60分以内で読める青空文庫の中編作品

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編2,221作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全2,221件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
夢十夜 夏目 漱石
60分以内
  18,001 文字
第一夜こんな夢を見た。
夢十夜 夏目 漱石
60分以内
舞姫 森 鴎外
60分以内
  16,553 文字
石炭をば早や積み果てつ。
舞姫 森 鴎外
60分以内
一握の砂 石川 啄木
60分以内
  22,771 文字
函館なる郁雨宮崎大四郎君同国の友文学士花明金田一京助君...
一握の砂 石川 啄木
60分以内
土佐日記 紀 貫之
60分以内
  13,570 文字
男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。
土佐日記 紀 貫之
60分以内
桜の森の満開の下 坂口 安吾
60分以内
  18,490 文字
桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子をたべて花の下...
桜の森の満開の下 坂口 安吾
60分以内
セロ弾きのゴーシュ 宮沢 賢治
60分以内
  12,894 文字
ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。
セロ弾きのゴーシュ 宮沢 賢治
60分以内
駈込み訴え 太宰 治
60分以内
  14,328 文字
申し上げます。
駈込み訴え 太宰 治
60分以内
ヴィヨンの妻 太宰 治
60分以内
  21,683 文字
あわただしく、玄関をあける音が聞えて、私はその音で、眼...
ヴィヨンの妻 太宰 治
60分以内
山羊の歌 中原 中也
60分以内
  21,822 文字
[#ページの左右中央]初期詩篇[#改ページ]春の日の夕...
山羊の歌 中原 中也
60分以内
あたらしい憲法のはなし 文部省
60分以内
  22,477 文字
[#改丁]憲法みなさん、あたらしい憲法ができました。
あたらしい憲法のはなし 文部省
60分以内
富嶽百景 太宰 治
60分以内
  16,183 文字
富士の頂角、広重の富士は八十五度、文晁の富士も八十四度...
富嶽百景 太宰 治
60分以内
人間椅子 江戸川 乱歩
60分以内
  15,870 文字
佳子は、毎朝、夫の登庁を見送って了うと、それはいつも十...
人間椅子 江戸川 乱歩
60分以内
或阿呆の一生 芥川 竜之介
60分以内
  14,590 文字
僕はこの原稿を発表する可否は勿論、発表する時や機関も君...
或阿呆の一生 芥川 竜之介
60分以内
芋粥 芥川 竜之介
60分以内
  15,674 文字
元慶の末か、仁和の始にあつた話であらう。
芋粥 芥川 竜之介
60分以内
グッド・バイ 太宰 治
60分以内
  16,692 文字
変心文壇の、或る老大家が亡くなって、その告別式の終り頃...
グッド・バイ 太宰 治
60分以内
舞姫 森 鴎外
60分以内
  16,561 文字
石炭をば早や積み果てつ。
舞姫 森 鴎外
60分以内
トカトントン 太宰 治
60分以内
  13,542 文字
拝啓。
トカトントン 太宰 治
60分以内
源氏物語 紫式部
60分以内
  16,589 文字
紫のかがやく花と日の光思ひあはざることわりもなし(晶子...
源氏物語 紫式部
60分以内
在りし日の歌 中原 中也
60分以内
  22,885 文字
[#ページの左右中央]在りし日の歌[#改ページ]含羞―...
在りし日の歌 中原 中也
60分以内
武蔵野 国木田 独歩
60分以内
  16,624 文字
「武蔵野の俤は今わずかに入間郡に残れり」と自分は文政年...
武蔵野 国木田 独歩
60分以内
おじいさんのランプ 新美 南吉
60分以内
  13,144 文字
かくれんぼで、倉の隅にもぐりこんだ東一君がランプを持っ...
おじいさんのランプ 新美 南吉
60分以内
少女病 田山 花袋
60分以内
  12,580 文字
山手線の朝の七時二十分の上り汽車が、代々木の電車停留場...
少女病 田山 花袋
60分以内
双子の星 宮沢 賢治
60分以内
  12,512 文字
双子の星天の川の西の岸にすぎなの胞子ほどの小さな二つの...
双子の星 宮沢 賢治
60分以内
にごりえ 樋口 一葉
60分以内
  20,310 文字
おい木村さん信さん寄つてお出よ、お寄りといつたら寄つて...
にごりえ 樋口 一葉
60分以内
ポラーノの広場 宮沢 賢治
60分以内
  23,708 文字
前十七等官レオーノ・キュースト誌宮沢賢治訳述そのころわ...
ポラーノの広場 宮沢 賢治
60分以内
悟浄歎異 中島 敦
60分以内
  13,325 文字
昼餉ののち、師父が道ばたの松の樹の下でしばらく憩うてお...
