【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

60分以内で読める青空文庫の中編作品(48ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編2,389作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


2351〜2389件 / 全2,389件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
白塔の歌 豊島与志雄
60分以内
  23,332 文字
方福山といえば北京でも有数な富者でありました。
白塔の歌 豊島与志雄
60分以内
方福山といえば北京でも有数な富者でありました。
右門捕物帖 佐々木味津三
60分以内
  23,344 文字
――その第四番てがらです。
右門捕物帖 佐々木味津三
60分以内
――その第四番てがらです。
葬列
(1906年)
石川啄木
60分以内
  23,412 文字
久し振で帰つて見ると、嘗(かつ)ては『眠れる都会』などと時々土地の新聞に罵られた盛岡も、五年以...
葬列 石川啄木
60分以内
久し振で帰つて見ると、嘗(かつ)ては『眠れる都会』などと時々土地の新聞に罵られた盛岡も、五年以前とは余程その趣を変へて居る。
氷河
(1928年)
黒島伝治
60分以内
  23,439 文字
市街の南端の崖の下に、黒龍江が遥かに凍結していた。
氷河 黒島伝治
60分以内
市街の南端の崖の下に、黒龍江が遥かに凍結していた。
神棚
(1923年)
豊島与志雄
60分以内
  23,455 文字
霙交りの雨が、ぽつりぽつりと落ちてくる気配だった。
神棚 豊島与志雄
60分以内
霙交りの雨が、ぽつりぽつりと落ちてくる気配だった。
囚われ
(1915年)
豊島与志雄
60分以内
  23,474 文字
孝太郎が起き上った時恒雄夫妻はまだ眠っていた。
囚われ 豊島与志雄
60分以内
孝太郎が起き上った時恒雄夫妻はまだ眠っていた。
本所両国
(1927年)
芥川竜之介
60分以内
  23,487 文字
「大溝」僕は本所界隈のことをスケツチしろといふ社命を受け、同じ社のO君と一しよに久振りに本所へ...
本所両国 芥川竜之介
60分以内
「大溝」僕は本所界隈のことをスケツチしろといふ社命を受け、同じ社のO君と一しよに久振りに本所へ出かけて行つた。
鍵から抜け出した女 海野十三
60分以内
  23,490 文字
黄風島にて今夜こそ、かねて計画していたとおり、僕はこの恐ろしい精神病院を脱走しようと決心した。
鍵から抜け出した女 海野十三
60分以内
黄風島にて今夜こそ、かねて計画していたとおり、僕はこの恐ろしい精神病院を脱走しようと決心した。
日を愛しむ
(1961年)
外村繁
60分以内
  23,541 文字
妻、素子が退院し、二ヵ月振りでわが家へ帰ったのは、四月中旬のことである。
日を愛しむ 外村繁
60分以内
妻、素子が退院し、二ヵ月振りでわが家へ帰ったのは、四月中旬のことである。
ある職工の手記
(1919年)
宮地嘉六
60分以内
  23,550 文字
私の家はどういふわけか代々続いて継母の為に内輪がごたくさした。
ある職工の手記 宮地嘉六
60分以内
私の家はどういふわけか代々続いて継母の為に内輪がごたくさした。
歴史の学に於ける「人」の回復
(1952年)
津田左右吉
60分以内
  23,573 文字
歴史とは何か世界の文化民族の多くは、その文化が或る程度に発達して文字が用いられて来ると、今日常...
