青空文庫の児童文学を読了時間で検索できるサービス

青空文庫の児童文学全作品

青空文庫で公開されているすべての著者の児童文学全作品1,513篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜50件 / 全1,513件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
銀河鉄道の夜 宮沢賢治
1時間〜
  41,903 文字
一、午后の授業「ではみなさんは、そういうふうに川だと云(い)われたり、乳の流れたあとだと云われ...
銀河鉄道の夜 宮沢賢治
1時間〜
一、午后の授業「ではみなさんは、そういうふうに川だと云(い)われたり、乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。
蜘蛛の糸
(1918年)
芥川竜之介
10分以内
  3,236 文字
ある日の事でございます。
蜘蛛の糸 芥川竜之介
10分以内
ある日の事でございます。
やまなし
(1923年)
宮沢賢治
10分以内
  3,233 文字
小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。
やまなし 宮沢賢治
10分以内
小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。
注文の多い料理店
(1924年)
宮沢賢治
30分以内
  6,351 文字
二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲をかついで、白熊のよう...
注文の多い料理店 宮沢賢治
30分以内
二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲をかついで、白熊のような犬を二疋(ひき)つれて、だいぶ山奥の、木の葉のかさかさしたとこを、こんなことを云(い)いながら、あるいておりました。
手袋を買いに 新美南吉
10分以内
  3,924 文字
寒い冬が北方から、狐(きつね)の親子の棲(す)んでいる森へもやって来ました。
手袋を買いに 新美南吉
10分以内
寒い冬が北方から、狐(きつね)の親子の棲(す)んでいる森へもやって来ました。
ごん狐
(1932年)
新美南吉
30分以内
  5,457 文字
これは、私が小さいときに、村の茂平というおじいさんからきいたお話です。
ごん狐 新美南吉
30分以内
これは、私が小さいときに、村の茂平というおじいさんからきいたお話です。
オツベルと象 宮沢賢治
30分以内
  6,488 文字
……ある牛飼いがものがたる第一日曜オツベルときたら大したもんだ。
オツベルと象 宮沢賢治
30分以内
……ある牛飼いがものがたる第一日曜オツベルときたら大したもんだ。
セロ弾きのゴーシュ 宮沢賢治
60分以内
  12,962 文字
ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。
セロ弾きのゴーシュ 宮沢賢治
60分以内
ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。
よだかの星 宮沢賢治
30分以内
  5,691 文字
よだかは、実にみにくい鳥です。
よだかの星 宮沢賢治
30分以内
よだかは、実にみにくい鳥です。
風の又三郎 宮沢賢治
1時間〜
  34,147 文字
どっどどどどうどどどうどどどう青いくるみも吹きとばせすっぱいかりんも吹きとばせどっどどどどうど...
風の又三郎 宮沢賢治
1時間〜
どっどどどどうどどどうどどどう青いくるみも吹きとばせすっぱいかりんも吹きとばせどっどどどどうどどどうどどどう谷川の岸に小さな学校がありました。
トロッコ 芥川竜之介
30分以内
  4,892 文字
小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まったのは、良平の八つの年だった。
トロッコ 芥川竜之介
30分以内
小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まったのは、良平の八つの年だった。
杜子春
(1920年)
芥川竜之介
30分以内
  10,248 文字
或春の日暮です。
杜子春 芥川竜之介
30分以内
或春の日暮です。
グスコーブドリの伝記 宮沢賢治
1時間〜
  27,391 文字
森グスコーブドリは、イーハトーヴの大きな森のなかに生まれました。
グスコーブドリの伝記 宮沢賢治
1時間〜
森グスコーブドリは、イーハトーヴの大きな森のなかに生まれました。
白雪姫 ヴィルヘルム・カール・グリム
30分以内
  11,689 文字
むかしむかし、冬のさなかのことでした。
白雪姫 ヴィルヘルム・カール・グリム
30分以内
むかしむかし、冬のさなかのことでした。
銀河鉄道の夜 宮沢賢治
1時間〜
  46,734 文字
午後の授業「ではみなさんは、そういうふうに川だと言われたり、乳の流れたあとだと言われたりしてい...
