60分以内で読める青空文庫の中編作品(3ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編2,221作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


101〜150件 / 全2,221件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
世界怪談名作集 ディケンズ チャールズ
60分以内
  13,834 文字
「おぅい、下にいる人!」わたしがこう呼んだ声を聞いたと...
世界怪談名作集 ディケンズ チャールズ
60分以内
デカルト哲学について 西田 幾多郎
60分以内
  20,095 文字
カント哲学以来、デカルト哲学は棄てられた。
デカルト哲学について 西田 幾多郎
60分以内
天衣無縫 織田 作之助
60分以内
  13,545 文字
みんなは私が鼻の上に汗をためて、息を弾ませて、小鳥みた...
天衣無縫 織田 作之助
60分以内
フランドン農学校の豚 宮沢 賢治
60分以内
  12,648 文字
〔冒頭原稿一枚?なし〕以外の物質は、みなすべて、よくこ...
フランドン農学校の豚 宮沢 賢治
60分以内
蘭学事始 菊池 寛
60分以内
  17,000 文字
杉田玄白が、新大橋の中邸を出て、本石町三丁目の長崎屋源...
蘭学事始 菊池 寛
60分以内
文七元結 三遊亭 円朝
60分以内
  15,897 文字
さてお短いもので、文七元結の由来という、ちとお古い処の...
文七元結 三遊亭 円朝
60分以内
野のはくちょう アンデルセン ハンス・クリスチャン
60分以内
  21,825 文字
ここからは、はるかな国、冬がくるとつばめがとんで行く...
野のはくちょう アンデルセン ハンス・クリスチャン
60分以内
大谷刑部 吉川 英治
60分以内
  19,683 文字
馬と兵と女七月の上旬である。
大谷刑部 吉川 英治
60分以内
グロリア・スコット号 ドイル アーサー・コナン
60分以内
  23,421 文字
「僕、ここに書類を持ってるんだがね……」と、私の友人、...
グロリア・スコット号 ドイル アーサー・コナン
60分以内
株式仲買店々員 ドイル アーサー・コナン
60分以内
  21,797 文字
結婚してからほどなく、私はパッディングトン区にお得意づ...
株式仲買店々員 ドイル アーサー・コナン
60分以内
山村 暮鳥
60分以内
  12,618 文字
人生の大きな峠を、また一つ自分はうしろにした。
山村 暮鳥
60分以内
死刑の前 幸徳 秋水
60分以内
  12,061 文字
第一章死生第二章運命第三章道徳―罪悪第四章半生の回顧第...
死刑の前 幸徳 秋水
60分以内
黄色な顔 ドイル アーサー・コナン
60分以内
  22,856 文字
私は私の仲間の話をしようとすると、我知らず失敗談よりも...
黄色な顔 ドイル アーサー・コナン
60分以内
三国志 吉川 英治
60分以内
  23,542 文字
諸葛菜三国鼎立の大勢は、ときの治乱が起した大陸分権の自...
三国志 吉川 英治
60分以内
六白金星 織田 作之助
60分以内
  20,253 文字
楢雄は生れつき頭が悪く、近眼で、何をさせても鈍臭い子供...
六白金星 織田 作之助
60分以内
文づかひ 森 鴎外
60分以内
  13,666 文字
それがしの宮の催したまひし星が岡茶寮の独逸会に、洋行が...
文づかひ 森 鴎外
60分以内
柳原燁子(白蓮) 長谷川 時雨
60分以内
  14,033 文字
ものの真相はなかなか小さな虫の生活でさえ究められるもの...
柳原燁子(白蓮) 長谷川 時雨
60分以内
日本国憲法 日本国
60分以内
  12,364 文字
日本国憲法施行、昭和二二年・五・三朕は、日本国民の総...
日本国憲法 日本国
60分以内
淫売婦 葉山 嘉樹
60分以内
  14,905 文字
此作は、名古屋刑務所長、佐藤乙二氏の、好意によって産れ...
淫売婦 葉山 嘉樹
60分以内
アンゴウ 坂口 安吾
60分以内
  12,355 文字
矢島は社用で神田へでるたび、いつもするように、古本屋を...
アンゴウ 坂口 安吾
60分以内
竜潭譚 泉 鏡花
60分以内
  16,274 文字
[#ページの左右中央]躑躅か丘鎮守の社かくれあそびおう...
竜潭譚 泉 鏡花
60分以内
人柱の話 南方 熊楠
60分以内
  14,453 文字
(南方閑話にも收めたれど、一層増補したる者を爰に入る)...
人柱の話 南方 熊楠
60分以内
早すぎる埋葬 ポー エドガー・アラン
60分以内
  16,730 文字
興味の点はまったく人を夢中にさせるものであるが、普通の...