歴史の学に於ける「人」の回復 津田左右吉
60分以内
歴史とは何か世界の文化民族の多くは、その文化が或る程度に発達して文字が用いられて来ると、今日常識的に歴史的記録といわれるようなものを何らかの形において作り、そうしてそれを後世に伝えた。
元禄十三年 林不忘
60分以内
  23,582 文字
問題を入れた扇箱「いや、勤まらぬことはありますまい。
元禄十三年 林不忘
60分以内
問題を入れた扇箱「いや、勤まらぬことはありますまい。
文化とは
(1943年)
岸田国士
60分以内
  23,624 文字
「文化」といふ言葉の意味から説明していきませう。
文化とは 岸田国士
60分以内
「文化」といふ言葉の意味から説明していきませう。
難船小僧 夢野久作
60分以内
  23,630 文字
船長の横顔をジッと見ていると、だんだん人間らしい感じがなくなって来るんだ。
難船小僧 夢野久作
60分以内
船長の横顔をジッと見ていると、だんだん人間らしい感じがなくなって来るんだ。
○○獣
(1937年)
海野十三
60分以内
  23,648 文字
眠られぬ少年深夜の大東京!まん中から半分ほど欠けた月が、深夜の大空にかかっていた。
○○獣 海野十三
60分以内
眠られぬ少年深夜の大東京!まん中から半分ほど欠けた月が、深夜の大空にかかっていた。
右門捕物帖 佐々木味津三
60分以内
  23,674 文字
――ひきつづき第十一番てがらに移ります。
右門捕物帖 佐々木味津三
60分以内
――ひきつづき第十一番てがらに移ります。
女婿
(1925年)
佐々木邦
60分以内
  23,730 文字
嚔清之介君の結婚式は二ヵ月かゝったというので未だに一つ話になっている。
女婿 佐々木邦
60分以内
嚔清之介君の結婚式は二ヵ月かゝったというので未だに一つ話になっている。
ドナウ源流行 斎藤茂吉
60分以内
  23,735 文字
この息もつかず流れている大河は、どのへんから出て来ているだろうかと思ったことがある。
ドナウ源流行 斎藤茂吉
60分以内
この息もつかず流れている大河は、どのへんから出て来ているだろうかと思ったことがある。
人外魔境 小栗虫太郎
60分以内
  23,744 文字
神踞す「大聖氷」わが折竹孫七の六年ぶりの帰朝は、そろそろ、魔境、未踏地の材料も尽きかけて心細く...
人外魔境 小栗虫太郎
60分以内
神踞す「大聖氷」わが折竹孫七の六年ぶりの帰朝は、そろそろ、魔境、未踏地の材料も尽きかけて心細くなっていた私にとり、じつに天来の助け舟のようなものであった。
斗南先生
(1942年)
中島敦
60分以内
  23,748 文字
雲海蒼茫佐渡ノ洲郎ヲ思ウテ一日三秋ノ愁四十九里風波悪シ渡ラント欲スレド妾ガ身自由ナラズははあ、...
斗南先生 中島敦
60分以内
雲海蒼茫佐渡ノ洲郎ヲ思ウテ一日三秋ノ愁四十九里風波悪シ渡ラント欲スレド妾ガ身自由ナラズははあ、来いとゆたとて行かりょか佐渡へだな、と思った。
女難
(1903年)
国木田独歩
60分以内
  23,774 文字
今より四年前のことである、(とある男が話しだした)自分は何かの用事で銀座を歩いていると、ある四...
女難 国木田独歩
60分以内
今より四年前のことである、(とある男が話しだした)自分は何かの用事で銀座を歩いていると、ある四辻の隅に一人の男が尺八を吹いているのを見た。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  23,775 文字
種痘の話が出たときに、半七老人はこんなことをいった。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
種痘の話が出たときに、半七老人はこんなことをいった。
二葉亭余談
(1916年)
内田魯庵
60分以内
  23,776 文字
二葉亭との初対面私が初めて二葉亭と面会したのは明治二十二年の秋の末であった。
二葉亭余談 内田魯庵
60分以内
二葉亭との初対面私が初めて二葉亭と面会したのは明治二十二年の秋の末であった。
明治開化 安吾捕物
(1952年)
坂口安吾
60分以内
  23,778 文字
「ねえ、旦那。
明治開化 安吾捕物 坂口安吾
60分以内
「ねえ、旦那。
右門捕物帖 佐々木味津三
60分以内
  23,804 文字
――ひきつづき第十七番てがらに移ります。
右門捕物帖 佐々木味津三
60分以内
――ひきつづき第十七番てがらに移ります。
蜘蛛の夢
(1927年)
岡本綺堂
60分以内
  23,807 文字
S未亡人は語る。
蜘蛛の夢 岡本綺堂
60分以内
S未亡人は語る。
岡本綺堂
60分以内
  23,813 文字
今もむかしも川崎の大師は二十一日が縁日で、殊に正五九の三月は参詣人が多い。
岡本綺堂
60分以内
今もむかしも川崎の大師は二十一日が縁日で、殊に正五九の三月は参詣人が多い。
右門捕物帖 佐々木味津三
60分以内
  23,814 文字
今回はその第六番てがらです。
右門捕物帖 佐々木味津三
60分以内
今回はその第六番てがらです。
右門捕物帖 佐々木味津三
60分以内
  23,851 文字
その第二十九番てがらです……。
右門捕物帖 佐々木味津三
60分以内
その第二十九番てがらです……。
温室の前
(1927年)
岸田国士
60分以内
  23,874 文字
大里貢同牧子高尾より江西原敏夫東京近郊である。
温室の前 岸田国士
60分以内
大里貢同牧子高尾より江西原敏夫東京近郊である。
椎茸と雄弁
(1950年)
岸田国士
60分以内
  23,881 文字
舞台は全体を通じ黒無地の幕を背景とし、人物の動きを規定する最小限の小道具を暗示的に配置する。
椎茸と雄弁 岸田国士
60分以内
舞台は全体を通じ黒無地の幕を背景とし、人物の動きを規定する最小限の小道具を暗示的に配置する。
イオーヌィチ チェーホフアントン
60分以内
  23,886 文字
県庁のあるS市へやって来た人が、どうも退屈だとか単調だとかいってこぼすと、土地の人たちはまるで...
