新渡戸 稲造
60分以内
  21,303 文字
今日世界各國の人の學問の目的とする所には種々あるが、普...
教育の目的 新渡戸 稲造
60分以内
水仙 太宰 治
60分以内
  12,538 文字
「忠直卿行状記」という小説を読んだのは、僕が十三か、四...
水仙 太宰 治
60分以内