虹のある日
桜間中庸

『虹のある日』は青空文庫で公開されている桜間中庸の短編作品。69文字で、おおよそ5分以内で読むことができます。

文字数
5分以内
  69 文字
人気   -- PV
書き出し 森のずつと奧の沼のほとりで銀狐が三匹ミルク色の雲にのつて七色の橋を渡つてくる天使の夢をみてゐました。
初出
表記 旧字旧仮名
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む     Amazonで探す  

桜間 中庸 の人気作品



短編(5分以内)の人気作品