山羊の歌
中原 中也

『山羊の歌』は中原中也の中編作品。21,822文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  21,822 文字
人気   162,538 PV
書き出し [#ページの左右中央]初期詩篇[#改ページ]春の日の夕暮トタンがセンベイ食べて春の日の夕暮は穏かですアンダースローされた灰が蒼ざめて春の日の夕暮は静かです吁!案山子はないか――あるまい馬嘶くか――嘶きもしまいただただ月の光のヌメランとするまゝに従順なのは春の日の夕暮かポトホトと野の中に伽藍は紅く荷馬車の車輪油を失ひ私が...
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む