夏目漱石の全作品

青空文庫で公開されている夏目漱石の全作品を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜50件 / 全105件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
こころ 夏目 漱石
1時間〜
  175,205 文字
上先生と私私はその人を常に先生と呼んでいた。
こころ 夏目 漱石
1時間〜
吾輩は猫である 夏目 漱石
1時間〜
  338,161 文字
吾輩は猫である。
吾輩は猫である 夏目 漱石
1時間〜
坊っちゃん 夏目 漱石
1時間〜
  94,851 文字
親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。
坊っちゃん 夏目 漱石
1時間〜
夢十夜 夏目 漱石
60分以内
  18,001 文字
第一夜こんな夢を見た。
夢十夜 夏目 漱石
60分以内
草枕 夏目 漱石
1時間〜
  93,468 文字
山路を登りながら、こう考えた。
草枕 夏目 漱石
1時間〜
三四郎 夏目 漱石
1時間〜
  188,162 文字
うとうととして目がさめると女はいつのまにか、隣のじいさ...
三四郎 夏目 漱石
1時間〜
それから 夏目 漱石
1時間〜
  188,325 文字
一の誰か慌たゞしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の...
それから 夏目 漱石
1時間〜
私の個人主義 夏目 漱石
1時間〜
  24,581 文字
――大正三年十一月二十五日学習院輔仁会において述――私...
私の個人主義 夏目 漱石
1時間〜
虞美人草 夏目 漱石
1時間〜
  223,818 文字
「随分遠いね。
虞美人草 夏目 漱石
1時間〜
夏目 漱石
1時間〜
  151,203 文字
宗助は先刻から縁側へ坐蒲団を持ち出して、日当りの好さそ...
夏目 漱石
1時間〜
それから 夏目 漱石
1時間〜
  189,139 文字
誰か慌ただしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の頭の...
それから 夏目 漱石
1時間〜
明暗 夏目 漱石
1時間〜
  356,570 文字
医者は探りを入れた後で、手術台の上から津田を下した。
明暗 夏目 漱石
1時間〜
行人 夏目 漱石
1時間〜
  246,677 文字
友達梅田の停車場を下りるや否や自分は母からいいつけられ...
行人 夏目 漱石
1時間〜
永日小品 夏目 漱石
1時間〜
  54,312 文字
元日雑煮を食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。
永日小品 夏目 漱石
1時間〜
道草 夏目 漱石
1時間〜
  162,801 文字
健三が遠い所から帰って来て駒込の奥に世帯を持ったのは東...
道草 夏目 漱石
1時間〜
吾輩ハ猫デアル 夏目 漱石
60分以内
  13,742 文字
吾輩ハ猫デアル夏目漱石「吾輩は猫である」は雜誌ホトヽ...
吾輩ハ猫デアル 夏目 漱石
60分以内
『吾輩は猫である』上篇自序 夏目 漱石
5分以内
  834 文字
「吾輩は猫である」は雑誌ホトトギスに連載した続き物である。
『吾輩は猫である』上篇自序 夏目 漱石
5分以内
硝子戸の中 夏目 漱石
1時間〜
  57,234 文字
硝子戸の中から外を見渡すと、霜除をした芭蕉だの、赤い実...
硝子戸の中 夏目 漱石
1時間〜
彼岸過迄 夏目 漱石
1時間〜
  207,717 文字
彼岸過迄に就て事実を読者の前に告白すると、去年の八月頃...
彼岸過迄 夏目 漱石
1時間〜
正岡子規 夏目 漱石
10分以内
  3,670 文字
正岡の食意地の張った話か。
正岡子規 夏目 漱石
10分以内
倫敦塔 夏目 漱石
60分以内
  17,380 文字
二年の留学中ただ一度倫敦塔を見物した事がある。
倫敦塔 夏目 漱石
60分以内
坑夫 夏目 漱石
1時間〜
  153,434 文字
さっきから松原を通ってるんだが、松原と云うものは絵で見...
坑夫 夏目 漱石
1時間〜
文鳥 夏目 漱石
30分以内
  11,665 文字
十月早稲田に移る。
文鳥 夏目 漱石
30分以内
人生 夏目 漱石
10分以内
  3,747 文字
空を劃して居る之を物といひ、時に沿うて起る之を事といふ...
人生 夏目 漱石
10分以内
猫の広告文 夏目 漱石
5分以内
  189 文字
吾輩は猫である。
猫の広告文 夏目 漱石
5分以内
思い出す事など 夏目 漱石
1時間〜
  61,074 文字
ようやくの事でまた病院まで帰って来た。
思い出す事など 夏目 漱石
1時間〜
手紙 夏目 漱石
60分以内
  12,608 文字
モーパサンの書いた「二十五日間」と題する小品には、ある...
