朝の山道
桜間中庸

『朝の山道』は青空文庫で公開されている桜間中庸の短編作品。184文字で、おおよそ5分以内で読むことができます。

文字数
5分以内
  184 文字
人気   -- PV
書き出し 朝ぎり流れる山のみちほのぼの――草つぱふんで足のつゆしつとり――蝶々はねてるねむの葉にひつそり――匂ふよほうら栗のはなほんのり――ほういと呼んでる誰だろかほういと――きりに吸はれて細いこゑほういと――。
初出
表記 旧字旧仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む     Amazonで探す  

桜間 中庸 の人気作品



短編(5分以内)の人気作品