10分以内で読める青空文庫の短編作品(2ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編2,467作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


51〜100件 / 全2,467件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
いちょうの実 宮沢 賢治
10分以内
  2,952 文字
そらのてっぺんなんかつめたくてつめたくてまるでカチカチ...
いちょうの実 宮沢 賢治
10分以内
魏志倭人伝 陳 寿
10分以内
  2,551 文字
倭人在帶方東南大海之中、依山島爲國邑。
魏志倭人伝 陳 寿
10分以内
太宰 治
10分以内
  3,445 文字
私は遊ぶ事が何よりも好きなので、家で仕事をしていながら...
太宰 治
10分以内
頭ならびに腹 横光 利一
10分以内
  3,366 文字
真昼である。
頭ならびに腹 横光 利一
10分以内
散歩生活 中原 中也
10分以内
  3,525 文字
「女房でも貰つて、はやくシヤツキリしろよ、シヤツキリ」...
散歩生活 中原 中也
10分以内
猥褻独問答 永井 荷風
10分以内
  2,853 文字
○猥※[#「褒」の「保」に代えて「執」、U+465D、...
猥褻独問答 永井 荷風
10分以内
ピエロ伝道者 坂口 安吾
10分以内
  2,371 文字
空にある星を一つ欲しいと思いませんか?思わない?そんな...
ピエロ伝道者 坂口 安吾
10分以内
おきなぐさ 宮沢 賢治
10分以内
  3,782 文字
うずのしゅげを知っていますか。
おきなぐさ 宮沢 賢治
10分以内
美味い豆腐の話 北大路 魯山人
10分以内
  2,038 文字
美味い湯豆腐を食べようとするには、なんといっても豆腐の...
美味い豆腐の話 北大路 魯山人
10分以内
ピタゴラスと豆 寺田 寅彦
10分以内
  2,311 文字
幾何学を教わった人は誰でもピタゴラスの定理というものの...
ピタゴラスと豆 寺田 寅彦
10分以内
易と手相 菊池 寛
10分以内
  2,241 文字
自分が、易や手相のことを書くと笑う人がいるかも知れない...
易と手相 菊池 寛
10分以内
仙人 芥川 竜之介
10分以内
  3,577 文字
皆さん。
仙人 芥川 竜之介
10分以内
恋愛と夫婦愛とを混同しては不可ぬ 芥川 竜之介
10分以内
  2,674 文字
媒酌結婚で結構です媒酌結婚と自由結婚との得失といふこと...
恋愛と夫婦愛とを混同しては不可ぬ 芥川 竜之介
10分以内
小説家たらんとする青年に与う 菊池 寛
10分以内
  2,766 文字
僕は先ず、「二十五歳未満の者、小説を書くべからず」とい...
小説家たらんとする青年に与う 菊池 寛
10分以内
すき焼きと鴨料理――洋食雑感―― 北大路 魯山人
10分以内
  2,799 文字
かねて日本を出発する前から、フランスの鴨料理について、...
すき焼きと鴨料理――洋食雑感―― 北大路 魯山人
10分以内
二・二六事件に就て 河合 栄治郎
10分以内
  2,947 文字
二月二十日の総選挙に於て、国民の多数が、ファッシズムへ...
二・二六事件に就て 河合 栄治郎
10分以内
鰻の話 北大路 魯山人
10分以内
  3,671 文字
私は京都に生まれ、京都で二十年育ったために、京、大阪に...
鰻の話 北大路 魯山人
10分以内
ああ東京は食い倒れ 古川 緑波
10分以内
  2,475 文字
戦争に負けてから、もう十年になる。
ああ東京は食い倒れ 古川 緑波
10分以内
凍雨と雨氷 寺田 寅彦
10分以内
  2,017 文字
大気中の水蒸気が凍結して液体または固体となって地上に降...
凍雨と雨氷 寺田 寅彦
10分以内
研究的態度の養成 寺田 寅彦
10分以内
  2,558 文字
理科教授につき教師の最も注意してほしいと思うことは児童...
研究的態度の養成 寺田 寅彦
10分以内
数学と語学 寺田 寅彦
10分以内
  3,807 文字
ある入学試験の成績表について数学の点数と語学の点数の相...
数学と語学 寺田 寅彦
10分以内
鏡花氏の文章 中島 敦
10分以内
  3,638 文字
日本には花の名所があるように、日本の文学にも情緒の名所...
鏡花氏の文章 中島 敦
10分以内
イーハトーボ農学校の春 宮沢 賢治
10分以内
  3,538 文字
太陽マジックのうたはもう青ぞらいっぱい、ひっきりなしに...
イーハトーボ農学校の春 宮沢 賢治
10分以内
野ばら 小川 未明
10分以内
  2,570 文字
大きな国と、それよりはすこし小さな国とが隣り合っていました。
野ばら 小川 未明
10分以内
毒もみのすきな署長さん 宮沢 賢治
10分以内
  3,460 文字
四つのつめたい谷川が、カラコン山の氷河から出て、ごうご...