イオーヌィチ チェーホフアントン
60分以内
県庁のあるS市へやって来た人が、どうも退屈だとか単調だとかいってこぼすと、土地の人たちはまるで言いわけでもするような調子で、いやいやSはとてもいいところだ、Sには図書館から劇場、それからクラブまで一通りそろっているし、舞踏会もちょいちょいあるし、おまけに頭の進んだ、面白くって感じのいい家庭が幾軒もあって、それとも交際ができるというのが常だった。
鸚鵡
(1948年)
神西清
60分以内
  23,940 文字
その鸚鵡――百済わたりのその白鸚鵡を、大海人ノ皇子へ自身でとどけたものだらうか、それとも何か添...
鸚鵡 神西清
60分以内
その鸚鵡――百済わたりのその白鸚鵡を、大海人ノ皇子へ自身でとどけたものだらうか、それとも何か添へぶみでもして、使ひに持たせてやつたものかしら……などと、陽春三月のただでさへ永い日を、ふた昼ほど思ひあぐねた鏡ノ夫人は、あとになつて考へれば余計な取越し苦労をしたといふものだつた。
オモチャ箱
(1947年)
坂口安吾
60分以内
  23,948 文字
およそ芸ごとには、その芸に生きる以外に手のない人間といふものがあるものだ。
オモチャ箱 坂口安吾
60分以内
およそ芸ごとには、その芸に生きる以外に手のない人間といふものがあるものだ。
新古細句銀座通
(1927年)
岸田劉生
60分以内
  23,960 文字
おもいで私は明治二十四年に銀座の二丁目十一番地、丁度今の服部時計店のところで生れて、鉄道馬車の...
新古細句銀座通 岸田劉生
60分以内
おもいで私は明治二十四年に銀座の二丁目十一番地、丁度今の服部時計店のところで生れて、鉄道馬車の鈴の音を聞きながら、青年時代までそこで育って来た。
犬酸漿 キングスフォードアンナ
60分以内
  23,963 文字
「されど、畢竟沈黙より貴きものなし。
犬酸漿 キングスフォードアンナ
60分以内
「されど、畢竟沈黙より貴きものなし。
哲学の現代的意義
(1937年)
戸坂潤
60分以内
  23,966 文字
思想の科学文学に於ける思想性云々ということがよく云われている。
哲学の現代的意義 戸坂潤
60分以内
思想の科学文学に於ける思想性云々ということがよく云われている。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  23,980 文字
四月の日曜と祭日、二日つづきの休暇を利用して、わたしは友達と二人連れで川越の喜多院の桜を見物し...
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
四月の日曜と祭日、二日つづきの休暇を利用して、わたしは友達と二人連れで川越の喜多院の桜を見物して来た。
一九三二年の春
(1932年)
宮本百合子
60分以内
  23,993 文字
三月二十九日の朝、私は塩尻駅前の古風な宿屋で目をさました。
一九三二年の春 宮本百合子
60分以内
三月二十九日の朝、私は塩尻駅前の古風な宿屋で目をさました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。