30分以内で読める青空文庫の短編作品(2ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編4,162作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


51〜100件 / 全4,162件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
純情小曲集 萩原 朔太郎
30分以内
  11,032 文字
[#ページの左右中央]北原白秋氏に捧ぐ[#改ページ]珍...
純情小曲集 萩原 朔太郎
30分以内
文字禍 中島 敦
30分以内
  6,870 文字
文字の霊などというものが、一体、あるものか、どうか。
文字禍 中島 敦
30分以内
横光 利一
30分以内
  4,195 文字
真夏の宿場は空虚であった。
横光 利一
30分以内
舌切りすずめ 楠山 正雄
30分以内
  4,565 文字
むかし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんがあ...
舌切りすずめ 楠山 正雄
30分以内
アグニの神 芥川 竜之介
30分以内
  8,922 文字
支那の上海の或町です。
アグニの神 芥川 竜之介
30分以内
おおかみと七ひきのこどもやぎ グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
  4,089 文字
むかし、あるところに、おかあさんのやぎがいました。
おおかみと七ひきのこどもやぎ グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
寒山拾得 森 鴎外
30分以内
  6,759 文字
唐の貞観のころだというから、西洋は七世紀の初め日本は年...
寒山拾得 森 鴎外
30分以内
猫町 萩原 朔太郎
30分以内
  11,105 文字
蠅を叩きつぶしたところで、蠅の「物そのもの」は死にはしない。
猫町 萩原 朔太郎
30分以内
狼森と笊森、盗森 宮沢 賢治
30分以内
  6,326 文字
小岩井農場の北に、黒い松の森が四つあります。
狼森と笊森、盗森 宮沢 賢治
30分以内
アグニの神 芥川 竜之介
30分以内
  8,872 文字
支那の上海の或町です。
アグニの神 芥川 竜之介
30分以内
悲しき玩具 石川 啄木
30分以内
  9,184 文字
呼吸すれば、胸の中にて鳴る音あり。
悲しき玩具 石川 啄木
30分以内
魔術 芥川 竜之介
30分以内
  7,753 文字
ある時雨の降る晩のことです。
魔術 芥川 竜之介
30分以内
猟奇歌 夢野 久作
30分以内
  11,557 文字
殺すくらゐ何でもないと思ひつゝ人ごみの中を濶歩して行く...
猟奇歌 夢野 久作
30分以内
Kの昇天 梶井 基次郎
30分以内
  6,104 文字
お手紙によりますと、あなたはK君の溺死について、それが...
Kの昇天 梶井 基次郎
30分以内
山月記 中島 敦
30分以内
  6,375 文字
隴西の李徴は博學才穎、天寶の末年、若くして名を虎榜に連...
山月記 中島 敦
30分以内
快走 岡本 かの子
30分以内
  5,889 文字
中の間で道子は弟の準二の正月着物を縫い終って、今度は兄...
快走 岡本 かの子
30分以内
津浪と人間 寺田 寅彦
30分以内
  4,653 文字
昭和八年三月三日の早朝に、東北日本の太平洋岸に津浪が襲...
津浪と人間 寺田 寅彦
30分以内
或日の大石内蔵助 芥川 竜之介
30分以内
  9,421 文字
立てきった障子にはうららかな日の光がさして、嵯峨たる老...
或日の大石内蔵助 芥川 竜之介
30分以内
魚服記 太宰 治
30分以内
  5,878 文字
本州の北端の山脈は、ぼんじゅ山脈というのである。
魚服記 太宰 治
30分以内
狂人日記 魯迅
30分以内
  9,201 文字
某君兄弟数人はいずれもわたしの中学時代の友達で、久しく...
狂人日記 魯迅
30分以内
神神の微笑 芥川 竜之介
30分以内
  9,677 文字
ある春の夕、Padre Organtino はたった一...
神神の微笑 芥川 竜之介
30分以内
あいびき ツルゲーネフ イワン
30分以内
  9,639 文字
このあいびきは先年仏蘭西で死去した、露国では有名な小説...
あいびき ツルゲーネフ イワン
30分以内
或恋愛小説 芥川 竜之介
30分以内
  5,329 文字
ある婦人雑誌社の面会室。
或恋愛小説 芥川 竜之介
30分以内
美少女 太宰 治
30分以内
  6,039 文字
ことしの正月から山梨県、甲府市のまちはずれに小さい家を...
美少女 太宰 治
30分以内
青ひげ ペロー シャルル
30分以内
  6,490 文字
むかしむかし、町といなかに、大きなやしきをかまえて、金...