毒もみのすきな署長さん 宮沢 賢治
10分以内
テガミ 小林 多喜二
10分以内
  2,674 文字
此処を出入りするもの、必ずこの手紙を読むべし。
テガミ 小林 多喜二
10分以内
街の底 横光 利一
10分以内
  3,544 文字
その街角には靴屋があった。
街の底 横光 利一
10分以内
鴉片 芥川 竜之介
10分以内
  2,848 文字
クロオド・フアレエルの作品を始めて日本に紹介したのは多...
鴉片 芥川 竜之介
10分以内
サラダの謎 中谷 宇吉郎
10分以内
  2,988 文字
私はごく普通のフランス風のサラダが好きである。
サラダの謎 中谷 宇吉郎
10分以内
聖書 生田 春月
10分以内
  3,235 文字
今日来て見ると、Kさんの書卓の上に、ついぞ見なれぬ褐色...
聖書 生田 春月
10分以内
失うた帳面を記憶力で書き復した人 南方 熊楠
10分以内
  2,974 文字
五年九号四二頁に宮本君が書いた、周防大島願行寺にむかし...
失うた帳面を記憶力で書き復した人 南方 熊楠
10分以内
我が馬券哲学 菊池 寛
10分以内
  2,475 文字
次ぎに載せるのは、自分の馬券哲学である。
我が馬券哲学 菊池 寛
10分以内
萱草に寄す 立原 道造
10分以内
  3,292 文字
SONATINENo.[#改ページ]はじめてのものにさ...
萱草に寄す 立原 道造
10分以内
孤独地獄 芥川 竜之介
10分以内
  2,864 文字
この話を自分は母から聞いた。
孤独地獄 芥川 竜之介
10分以内
辛夷の花 堀 辰雄
10分以内
  3,480 文字
「春の奈良へいつて、馬酔木の花ざかりを見ようとおもつて...
辛夷の花 堀 辰雄
10分以内
〔翻訳〕ステファヌ・マラルメ ヴァレリー ポール
10分以内
  2,941 文字
私がマラルメを足繁く訪れるやうになつた頃、文学は私にと...
〔翻訳〕ステファヌ・マラルメ ヴァレリー ポール
10分以内
肉食之説 福沢 諭吉
10分以内
  2,133 文字
天地の間に生るゝ動物は肉食のものと肉を喰はざるものとあり。
肉食之説 福沢 諭吉
10分以内
心の故郷 正宗 白鳥
10分以内
  2,540 文字
暮れに、私の家の近所を散歩してゐると、東京工業大學の門...
心の故郷 正宗 白鳥
10分以内
秋風 飯田 蛇笏
10分以内
  2,597 文字
子供の頃「坊やん」と謂はれて居た小悧好な男があつた。
秋風 飯田 蛇笏
10分以内
『注文の多い料理店』広告文 宮沢 賢治
10分以内
  2,850 文字
イーハトヴは一つの地名である。
『注文の多い料理店』広告文 宮沢 賢治
10分以内
日清戦争異聞 萩原 朔太郎
10分以内
  3,079 文字
上日清戦争が始まった。
日清戦争異聞 萩原 朔太郎
10分以内
牛鍋 森 鴎外
10分以内
  2,189 文字
鍋はぐつぐつ煮える。
牛鍋 森 鴎外
10分以内
小説作法十則 芥川 竜之介
10分以内
  2,055 文字
小説はあらゆる文芸中、最も非芸術的なるものと心得べし。
小説作法十則 芥川 竜之介
10分以内
芥川 竜之介
10分以内
  2,149 文字
雌蜘蛛は真夏の日の光を浴びたまま、紅い庚申薔薇の花の底...
芥川 竜之介
10分以内
鍋料理の話 北大路 魯山人
10分以内
  3,411 文字
冬、家庭で最も歓迎される料理は、なべ料理であろう。
鍋料理の話 北大路 魯山人
10分以内
おいてけ堀 田中 貢太郎
10分以内
  2,017 文字
本所のお竹蔵から東四つ目通、今の被服廠跡の納骨堂のある...
おいてけ堀 田中 貢太郎
10分以内
映画のもつ文法 中井 正一
10分以内
  2,617 文字
すべての民族の言語が、文法をそれぞれもっているのをみて...
映画のもつ文法 中井 正一
10分以内
長吏名称考 喜田 貞吉
10分以内
  2,586 文字
エタをチョウリという地方が多い。
長吏名称考 喜田 貞吉
10分以内
いてふの実 宮沢 賢治
10分以内
  2,746 文字
そらのてっぺんなんか冷たくて冷たくてまるでカチカチの灼...
いてふの実 宮沢 賢治
10分以内
四百年後の東京 正岡 子規
10分以内
  2,584 文字
神田川都会の中央、絶壁屏風の如く、緑滴り水流れ、気清く...
四百年後の東京 正岡 子規
10分以内