10分以内で読める青空文庫の短編作品(3ページ目)

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編2,467作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


101〜150件 / 全2,467件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
龍と詩人 宮沢 賢治
10分以内
  2,607 文字
龍のチャーナタは洞のなかへさして來る上げ潮からからだを...
龍と詩人 宮沢 賢治
10分以内
美女 西東 三鬼
10分以内
  2,485 文字
船欄に夜露べつとり逃ぐる旅私はいつも逃げてばかりゐるや...
美女 西東 三鬼
10分以内
科学に志す人へ 寺田 寅彦
10分以内
  3,781 文字
新学年開始のこの機会に上記の題で何か書けという編輯員か...
科学に志す人へ 寺田 寅彦
10分以内
ヒルベルト訪問記 高木 貞治
10分以内
  3,046 文字
S―君.……………晩の7時15分少し前から Wilhe...
ヒルベルト訪問記 高木 貞治
10分以内
蜜柑 芥川 竜之介
10分以内
  3,338 文字
或曇つた冬の日暮である。
蜜柑 芥川 竜之介
10分以内
花筐と岩倉村 上村 松園
10分以内
  3,452 文字
「花がたみ」は第九回文展出品作で、大正四年の制作である。
花筐と岩倉村 上村 松園
10分以内
原爆被災時のノート 原 民喜
10分以内
  3,008 文字
八月六日八時半頃突如空襲一瞬ニシテ全市街崩壊便所ニ居テ...
原爆被災時のノート 原 民喜
10分以内
ゲテ魚好き 火野 葦平
10分以内
  3,943 文字
河豚どんな下手が釣っても、すぐにかかる魚は河豚とドンコ...
ゲテ魚好き 火野 葦平
10分以内
くせ 吉川 英治
10分以内
  2,506 文字
家康は重大な話のうちに、ひょいと、話を聞いていない顔を...
くせ 吉川 英治
10分以内
アラスカの氷河 中谷 宇吉郎
10分以内
  3,254 文字
アラスカ氷河の特徴アラスカの氷河は、景観の美しさという...
アラスカの氷河 中谷 宇吉郎
10分以内
フランス哲学についての感想 西田 幾多郎
10分以内
  3,045 文字
私はフランス哲学にはドイツ哲学やイギリス哲学と異なった...
フランス哲学についての感想 西田 幾多郎
10分以内
売春婦リゼット 岡本 かの子
10分以内
  3,918 文字
売春婦のリゼットは新手を考えた。
売春婦リゼット 岡本 かの子
10分以内
山椒魚 北大路 魯山人
10分以内
  3,115 文字
ひとつ変ったたべものの話をしよう。
山椒魚 北大路 魯山人
10分以内
花より団子 正宗 白鳥
10分以内
  2,910 文字
洗足池畔の私の家の向ひは、東京近郊の桜の名所である。
花より団子 正宗 白鳥
10分以内
インチキ鮎 北大路 魯山人
10分以内
  2,214 文字
前に村井弦斎のわた抜きあゆの愚を述べたが、あゆは名が立...
インチキ鮎 北大路 魯山人
10分以内
河豚食わぬ非常識 北大路 魯山人
10分以内
  2,458 文字
ふぐを恐ろしがって食わぬ者は、「ふぐは食いたし命は惜し...
河豚食わぬ非常識 北大路 魯山人
10分以内
正宗 白鳥
10分以内
  3,609 文字
杜若の蔭に金魚が動いてゐる。
正宗 白鳥
10分以内
「額の男」を読む 夏目 漱石
10分以内
  3,368 文字
「それから」を脱稿したから取あへず前約を履行しやうと思...
「額の男」を読む 夏目 漱石
10分以内
お茶漬けの味 北大路 魯山人
10分以内
  2,052 文字
お茶漬けの話にかぎらないが、料理というものは、財力豊か...
お茶漬けの味 北大路 魯山人
10分以内
河豚 吉川 英治
10分以内
  3,707 文字
*おととしより去年、去年より今年と、一冬ごとに東京に殖...
河豚 吉川 英治
10分以内
マグノリアの木 宮沢 賢治
10分以内
  3,290 文字
霧がじめじめ降っていた。
マグノリアの木 宮沢 賢治
10分以内
特殊部落の言語 喜田 貞吉
10分以内
  2,534 文字
特殊部落の人達の口にする言語は、その付近の普通部落の言...
特殊部落の言語 喜田 貞吉
10分以内
琴の音 樋口 一葉
10分以内
  3,149 文字
上空に月日のかはる光りなく、春さく花のゝどけさは浮世萬...
琴の音 樋口 一葉
10分以内
魚河岸 芥川 竜之介
10分以内
  2,326 文字
去年の春の夜、――と云ってもまだ風の寒い、月の冴えた夜...
魚河岸 芥川 竜之介
10分以内
罪と罰(内田不知庵訳) 北村 透谷
10分以内
  2,206 文字
沈痛、悲慘、幽悽なる心理的小説「罪と罰」は彼の奇怪なる...