悟浄歎異 中島 敦
60分以内
アッシャー家の崩壊 ポー エドガー・アラン
60分以内
  21,095 文字
[#ページの左右中央]Son coeur est un...
アッシャー家の崩壊 ポー エドガー・アラン
60分以内
十三夜 樋口 一葉
60分以内
  12,651 文字
上例は威勢よき黒ぬり車の、それ門に音が止まつた娘ではな...
十三夜 樋口 一葉
60分以内
吾輩ハ猫デアル 夏目 漱石
60分以内
  13,742 文字
吾輩ハ猫デアル夏目漱石「吾輩は猫である」は雜誌ホトヽ...
吾輩ハ猫デアル 夏目 漱石
60分以内
日本人の自然観 寺田 寅彦
60分以内
  23,368 文字
緒言「日本人の自然観」という私に与えられた課題の意味は...
日本人の自然観 寺田 寅彦
60分以内
きりぎりす 太宰 治
60分以内
  13,284 文字
おわかれ致します。
きりぎりす 太宰 治
60分以内
秋の瞳 八木 重吉
60分以内
  12,043 文字
私は、友が無くては、耐へられぬのです。
秋の瞳 八木 重吉
60分以内
日本文化私観 坂口 安吾
60分以内
  23,190 文字
「日本的」ということ僕は日本の古代文化に就て殆んど知識...
日本文化私観 坂口 安吾
60分以内
母を尋ねて三千里 アミーチス エドモンド・デ
60分以内
  16,012 文字
もう何年か前、ジェノアの少年で十三になる男の子が、ジェ...
母を尋ねて三千里 アミーチス エドモンド・デ
60分以内
アインシュタイン 寺田 寅彦
60分以内
  13,058 文字
この間日本へ立寄ったバートランド・ラッセルが、「今世界...
アインシュタイン 寺田 寅彦
60分以内
智恵子の半生 高村 光太郎
60分以内
  13,524 文字
妻智恵子が南品川ゼームス坂病院の十五号室で精神分裂症患...
智恵子の半生 高村 光太郎
60分以内
ルバイヤート ハイヤーム オマル
60分以内
  20,307 文字
まえがきここに訳出した『ルバイヤート』(四行詩)は、十...
ルバイヤート ハイヤーム オマル
60分以内
ダス・ゲマイネ 太宰 治
60分以内
  22,804 文字
幻燈当時、私には一日一日が晩年であった。
ダス・ゲマイネ 太宰 治
60分以内
アラビヤンナイト 菊池 寛
60分以内
  19,367 文字
昔、しなの都に、ムスタフという貧乏な仕立屋が住んでいました。
アラビヤンナイト 菊池 寛
60分以内
二十世紀旗手 太宰 治
60分以内
  14,821 文字
序唱神の焔の苛烈を知れ苦悩たかきが故に尊からず。
二十世紀旗手 太宰 治
60分以内
二銭銅貨 江戸川 乱歩
60分以内
  18,244 文字
上「あの泥坊が羨しい」二人の間にこんな言葉が交される程...
二銭銅貨 江戸川 乱歩
60分以内
織田信長 坂口 安吾
60分以内
  19,483 文字
死のふは一定、しのび草には何をしよぞ、一定かたりをこす...
織田信長 坂口 安吾
60分以内
みだれ髪 与謝野 晶子
60分以内
  14,006 文字
[#ページの左右中央]この書の体裁は悉く藤島武二先生の...
みだれ髪 与謝野 晶子
60分以内
倫敦塔 夏目 漱石
60分以内
  17,380 文字
二年の留学中ただ一度倫敦塔を見物した事がある。
倫敦塔 夏目 漱石
60分以内
悟浄出世 中島 敦
60分以内
  20,290 文字
寒蝉敗柳に鳴き大火西に向かいて流るる秋のはじめになりけ...
悟浄出世 中島 敦
60分以内
愛と美について 太宰 治
60分以内
  13,344 文字
兄妹、五人あって、みんなロマンスが好きだった。
愛と美について 太宰 治
60分以内
堺事件 森 鴎外
60分以内
  21,458 文字
堺事件森鴎外明治元年戊辰(ぼしん)の歳(とし)正月、...
堺事件 森 鴎外
60分以内
盗まれた手紙 ポー エドガー・アラン
60分以内
  21,669 文字
[#ページの左右中央]Nil sapienti※ od...
盗まれた手紙 ポー エドガー・アラン
60分以内
探偵小説アルセーヌ・ルパン ルブラン モーリス
60分以内
  18,965 文字
今から三年前のことである。
探偵小説アルセーヌ・ルパン ルブラン モーリス
60分以内
歌よみに与ふる書 正岡 子規
60分以内
  18,594 文字
歌よみに与ふる書仰の如く近来和歌は一向に振ひ不申候。
歌よみに与ふる書 正岡 子規
60分以内