早すぎる埋葬 ポー エドガー・アラン
60分以内
女体 坂口 安吾
60分以内
  16,664 文字
岡本は谷村夫妻の絵の先生であつた。
女体 坂口 安吾
60分以内
牛肉と馬鈴薯 国木田 独歩
60分以内
  17,171 文字
明治倶楽部とて芝区桜田本郷町のお堀辺に西洋作の余り立派...
牛肉と馬鈴薯 国木田 独歩
60分以内
源氏物語 紫式部
60分以内
  20,687 文字
皮ごろも上に着たれば我妹子は聞くことのみな身に沁まぬら...
源氏物語 紫式部
60分以内
二つの手紙 芥川 竜之介
60分以内
  12,565 文字
ある機会で、予は下に掲げる二つの手紙を手に入れた。
二つの手紙 芥川 竜之介
60分以内
測量船 三好 達治
60分以内
  20,885 文字
春の岬春の岬旅のをはりの鴎どり浮きつつ遠くなりにけるか...
測量船 三好 達治
60分以内
握った手 坂口 安吾
60分以内
  12,327 文字
松夫はちかごろ考えすぎるようであった。
握った手 坂口 安吾
60分以内
如何に読書すべきか 三木 清
60分以内
  12,189 文字
先ず大切なことは読書の習慣を作るということである。
如何に読書すべきか 三木 清
60分以内
四国遍路日記 種田 山頭火
60分以内
  18,759 文字
十一月一日晴、行程七里、もみぢ屋という宿に泊る。
四国遍路日記 種田 山頭火
60分以内
風琴と魚の町 林 芙美子
60分以内
  15,412 文字
父は風琴を鳴らすことが上手であった。
風琴と魚の町 林 芙美子
60分以内
ロマネスク 太宰 治
60分以内
  20,155 文字
仙術太郎むかし津軽の国、神梛木村に鍬形惣助という庄屋がいた。
ロマネスク 太宰 治
60分以内
HUMAN LOST 太宰 治
60分以内
  13,609 文字
思いは、ひとつ、窓前花。
HUMAN LOST 太宰 治
60分以内
俊寛 芥川 竜之介
60分以内
  17,042 文字
俊寛云いけるは……神明外になし。
俊寛 芥川 竜之介
60分以内
城のある町にて 梶井 基次郎
60分以内
  20,346 文字
ある午後「高いとこの眺めは、アアッ(と咳をして)また格...
城のある町にて 梶井 基次郎
60分以内
俊寛 菊池 寛
60分以内
  18,955 文字
治承二年九月二十三日のことである。
俊寛 菊池 寛
60分以内
聖家族 堀 辰雄
60分以内
  17,680 文字
死があたかも一つの季節を開いたかのようだった。
聖家族 堀 辰雄
60分以内
カール・マルクスとその夫人 宮本 百合子
60分以内
  13,073 文字
カールの持った「三人の聖者」ドイツの南の小さい一つの湖...
カール・マルクスとその夫人 宮本 百合子
60分以内
源氏物語 紫式部
60分以内
  17,633 文字
青海の波しづかなるさまを舞ふ若き心は下に鳴れども(晶子...
源氏物語 紫式部
60分以内
芥川 竜之介
60分以内
  12,208 文字
箱を出る顔忘れめや雛二対蕪村これは或老女の話である。
芥川 竜之介
60分以内
鼠小僧次郎吉 芥川 竜之介
60分以内
  13,128 文字
或初秋の日暮であつた。
鼠小僧次郎吉 芥川 竜之介
60分以内
ある抗議書 菊池 寛
60分以内
  18,210 文字
司法大臣閣下。
ある抗議書 菊池 寛
60分以内
姉川合戦 菊池 寛
60分以内
  14,382 文字
原因元亀元年六月二十八日、織田信長が徳川家康の助力を得...
姉川合戦 菊池 寛
60分以内
吉川 英治
60分以内
  15,882 文字
飢餓山河「彦太承知だの」「む、行く」「二十日の寄合いに...
吉川 英治
60分以内
メールストロムの旋渦 ポー エドガー・アラン
60分以内
  19,593 文字
[#ページの左右中央]自然における神の道は、摂理におけ...
メールストロムの旋渦 ポー エドガー・アラン
60分以内
選挙殺人事件 坂口 安吾
60分以内
  15,290 文字
三高木工所の戸口には、「選挙中休業」のハリガミがでている。
選挙殺人事件 坂口 安吾
60分以内
妖怪談 井上 円了
60分以内
  12,760 文字
エー、今晩は、臨時のお好みに従いまして、御注文のとおり...
妖怪談 井上 円了
60分以内
吉川 英治
60分以内
  17,912 文字
「――お待ちかねでいらっしゃる。
吉川 英治
60分以内
湖畔手記 葛西 善蔵
60分以内
  23,017 文字
たうとうこゝまで逃げて來たと云ふ譯だが――それは實際悲...
湖畔手記 葛西 善蔵
60分以内