銀河鉄道の夜 宮沢賢治
1時間〜
午後の授業「ではみなさんは、そういうふうに川だと言われたり、乳の流れたあとだと言われたりしていた、このぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか」先生は、黒板につるした大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった銀河帯のようなところを指しながら、みんなに問いをかけました。
桃太郎 楠山正雄
30分以内
  6,269 文字
むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがありました。
桃太郎 楠山正雄
30分以内
むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがありました。
ラプンツェル ヴィルヘルム・カール・グリム
30分以内
  4,158 文字
むかしむかし夫婦者があって、永い間、小児が欲しい、欲しい、といい暮しておりましたが、やっとおか...
ラプンツェル ヴィルヘルム・カール・グリム
30分以内
むかしむかし夫婦者があって、永い間、小児が欲しい、欲しい、といい暮しておりましたが、やっとおかみさんの望みがかなって、神様が願いをきいてくださいました。
ガリバー旅行記 ジョナサン・スウィフト
1時間〜
  130,908 文字
第一、小人国(リリパット)大騒動私はいろ/\不思議な国を旅行して、さま/″\の珍しいことを見て...
ガリバー旅行記 ジョナサン・スウィフト
1時間〜
第一、小人国(リリパット)大騒動私はいろ/\不思議な国を旅行して、さま/″\の珍しいことを見てきた者です。
雪の女王 ハンス・クリスチャン・アンデルセン
1時間〜
  42,273 文字
第一のお話鏡とそのかけらのことさあ、きいていらっしゃい。
雪の女王 ハンス・クリスチャン・アンデルセン
1時間〜
第一のお話鏡とそのかけらのことさあ、きいていらっしゃい。
一房の葡萄
(1920年)
有島武郎
30分以内
  6,873 文字
僕は小さい時に絵を描くことが好きでした。
一房の葡萄 有島武郎
30分以内
僕は小さい時に絵を描くことが好きでした。
どんぐりと山猫
(1924年)
宮沢賢治
30分以内
  7,067 文字
おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
どんぐりと山猫 宮沢賢治
30分以内
おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
赤ずきんちゃん ヴィルヘルム・カール・グリム
30分以内
  4,019 文字
むかし、むかし、あるところに、ちいちゃいかわいい女の子がありました。
赤ずきんちゃん ヴィルヘルム・カール・グリム
30分以内
むかし、むかし、あるところに、ちいちゃいかわいい女の子がありました。
雪渡り
(1921年)
宮沢賢治
30分以内
  7,694 文字
雪渡りその一(小狐の紺三郎)雪がすっかり凍って大理石よりも堅くなり、空も冷たい滑らかな青い石の...
雪渡り 宮沢賢治
30分以内
雪渡りその一(小狐の紺三郎)雪がすっかり凍って大理石よりも堅くなり、空も冷たい滑らかな青い石の板で出来ているらしいのです。
なめとこ山の熊 宮沢賢治
30分以内
  7,984 文字
なめとこ山の熊のことならおもしろい。
なめとこ山の熊 宮沢賢治
30分以内
なめとこ山の熊のことならおもしろい。
あのときの王子くん アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
1時間〜
  59,045 文字
〈星から出るのに、その子はわたり鳥をつかったんだとおもう。
あのときの王子くん アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
1時間〜
〈星から出るのに、その子はわたり鳥をつかったんだとおもう。
おじいさんのランプ 新美南吉
60分以内
  13,255 文字
かくれんぼで、倉の隅にもぐりこんだ東一君がランプを持って出て来た。
おじいさんのランプ 新美南吉
60分以内
かくれんぼで、倉の隅にもぐりこんだ東一君がランプを持って出て来た。
赤い蝋燭と人魚
(1921年)
小川未明
30分以内
  7,261 文字
人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。
赤い蝋燭と人魚 小川未明
30分以内
人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。
ポラーノの広場 宮沢賢治
60分以内
  23,777 文字
前十七等官レオーノ・キュースト誌宮沢賢治訳述そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居り...