青ひげ ペロー シャルル
30分以内
奉教人の死 芥川 竜之介
30分以内
  10,127 文字
たとひ三百歳の齢を保ち、楽しみ身に余ると云ふとも、未来...
奉教人の死 芥川 竜之介
30分以内
煙草と悪魔 芥川 竜之介
30分以内
  6,917 文字
煙草は、本来、日本になかつた植物である。
煙草と悪魔 芥川 竜之介
30分以内
アラビヤンナイト 菊池 寛
30分以内
  10,209 文字
昔、ペルシャのある町に、二人の兄弟が住んでいました。
アラビヤンナイト 菊池 寛
30分以内
トロツコ 芥川 竜之介
30分以内
  4,793 文字
小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まつたのは、良平...
トロツコ 芥川 竜之介
30分以内
かえるの王様 グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
  5,519 文字
むかしむかし、たれのどんなのぞみでも、おもうようにかな...
かえるの王様 グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
文鳥 夏目 漱石
30分以内
  11,665 文字
十月早稲田に移る。
文鳥 夏目 漱石
30分以内
六の宮の姫君 芥川 竜之介
30分以内
  6,553 文字
六の宮の姫君の父は、古い宮腹の生れだつた。
六の宮の姫君 芥川 竜之介
30分以内
最後の一句 森 鴎外
30分以内
  10,088 文字
元文三年十一月二十三日の事である。
最後の一句 森 鴎外
30分以内
竹取物語 和田 万吉
30分以内
  7,441 文字
むかし、いつの頃でありましたか、竹取りの翁といふ人があ...
竹取物語 和田 万吉
30分以内
戦争と一人の女 坂口 安吾
30分以内
  10,252 文字
野村は戦争中一人の女と住んでゐた。
戦争と一人の女 坂口 安吾
30分以内
枯野抄 芥川 竜之介
30分以内
  8,119 文字
丈艸、去来を召し、昨夜目のあはざるまま、ふと案じ入りて...
枯野抄 芥川 竜之介
30分以内
南京の基督 芥川 竜之介
30分以内
  10,675 文字
或秋の夜半であつた。
南京の基督 芥川 竜之介
30分以内
蛙のゴム靴 宮沢 賢治
30分以内
  8,426 文字
松の木や楢の木の林の下を、深い堰が流れて居りました。
蛙のゴム靴 宮沢 賢治
30分以内
イギリス海岸 宮沢 賢治
30分以内
  11,244 文字
夏休みの十五日の農場実習の間に、私どもがイギリス海岸と...
イギリス海岸 宮沢 賢治
30分以内
ブレーメンの町楽隊 グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
  4,632 文字
主人もちのろばがありました。
ブレーメンの町楽隊 グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
悪魔の舌 村山 槐多
30分以内
  9,558 文字
五月始めの或晴れた夜であつた。
悪魔の舌 村山 槐多
30分以内
黄いろのトマト 宮沢 賢治
30分以内
  8,681 文字
博物局十六等官キュステ誌私の町の博物館の、大きなガラス...
黄いろのトマト 宮沢 賢治
30分以内
舞踏会 芥川 竜之介
30分以内
  5,539 文字
明治十九年十一月三日の夜であつた。
舞踏会 芥川 竜之介
30分以内
月夜のでんしんばしら 宮沢 賢治
30分以内
  4,899 文字
ある晩、恭一はぞうりをはいて、すたすた鉄道線路の横の平...
月夜のでんしんばしら 宮沢 賢治
30分以内
学位について 寺田 寅彦
30分以内
  9,046 文字
「学位売買事件」というあまり目出度からぬ名前の事件が新...
学位について 寺田 寅彦
30分以内
父帰る 菊池 寛
30分以内
  8,805 文字
人物黒田賢一郎二十八歳その弟新二郎二十三歳その妹おたね...
父帰る 菊池 寛
30分以内
檸檬 梶井 基次郎
30分以内
  5,274 文字
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終壓へつけてゐた。
檸檬 梶井 基次郎
30分以内
支那人の食人肉風習 桑原 隲蔵
30分以内
  4,385 文字
この論文を讀む人は、更に大正十三年七月發行の『東洋學報...
支那人の食人肉風習 桑原 隲蔵
30分以内
好色 芥川 竜之介
30分以内
  11,751 文字
平中といふ色ごのみにて、宮仕人はさらなり、人の女など忍...
好色 芥川 竜之介
30分以内
天災と国防 寺田 寅彦
30分以内
  7,749 文字
「非常時」というなんとなく不気味なしかしはっきりした意...
天災と国防 寺田 寅彦
30分以内