5分以内で読める青空文庫の短編作品

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編4,276作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全4,276件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
〔雨ニモマケズ〕 宮沢 賢治
5分以内
  504 文字
雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナ...
〔雨ニモマケズ〕 宮沢 賢治
5分以内
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
  1,924 文字
桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいこと...
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
谷崎潤一郎氏 芥川 竜之介
5分以内
  991 文字
僕は或初夏の午後、谷崎氏と神田をひやかしに出かけた。
谷崎潤一郎氏 芥川 竜之介
5分以内
星めぐりの歌 宮沢 賢治
5分以内
  214 文字
あかいめだまのさそりひろげた鷲のつばさあをいめだまの小...
星めぐりの歌 宮沢 賢治
5分以内
船中八策 坂本 竜馬
5分以内
  433 文字
一、天下の政権を朝廷に奉還せしめ、政令宜しく朝廷より出...
船中八策 坂本 竜馬
5分以内
ねずみの嫁入り 楠山 正雄
5分以内
  1,830 文字
むかし、むかし、ある家のお倉の中に、お米を持って、麦を...
ねずみの嫁入り 楠山 正雄
5分以内
ア、秋 太宰 治
5分以内
  1,760 文字
本職の詩人ともなれば、いつどんな注文があるか、わからな...
ア、秋 太宰 治
5分以内
愛読書の印象 芥川 竜之介
5分以内
  1,052 文字
子供の時の愛読書は「西遊記」が第一である。
愛読書の印象 芥川 竜之介
5分以内
悪魔 芥川 竜之介
5分以内
  1,670 文字
伴天連うるがんの眼には、外の人の見えないものまでも見え...
悪魔 芥川 竜之介
5分以内
『吾輩は猫である』上篇自序 夏目 漱石
5分以内
  834 文字
「吾輩は猫である」は雑誌ホトトギスに連載した続き物である。
『吾輩は猫である』上篇自序 夏目 漱石
5分以内
菊池 寛
5分以内
  1,838 文字
摂津半国の主であった松山新介の侍大将中村新兵衛は、五畿...
菊池 寛
5分以内
盲腸 横光 利一
5分以内
  1,785 文字
盲腸横光利Fは口から血を吐いた。
盲腸 横光 利一
5分以内
三国志 吉川 英治
5分以内
  1,593 文字
三国志は、いうまでもなく、今から約千八百年前の古典であ...
三国志 吉川 英治
5分以内
かちかち山 芥川 竜之介
5分以内
  1,139 文字
童話時代のうす明りの中に、一人の老人と一頭の兎とは、舌...
かちかち山 芥川 竜之介
5分以内
星の銀貨 グリム ヴィルヘルム・カール
5分以内
  1,144 文字
むかし、むかし、小さい女の子がありました。
星の銀貨 グリム ヴィルヘルム・カール
5分以内
小泉 八雲
5分以内
  1,645 文字
東京の、赤坂への道に紀国坂という坂道がある――これは紀...
小泉 八雲
5分以内
赤い蝋燭 新美 南吉
5分以内
  1,255 文字
山から里の方へ遊びにいった猿が一本の赤い蝋燭を拾いました。
赤い蝋燭 新美 南吉
5分以内
「晩年」に就いて 太宰 治
5分以内
  1,112 文字
「晩年」は、私の最初の小説集なのです。
「晩年」に就いて 太宰 治
5分以内
猫の広告文 夏目 漱石
5分以内
  189 文字
吾輩は猫である。
猫の広告文 夏目 漱石
5分以内
『注文の多い料理店』序 宮沢 賢治
5分以内
  653 文字
わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれい...
『注文の多い料理店』序 宮沢 賢治
5分以内
『心』自序 夏目 漱石
5分以内
  538 文字
『心』は大正三年四月から八月にわたつて東京大阪両朝日へ...
『心』自序 夏目 漱石
5分以内
女体 芥川 竜之介
5分以内
  1,185 文字
楊某と云う支那人が、ある夏の夜、あまり蒸暑いのに眼がさ...
女体 芥川 竜之介
5分以内
原爆小景 原 民喜
5分以内
  1,938 文字
コレガ人間ナノデスコレガ人間ナノデス原子爆弾ニ依ル変化...
原爆小景 原 民喜
5分以内
小説の面白さ 太宰 治
5分以内
  1,098 文字
小説と云うものは、本来、女子供の読むもので、いわゆる利...
小説の面白さ 太宰 治
5分以内
羅生門の後に 芥川 竜之介
5分以内
  1,550 文字
この集にはいっている短篇は、「羅生門」「貉」「忠義」を...
