30分以内で読める青空文庫の短編作品(3ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編4,162作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


101〜150件 / 全4,162件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
交尾 梶井 基次郎
30分以内
  6,247 文字
その星空を見上げると、音もしないで何匹も蝙蝠が飛んでいる。
交尾 梶井 基次郎
30分以内
西郷隆盛 芥川 竜之介
30分以内
  11,624 文字
これは自分より二三年前に、大学の史学科を卒業した本間さ...
西郷隆盛 芥川 竜之介
30分以内
フロレンス・ナイチンゲールの生涯 宮本 百合子
30分以内
  10,796 文字
慈悲の女神、天使として、フロレンス・ナイチンゲールは生...
フロレンス・ナイチンゲールの生涯 宮本 百合子
30分以内
一夜 夏目 漱石
30分以内
  6,619 文字
「美くしき多くの人の、美くしき多くの夢を……」と髯ある...
一夜 夏目 漱石
30分以内
十二月八日 太宰 治
30分以内
  8,288 文字
きょうの日記は特別に、ていねいに書いて置きましょう。
十二月八日 太宰 治
30分以内
大つごもり 樋口 一葉
30分以内
  9,876 文字
(上)井戸は車にて綱の長さ十二尋、勝手は北向きにて師走...
大つごもり 樋口 一葉
30分以内
ジャックと豆の木 楠山 正雄
30分以内
  9,017 文字
むかしむかし、イギリスの大昔、アルフレッド大王の御代の...
ジャックと豆の木 楠山 正雄
30分以内
眠る森のお姫さま ペロー シャルル
30分以内
  8,923 文字
むかしむかし、王様とお妃がありました。
眠る森のお姫さま ペロー シャルル
30分以内
源氏物語 紫式部
30分以内
  11,432 文字
なほ春のましろき花と見ゆれどもともに死ぬまで悲しかりけ...
源氏物語 紫式部
30分以内
犬と笛 芥川 竜之介
30分以内
  8,400 文字
いく子さんに献ず昔、大和の国葛城山の麓に、髪長彦という...
犬と笛 芥川 竜之介
30分以内
江戸川乱歩氏に対する私の感想 夢野 久作
30分以内
  6,872 文字
江戸川乱歩氏に「久作論」を頼んだから、私はそれに対する...
江戸川乱歩氏に対する私の感想 夢野 久作
30分以内
最古日本の女性生活の根柢 折口 信夫
30分以内
  9,790 文字
万葉びと――琉球人古代の歴史は、事実の記憶から編み出さ...
最古日本の女性生活の根柢 折口 信夫
30分以内
恋愛論 坂口 安吾
30分以内
  6,058 文字
恋愛とはいかなるものか、私はよく知らない。
恋愛論 坂口 安吾
30分以内
芥川 竜之介
30分以内
  8,304 文字
ある春の午過ぎです。
芥川 竜之介
30分以内
大川の水 芥川 竜之介
30分以内
  4,273 文字
自分は、大川端に近い町に生まれた。
大川の水 芥川 竜之介
30分以内
ろくろ首 小泉 八雲
30分以内
  7,330 文字
五百年ほど前に、九州菊池の侍臣に磯貝平太左衞門武連と云...
ろくろ首 小泉 八雲
30分以内
どんぐりと山猫 宮沢 賢治
30分以内
  7,036 文字
をかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
どんぐりと山猫 宮沢 賢治
30分以内
最後の一句 森 鴎外
30分以内
  10,139 文字
元文三年十一月二十三日の事である。
最後の一句 森 鴎外
30分以内
もう軍備はいらない 坂口 安吾
30分以内
  8,726 文字
原子バクダンの被害写真が流行しているので、私も買った。
もう軍備はいらない 坂口 安吾
30分以内
ルンペルシュチルツヒェン グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
  4,284 文字
むかし、あるところに、こなやがありました。
ルンペルシュチルツヒェン グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
人体解剖を看るの記 海野 十三
30分以内
  9,342 文字
僕は最近、はからずも屍体解剖を看るの機会を持った。
人体解剖を看るの記 海野 十三
30分以内
春は馬車に乗って 横光 利一
30分以内
  11,905 文字
春は馬車に乗って横光利海浜の松が凩(こがらし)に鳴り...
春は馬車に乗って 横光 利一
30分以内
茶わんの湯 寺田 寅彦
30分以内
  4,212 文字
ここに茶わんが一つあります。
茶わんの湯 寺田 寅彦
30分以内
醜い家鴨の子 アンデルセン ハンス・クリスチャン
30分以内
  11,517 文字
それは田舎の夏のいいお天気の日の事でした。
醜い家鴨の子 アンデルセン ハンス・クリスチャン
30分以内
台川 宮沢 賢治
30分以内
  9,214 文字
〔もうでかけませう。
台川 宮沢 賢治
30分以内
創作人物の名前について 夢野 久作
30分以内
  6,660 文字
これは探偵小説に限らない。
創作人物の名前について 夢野 久作
30分以内
ある自殺者の手記 モーパッサン ギ・ド
30分以内
  6,245 文字
新聞をひろげてみて次のような三面記事が出ていない日はほ...