罪と罰(内田不知庵訳) 北村 透谷
10分以内
橘曙覧 折口 信夫
10分以内
  2,635 文字
曙覧は文化九年、福井市内屈指の紙商、井手正玄の長男とし...
橘曙覧 折口 信夫
10分以内
テレビの科学番組 中谷 宇吉郎
10分以内
  3,250 文字
コクのない内容NHKの教育テレビで、毎日曜日の午後、「...
テレビの科学番組 中谷 宇吉郎
10分以内
桐の花とカステラ 北原 白秋
10分以内
  3,479 文字
桐の花とカステラの時季となつた。
桐の花とカステラ 北原 白秋
10分以内
東京湾怪物譚 佐藤 垢石
10分以内
  3,038 文字
観音崎と富津岬とが相抱いた東京湾口は、魚の楽園らしい。
東京湾怪物譚 佐藤 垢石
10分以内
エタと非人と普通人 喜田 貞吉
10分以内
  2,651 文字
踏み出しの方向如何によって、一歩の差は遂に千里の差となる。
エタと非人と普通人 喜田 貞吉
10分以内
コロボックル北海道に住みしなるべし 坪井 正五郎
10分以内
  3,352 文字
(明治二十年二月十三日[#改行]本會第二十七會ニテ述ブ...
コロボックル北海道に住みしなるべし 坪井 正五郎
10分以内
かなしき女王 マクラウド フィオナ
10分以内
  3,924 文字
ミストの島スケエの城の高い壁のかげに二人の男が縛られて...
かなしき女王 マクラウド フィオナ
10分以内
ゆめの話 室生 犀星
10分以内
  3,317 文字
むかし加賀百万石の城下に、長町という武士町がありました。
ゆめの話 室生 犀星
10分以内
文芸は男子一生の事業とするに足らざる乎 夏目 漱石
10分以内
  3,257 文字
文芸が果して男子一生の事業とするに足るか何うかと云うこ...
文芸は男子一生の事業とするに足らざる乎 夏目 漱石
10分以内
蝦蟇を食べた話 北大路 魯山人
10分以内
  3,761 文字
山椒魚は手に入れるのが困難だが、反対にいくらでも手に入...
蝦蟇を食べた話 北大路 魯山人
10分以内
人生の楽事 福沢 諭吉
10分以内
  3,353 文字
左の一編は十一月十一日府下芝區三田慶應義塾に於て福澤先...
人生の楽事 福沢 諭吉
10分以内
三人の訪問者 島崎 藤村
10分以内
  3,441 文字
「冬」が訪ねて来た。
三人の訪問者 島崎 藤村
10分以内
舌のすさび 吉川 英治
10分以内
  3,746 文字
あれはもう何年前か。
舌のすさび 吉川 英治
10分以内
アフリカの文化 和辻 哲郎
10分以内
  2,732 文字
フロベニウスの『アフリカ文化史』は、非常に優れた書であ...
アフリカの文化 和辻 哲郎
10分以内
土田 耕平
10分以内
  3,523 文字
その時、太郎さんは七つ、妹の千代子さんは五つでありました。
土田 耕平
10分以内
ひじりの家 柳田 国男
10分以内
  2,349 文字
日向路の五日はいつも良い月夜であつた。
ひじりの家 柳田 国男
10分以内
うどんのお化け 古川 緑波
10分以内
  2,766 文字
目下、僕は毎日、R撮影所へ通って、仕事をしている。
うどんのお化け 古川 緑波
10分以内
古本評判記 永井 荷風
10分以内
  2,579 文字
一、そも/\都下の古本屋に二種ありなぞと事々しく説明す...
古本評判記 永井 荷風
10分以内
越中劍岳先登記 柴崎 芳太郎
10分以内
  3,111 文字
越中の劍岳は、古来全く人跡未到の劍山として信ぜられ、今...
越中劍岳先登記 柴崎 芳太郎
10分以内
黒船来航 服部 之総
10分以内
  2,347 文字
中国制覇の足がかり阿片戦争(一八四〇―四二)で中国が開...
黒船来航 服部 之総
10分以内
路地 永井 荷風
10分以内
  2,565 文字
鉄橋と渡船との比較からこゝに思起されるのは立派な表通の...
路地 永井 荷風
10分以内
怪しき旅僧 田中 貢太郎
10分以内
  2,614 文字
――此の話は武蔵の川越領の中の三ノ町と云う処に起った話...
怪しき旅僧 田中 貢太郎
10分以内
一日の労苦 太宰 治
10分以内
  2,875 文字
一月二十二日。
一日の労苦 太宰 治
10分以内
現今の少女小説について 宮本 百合子
10分以内
  3,659 文字
今行われる少女小説について私は自分の荷にあまるほどいろ...
現今の少女小説について 宮本 百合子
10分以内
土下座 和辻 哲郎
10分以内
  2,469 文字
ある男が祖父の葬式に行ったときの話です。
土下座 和辻 哲郎
10分以内