羅生門の後に 芥川 竜之介
5分以内
岡本 かの子
5分以内
  1,829 文字
その人にまた逢ふまでは、とても重苦しくて気骨の折れる人...
岡本 かの子
5分以内
瘠我慢の説 榎本 武揚
5分以内
  801 文字
福沢先生の手簡拝啓仕候。
瘠我慢の説 榎本 武揚
5分以内
関東防空大演習を嗤う 桐生 悠々
5分以内
  1,946 文字
防空演習は、曾て大阪に於ても、行われたことがあるけれど...
関東防空大演習を嗤う 桐生 悠々
5分以内
武士道の山 新渡戸 稲造
5分以内
  1,723 文字
武士道は斜面緩かなる山なり。
武士道の山 新渡戸 稲造
5分以内
デンデンムシノ カナシミ 新美 南吉
5分以内
  898 文字
イツピキノデンデンムシガアリマシタ。
デンデンムシノ カナシミ 新美 南吉
5分以内
レ・ミゼラブル ユゴー ヴィクトル
5分以内
  298 文字
法律と風習とによって、ある永劫の社会的処罰が存在し、か...
レ・ミゼラブル ユゴー ヴィクトル
5分以内
イズムの功過 夏目 漱石
5分以内
  1,702 文字
大抵のイズムとか主義とかいうものは無数の事実を几帳面な...
イズムの功過 夏目 漱石
5分以内
満願 太宰 治
5分以内
  1,634 文字
これは、いまから、四年まえの話である。
満願 太宰 治
5分以内
青い眼の人形 野口 雨情
5分以内
  253 文字
童謡は童心性を基調として、真、善、美の上に立つてゐる芸...
青い眼の人形 野口 雨情
5分以内
大勢順応 勝 海舟
5分以内
  536 文字
憲政党が、伊藤さんに代つて、内閣を組織した当時、頻りに...
大勢順応 勝 海舟
5分以内
内田百間氏 芥川 竜之介
5分以内
  545 文字
内田百間氏は夏目先生の門下にして僕の尊敬する先輩なり。
内田百間氏 芥川 竜之介
5分以内
甘鯛の姿焼き 北大路 魯山人
5分以内
  1,199 文字
この料理は、東京に昔からあるものだが、大きいのでちょっ...
甘鯛の姿焼き 北大路 魯山人
5分以内
秋田街道 宮沢 賢治
5分以内
  1,856 文字
どれもみんな肥料や薪炭をやりとりするさびしい家だ。
秋田街道 宮沢 賢治
5分以内
おっぱい 小川 未明
5分以内
  698 文字
赤ちゃんが、おかあさんのおっぱいをすぱすぱとのんでいました。
おっぱい 小川 未明
5分以内
三山居士 夏目 漱石
5分以内
  1,886 文字
二月二十八日には生暖たかい風が朝から吹いた。
三山居士 夏目 漱石
5分以内
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
  1,918 文字
桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!これは信じていいこと...
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
海援隊約規 坂本 竜馬
5分以内
  532 文字
凡嘗テ本藩ヲ脱スル者及佗藩ヲ脱スル者海外ノ志アル者此隊...
海援隊約規 坂本 竜馬
5分以内
飴だま 新美 南吉
5分以内
  1,216 文字
春のあたたかい日のこと、わたし舟にふたりの小さな子ども...
飴だま 新美 南吉
5分以内
「ああしんど」 池田 蕉園
5分以内
  754 文字
よっぽど古いお話なんで御座いますよ。
「ああしんど」 池田 蕉園
5分以内
旗本移転後の始末 勝 海舟
5分以内
  850 文字
維新の際、旧旗本の人々を静岡に移したのは凡そ八万人もあ...
旗本移転後の始末 勝 海舟
5分以内
或社会主義者 芥川 竜之介
5分以内
  1,569 文字
彼は若い社会主義者だつた。
或社会主義者 芥川 竜之介
5分以内
納豆の茶漬け 北大路 魯山人
5分以内
  1,352 文字
納豆の茶漬けは意想外に美味いものである。
納豆の茶漬け 北大路 魯山人
5分以内
ありときのこ 宮沢 賢治
5分以内
  1,643 文字
苔いちめんに、霧がぽしゃぽしゃ降って、蟻の歩哨は鉄の帽...
ありときのこ 宮沢 賢治
5分以内
明治開化 安吾捕物 坂口 安吾
5分以内
  641 文字
この捕物帖はたいがい五段からできています。
明治開化 安吾捕物 坂口 安吾
5分以内
「味の素」発明の動機 池田 菊苗
5分以内
  1,745 文字
余が化学を修め始めたるは明治十三年余が十七歳の時にして...
「味の素」発明の動機 池田 菊苗
5分以内