ポラーノの広場 宮沢賢治
60分以内
前十七等官レオーノ・キュースト誌宮沢賢治訳述そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
ねずみの嫁入り 楠山正雄
5分以内
  1,812 文字
むかし、むかし、ある家のお倉の中に、お米を持って、麦を持って、粟(あわ)を持って、豆を持って、...
ねずみの嫁入り 楠山正雄
5分以内
むかし、むかし、ある家のお倉の中に、お米を持って、麦を持って、粟(あわ)を持って、豆を持って、たいそうゆたかに暮らしているお金持ちのねずみが住んでおりました。
杜子春
(1920年)
芥川竜之介
30分以内
  10,241 文字
或(ある)春の日暮です。
杜子春 芥川竜之介
30分以内
或(ある)春の日暮です。
イワンの馬鹿 レオ・トルストイ
1時間〜
  31,488 文字
むかしある国の田舎にお金持の百姓が住んでいました。
イワンの馬鹿 レオ・トルストイ
1時間〜
むかしある国の田舎にお金持の百姓が住んでいました。
ツェねずみ 宮沢賢治
30分以内
  5,393 文字
ある古い家の、まっくらな天井裏に、「ツェ」という名まえのねずみがすんでいました。
ツェねずみ 宮沢賢治
30分以内
ある古い家の、まっくらな天井裏に、「ツェ」という名まえのねずみがすんでいました。
ヘンゼルとグレーテル ヴィルヘルム・カール・グリム
30分以内
  10,865 文字
まずしい木こりの男が、大きな森の近くにこやをもって、おかみさんとふたりのこどもとでくらしていました。
ヘンゼルとグレーテル ヴィルヘルム・カール・グリム
30分以内
まずしい木こりの男が、大きな森の近くにこやをもって、おかみさんとふたりのこどもとでくらしていました。
暗号舞踏人の謎 アーサー・コナン・ドイル
1時間〜
  28,068 文字
ホームズは全く黙りこんだまま、その脊の高い痩せた身体を猫脊にして、何時間も化学実験室に向っていた。
暗号舞踏人の謎 アーサー・コナン・ドイル
1時間〜
ホームズは全く黙りこんだまま、その脊の高い痩せた身体を猫脊にして、何時間も化学実験室に向っていた。
赤いくつ ハンス・クリスチャン・アンデルセン
30分以内
  8,099 文字
あるところに、ちいさい女の子がいました。
赤いくつ ハンス・クリスチャン・アンデルセン
30分以内
あるところに、ちいさい女の子がいました。
双子の星 宮沢賢治
60分以内
  12,641 文字
双子の星天の川の西の岸にすぎなの胞子ほどの小さな二つの星が見えます。
双子の星 宮沢賢治
60分以内
双子の星天の川の西の岸にすぎなの胞子ほどの小さな二つの星が見えます。
若草物語 ルイーザ・メイ・オルコット
1時間〜
  138,018 文字
作者についてこの「若草物語」(原名リツル、ウィメン)は、米国の女流作家ルイザ・メイ・オルコット...
若草物語 ルイーザ・メイ・オルコット
1時間〜
作者についてこの「若草物語」(原名リツル、ウィメン)は、米国の女流作家ルイザ・メイ・オルコット女史の三十七才の時の作です。
舌切りすずめ 楠山正雄
30分以内
  4,543 文字
むかし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんがありました。
舌切りすずめ 楠山正雄
30分以内
むかし、むかし、あるところにおじいさんとおばあさんがありました。
怪人二十面相
(1936年)
江戸川乱歩
1時間〜
  119,605 文字
はしがきそのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、ま...