ある自殺者の手記 モーパッサン ギ・ド
30分以内
教育の目的 福沢 諭吉
30分以内
  6,001 文字
この一編は、頃日、諭吉が綴るところの未定稿中より、教育...
教育の目的 福沢 諭吉
30分以内
浅草公園 芥川 竜之介
30分以内
  10,234 文字
浅草の仁王門の中に吊った、火のともらない大提灯。
浅草公園 芥川 竜之介
30分以内
蜘蛛となめくじと狸 宮沢 賢治
30分以内
  8,988 文字
蜘蛛と、銀色のなめくじとそれから顔を洗ったことのない狸...
蜘蛛となめくじと狸 宮沢 賢治
30分以内
裸婦 小熊 秀雄
30分以内
  6,899 文字
或る雪の日の午後。
裸婦 小熊 秀雄
30分以内
新美 南吉
30分以内
  7,264 文字
月夜に七人の子供が歩いておりました。
新美 南吉
30分以内
貧しき信徒 八木 重吉
30分以内
  7,221 文字
母の瞳ゆうぐれ瞳をひらけばふるさとの母うえもまたとおく...
貧しき信徒 八木 重吉
30分以内
手巾 芥川 竜之介
30分以内
  8,015 文字
東京帝国法科大学教授、長谷川謹造先生は、ヴエランダの籐...
手巾 芥川 竜之介
30分以内
志賀直哉氏の作品 菊池 寛
30分以内
  5,315 文字
自分は現代の作家の中で、一番志賀氏を尊敬している。
志賀直哉氏の作品 菊池 寛
30分以内
島原の乱雑記 坂口 安吾
30分以内
  9,913 文字
三万七千人島原の乱で三万七千の農民が死んだ。
島原の乱雑記 坂口 安吾
30分以内
猫吉親方 ペロー シャルル
30分以内
  6,267 文字
むかし、あるところに、三人むすこをもった、粉ひき男があ...
猫吉親方 ペロー シャルル
30分以内
しっかり者のすずの兵隊 アンデルセン ハンス・クリスチャン
30分以内
  5,412 文字
あるとき、二十五人すずの兵隊がありました。
しっかり者のすずの兵隊 アンデルセン ハンス・クリスチャン
30分以内
ある神主の話 田中 貢太郎
30分以内
  5,747 文字
漁師の勘作はその日もすこしも漁がないので、好きな酒も飲...
ある神主の話 田中 貢太郎
30分以内
アインシュタインの教育観 寺田 寅彦
30分以内
  9,223 文字
近頃パリに居る知人から、アレキサンダー・モスコフスキー...
アインシュタインの教育観 寺田 寅彦
30分以内
元禄時代小説第一巻「本朝二十不孝」ぬきほ(言文一致訳) 井原 西鶴
30分以内
  5,272 文字
跡のはげたる※入長持聟入、※取なんかの時に小石をぶつけ...
元禄時代小説第一巻「本朝二十不孝」ぬきほ(言文一致訳) 井原 西鶴
30分以内
蜃気楼 芥川 竜之介
30分以内
  5,248 文字
或秋の午頃、僕は東京から遊びに来た大学生のK君と一しょ...
蜃気楼 芥川 竜之介
30分以内
鼠頭魚釣り 幸田 露伴
30分以内
  10,528 文字
鼠頭魚は即ちきすなり。
鼠頭魚釣り 幸田 露伴
30分以内
握り寿司の名人 北大路 魯山人
30分以内
  9,981 文字
東京における戦後の寿司屋の繁昌は大したもので、今ではひ...
握り寿司の名人 北大路 魯山人
30分以内
カーライル博物館 夏目 漱石
30分以内
  7,335 文字
公園の片隅に通りがかりの人を相手に演説をしている者がある。
カーライル博物館 夏目 漱石
30分以内
拷問の話 岡本 綺堂
30分以内
  8,533 文字
天保五、午年の四月十二日に播州無宿の吉五郎が江戸の町方...
拷問の話 岡本 綺堂
30分以内
清貧譚 太宰 治
30分以内
  9,984 文字
以下に記すのは、かの聊斎志異の中の一篇である。
清貧譚 太宰 治
30分以内
続堕落論 坂口 安吾
30分以内
  8,129 文字
敗戦後国民の道義頽廃せりというのだが、然らば戦前の「健...
続堕落論 坂口 安吾
30分以内
猿ヶ島 太宰 治
30分以内
  6,514 文字
はるばると海を越えて、この島に着いたときの私の憂愁を思...
猿ヶ島 太宰 治
30分以内
遺訓 西郷 隆盛
30分以内
  9,581 文字
廟堂に立ちて大政を爲すは天道を行ふものなれば、些とも私...
遺訓 西郷 隆盛
30分以内