手紙 夏目 漱石
60分以内
現代日本の開化 夏目 漱石
60分以内
  19,147 文字
はなはだお暑いことで、こう暑くては多人数お寄合いになっ...
現代日本の開化 夏目 漱石
60分以内
一夜 夏目 漱石
30分以内
  6,619 文字
「美くしき多くの人の、美くしき多くの夢を……」と髯ある...
一夜 夏目 漱石
30分以内
『心』自序 夏目 漱石
5分以内
  538 文字
『心』は大正三年四月から八月にわたつて東京大阪両朝日へ...
『心』自序 夏目 漱石
5分以内
野分 夏目 漱石
1時間〜
  103,458 文字
白井道也は文学者である。
野分 夏目 漱石
1時間〜
イズムの功過 夏目 漱石
5分以内
  1,702 文字
大抵のイズムとか主義とかいうものは無数の事実を几帳面な...
イズムの功過 夏目 漱石
5分以内
二百十日 夏目 漱石
1時間〜
  33,840 文字
ぶらりと両手を垂げたまま、圭さんがどこからか帰って来る。
二百十日 夏目 漱石
1時間〜
カーライル博物館 夏目 漱石
30分以内
  7,335 文字
公園の片隅に通りがかりの人を相手に演説をしている者がある。
カーライル博物館 夏目 漱石
30分以内
琴のそら音 夏目 漱石
60分以内
  22,767 文字
「珍らしいね、久しく来なかったじゃないか」と津田君が出...
琴のそら音 夏目 漱石
60分以内
写生文 夏目 漱石
30分以内
  6,002 文字
写生文の存在は近頃ようやく世間から認められたようである...
写生文 夏目 漱石
30分以内
点頭録 夏目 漱石
60分以内
  13,636 文字
また正月が来た。
点頭録 夏目 漱石
60分以内
自転車日記 夏目 漱石
30分以内
  8,465 文字
西暦一千九百二年秋忘月忘日白旗を寝室の窓に翻えして下宿...
自転車日記 夏目 漱石
30分以内
三山居士 夏目 漱石
5分以内
  1,886 文字
二月二十八日には生暖たかい風が朝から吹いた。
三山居士 夏目 漱石
5分以内
道楽と職業 夏目 漱石
60分以内
  17,789 文字
ただいまは牧君の満洲問題――満洲の過去と満洲の未来とい...
道楽と職業 夏目 漱石
60分以内
京に着ける夕 夏目 漱石
30分以内
  4,331 文字
汽車は流星の疾きに、二百里の春を貫いて、行くわれを七条...
京に着ける夕 夏目 漱石
30分以内
余と万年筆 夏目 漱石
10分以内
  2,902 文字
此間魯庵君に会った時、丸善の店で一日に万年筆が何本位売...
余と万年筆 夏目 漱石
10分以内
『吾輩は猫である』中篇自序 夏目 漱石
10分以内
  2,227 文字
「猫」の稿を継ぐときには、大抵初篇と同じ程な枚数に筆を...
『吾輩は猫である』中篇自序 夏目 漱石
10分以内
満韓ところどころ 夏目 漱石
1時間〜
  79,970 文字
南満鉄道会社っていったい何をするんだいと真面目に聞いた...
満韓ところどころ 夏目 漱石
1時間〜
『吾輩は猫である』下篇自序 夏目 漱石
5分以内
  480 文字
「猫」の下巻を活字に植えて見たら頁が足りないから、もう...
『吾輩は猫である』下篇自序 夏目 漱石
5分以内
変な音 夏目 漱石
30分以内
  4,063 文字
上うとうとしたと思ううちに眼が覚めた。
変な音 夏目 漱石
30分以内
文士の生活 夏目 漱石
30分以内
  4,024 文字
私が巨万の富を蓄えたとか、立派な家を建てたとか、土地家...
文士の生活 夏目 漱石
30分以内
『心』広告文 夏目 漱石
5分以内
  52 文字
自己の心を捕へんと欲する人々に、人間の心を捕へ得たる此...
『心』広告文 夏目 漱石
5分以内
私の経過した学生時代 夏目 漱石
30分以内
  5,443 文字
私の学生時代を回顧して見ると、殆んど勉強という勉強はせ...
私の経過した学生時代 夏目 漱石
30分以内
『それから』予告 夏目 漱石
5分以内
  196 文字
色々な意味に於てそれからである。
『それから』予告 夏目 漱石
5分以内