手紙 三
宮沢賢治

『手紙 三』は青空文庫で公開されている宮沢賢治の短編作品。1,086文字で、おおよそ5分以内で読むことができます。

文字数
5分以内
  1,086文字
人気  113PV
書き出し普通(ふつう)中学校などに備(そな)え付(つ)けてある顕微鏡(けんびきょう)は、拡大度(かくだいど)が六百倍(ばい)乃至(ないし)八百倍ぐらいまでですから、蝶(ちょう)の翅(はね)の鱗片(りんぺん)や馬鈴薯(ばれいしょ)の澱粉粒(でんぷんりゅう)などは実(じつ)にはっきり見えますが、割合(わりあい)
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

宮沢賢治の人気作品



短編(5分以内)の人気作品