怪人二十面相 江戸川乱歩
1時間〜
はしがきそのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
人魚のひいさま ハンス・クリスチャン・アンデルセン
1時間〜
  30,938 文字
はるか、沖合へでてみますと、海の水は、およそうつくしいやぐるまぎくの花びらのように青くて、あく...
人魚のひいさま ハンス・クリスチャン・アンデルセン
1時間〜
はるか、沖合へでてみますと、海の水は、およそうつくしいやぐるまぎくの花びらのように青くて、あくまですきとおったガラスのように澄みきっています。
デンデンムシノ カナシミ
(1950年)
新美南吉
5分以内
  876 文字
イツピキノデンデンムシガアリマシタ。
デンデンムシノ カナシミ 新美南吉
5分以内
イツピキノデンデンムシガアリマシタ。
古事記物語 鈴木三重吉
1時間〜
  106,678 文字
女神の死世界ができたそもそものはじめ。
古事記物語 鈴木三重吉
1時間〜
女神の死世界ができたそもそものはじめ。
魔術
(1920年)
芥川竜之介
30分以内
  7,818 文字
ある時雨の降る晩のことです。
魔術 芥川竜之介
30分以内
ある時雨の降る晩のことです。
注文の多い料理店
(1924年)
宮沢賢治
30分以内
  6,346 文字
二人の若い紳士が、すつかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴか/\する鉄砲をかついで、白熊のやう...
注文の多い料理店 宮沢賢治
30分以内
二人の若い紳士が、すつかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴか/\する鉄砲をかついで、白熊のやうな犬を二疋(ひき)つれて、だいぶ山奥の、木の葉のかさ/\したとこを、こんなことを云(い)ひながら、あるいてをりました。
銀河鉄道の夜 宮沢賢治
1時間〜
  47,331 文字
午後の授業「ではみなさん、さういふふうに川だと云はれたり、乳の流れたあとだと云はれたりしてゐた...
銀河鉄道の夜 宮沢賢治
1時間〜
午後の授業「ではみなさん、さういふふうに川だと云はれたり、乳の流れたあとだと云はれたりしてゐた、このぼんやりと白いものが何かご承知ですか。
竹取物語 和田万吉
30分以内
  7,963 文字
むかし、いつの頃でありましたか、竹取りの翁といふ人がありました。
竹取物語 和田万吉
30分以内
むかし、いつの頃でありましたか、竹取りの翁といふ人がありました。
黄いろのトマト 宮沢賢治
30分以内
  8,778 文字
博物局十六等官キュステ誌私の町の博物館の、大きなガラスの戸棚には、剥製ですが、四疋(ひき)の蜂...
黄いろのトマト 宮沢賢治
30分以内
博物局十六等官キュステ誌私の町の博物館の、大きなガラスの戸棚には、剥製ですが、四疋(ひき)の蜂雀がいます。
アグニの神
(1921年)
芥川竜之介
30分以内
  9,079 文字
支那の上海の或(ある)町です。
アグニの神 芥川竜之介
30分以内
支那の上海の或(ある)町です。
まざあ・ぐうす 作者不詳
1時間〜
  33,565 文字
[#ページの左右中央]日本の子供たちに[#改ページ]はしがきお母さんがちょうのマザア・グウスは...
まざあ・ぐうす 作者不詳
1時間〜
[#ページの左右中央]日本の子供たちに[#改ページ]はしがきお母さんがちょうのマザア・グウスはきれいな青い空の上に住んでいて、大きな美しいがちょうの背中にのってその空を翔(か)けったり、月の世界の人たちのつい近くをひょうひょうと雪のようにあかるくとんでいるのだそうです。
星の銀貨 ヴィルヘルム・カール・グリム
5分以内
  1,122 文字
むかし、むかし、小さい女の子がありました。
星の銀貨 ヴィルヘルム・カール・グリム
5分以内
むかし、むかし、小さい女の子がありました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。