30分以内で読める青空文庫の短編作品

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編4,162作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全4,162件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
走れメロス 太宰 治
30分以内
  10,744 文字
メロスは激怒した。
走れメロス 太宰 治
30分以内
山月記 中島 敦
30分以内
  6,406 文字
隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連...
山月記 中島 敦
30分以内
羅生門 芥川 竜之介
30分以内
  6,146 文字
ある日の暮方の事である。
羅生門 芥川 竜之介
30分以内
注文の多い料理店 宮沢 賢治
30分以内
  6,310 文字
二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして...
注文の多い料理店 宮沢 賢治
30分以内
方丈記 鴨 長明
30分以内
  9,994 文字
行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
方丈記 鴨 長明
30分以内
檸檬 梶井 基次郎
30分以内
  5,356 文字
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。
檸檬 梶井 基次郎
30分以内
芥川 竜之介
30分以内
  6,284 文字
禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。
芥川 竜之介
30分以内
高瀬舟 森 鴎外
30分以内
  8,853 文字
高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。
高瀬舟 森 鴎外
30分以内
ごん狐 新美 南吉
30分以内
  5,452 文字
これは、私が小さいときに、村の茂平というおじいさんから...
ごん狐 新美 南吉
30分以内
桃太郎 芥川 竜之介
30分以内
  4,903 文字
むかし、むかし、大むかし、ある深い山の奥に大きい桃の木...
桃太郎 芥川 竜之介
30分以内
藪の中 芥川 竜之介
30分以内
  9,159 文字
検非違使に問われたる木樵りの物語さようでございます。
藪の中 芥川 竜之介
30分以内
オツベルと象 宮沢 賢治
30分以内
  6,389 文字
……ある牛飼いがものがたる第一日曜オツベルときたら大し...
オツベルと象 宮沢 賢治
30分以内
堕落論 坂口 安吾
30分以内
  8,023 文字
半年のうちに世相は変った。
堕落論 坂口 安吾
30分以内
トロッコ 芥川 竜之介
30分以内
  4,796 文字
小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まったのは、良平...
トロッコ 芥川 竜之介
30分以内
戦争責任者の問題 伊丹 万作
30分以内
  7,532 文字
最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘...
戦争責任者の問題 伊丹 万作
30分以内
よだかの星 宮沢 賢治
30分以内
  5,667 文字
よだかは、実にみにくい鳥です。
よだかの星 宮沢 賢治
30分以内
杜子春 芥川 竜之介
30分以内
  10,033 文字
或春の日暮です。
杜子春 芥川 竜之介
30分以内
地球儀 牧野 信一
30分以内
  4,697 文字
祖父の十七年の法要があるから帰れ――という母からの手紙...
地球儀 牧野 信一
30分以内
瓶詰地獄 夢野 久作
30分以内
  7,500 文字
拝呈時下益々御清栄、奉奉慶賀候。
瓶詰地獄 夢野 久作
30分以内
白雪姫 グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
  11,695 文字
むかしむかし、冬のさなかのことでした。
白雪姫 グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
ラプンツェル グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
  4,108 文字
むかしむかし夫婦者があって、永い間、小児が欲しい、欲し...
ラプンツェル グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
故郷 魯迅
30分以内
  8,898 文字
わたしは厳寒を冒して、二千余里を隔て二十余年も別れてい...
故郷 魯迅
30分以内
名人伝 中島 敦
30分以内
  6,199 文字
趙の邯鄲の都に住む紀昌という男が、天下第一の弓の名人に...
名人伝 中島 敦
30分以内
黒猫 ポー エドガー・アラン
30分以内
  10,529 文字
私がこれから書こうとしているきわめて奇怪な、またきわめ...
黒猫 ポー エドガー・アラン
30分以内
あばばばば 芥川 竜之介
30分以内
  6,960 文字
保吉はずつと以前からこの店の主人を見知つてゐる。
あばばばば 芥川 竜之介
30分以内
桃太郎 楠山 正雄
30分以内
  6,278 文字
むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが...
桃太郎 楠山 正雄
30分以内
赤ずきんちゃん グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
  4,041 文字
むかし、むかし、あるところに、ちいちゃいかわいい女の子...
赤ずきんちゃん グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
羅生門 芥川 竜之介
30分以内
  6,152 文字
或日の暮方の事である。
羅生門 芥川 竜之介
30分以内
高瀬舟 森 鴎外
30分以内
  9,193 文字
高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。
高瀬舟 森 鴎外
30分以内
一房の葡萄 有島 武郎
30分以内
  6,772 文字
僕は小さい時に絵を描くことが好きでした。
一房の葡萄 有島 武郎
30分以内
桜桃 太宰 治
30分以内
  5,367 文字
われ、山にむかいて、目を挙ぐ。
桜桃 太宰 治
30分以内
ヘンゼルとグレーテル グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
  10,879 文字
まずしい木こりの男が、大きな森の近くにこやをもって、お...
ヘンゼルとグレーテル グリム ヴィルヘルム・カール
30分以内
科学者とあたま 寺田 寅彦
30分以内
  4,112 文字
私に親しいある老科学者がある日私に次のようなことを語っ...
科学者とあたま 寺田 寅彦
30分以内
ツェねずみ 宮沢 賢治
30分以内
  5,396 文字
ある古い家の、まっくらな天井裏に、「ツェ」という名まえ...
ツェねずみ 宮沢 賢治
30分以内
雪渡り 宮沢 賢治
30分以内
  7,603 文字
雪渡りその一(小狐の紺三郎)雪がすっかり凍って大理石よ...
雪渡り 宮沢 賢治
30分以内
尾崎放哉選句集 尾崎 放哉
30分以内
  10,327 文字
尾崎放哉選句集青空文庫版まえがきこのHTMLファイルに...
尾崎放哉選句集 尾崎 放哉
30分以内
どんぐりと山猫 宮沢 賢治
30分以内
  7,048 文字
おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
どんぐりと山猫 宮沢 賢治
30分以内
なめとこ山の熊 宮沢 賢治
30分以内
  7,893 文字
なめとこ山の熊のことならおもしろい。
なめとこ山の熊 宮沢 賢治
30分以内
赤いくつ アンデルセン ハンス・クリスチャン
30分以内
  8,125 文字
あるところに、ちいさい女の子がいました。
赤いくつ アンデルセン ハンス・クリスチャン
30分以内
杜子春 芥川 竜之介
30分以内
  9,962 文字
或春の日暮です。
杜子春 芥川 竜之介
30分以内
小さき者へ 有島 武郎
30分以内
  10,918 文字
お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時、―...
小さき者へ 有島 武郎
30分以内
外科室 泉 鏡花
30分以内
  8,182 文字
上実は好奇心のゆえに、しかれども予は予が画師たるを利器...
外科室 泉 鏡花
30分以内
燃ゆる頬 堀 辰雄
30分以内
  8,888 文字
私は十七になった。
燃ゆる頬 堀 辰雄
30分以内
芥川 竜之介
30分以内
  11,998 文字
信子は女子大学にゐた時から、才媛の名声を担つてゐた。
芥川 竜之介
30分以内
猫の事務所 宮沢 賢治
30分以内
  6,978 文字
軽便鉄道の停車場のちかくに、猫の第六事務所がありました。
猫の事務所 宮沢 賢治
30分以内
赤い蝋燭と人魚 小川 未明
30分以内
  7,228 文字
人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。
赤い蝋燭と人魚 小川 未明
30分以内
耳無芳一の話 小泉 八雲
30分以内
  8,409 文字
七百年以上も昔の事、下ノ関海峡の壇ノ浦で、平家すなわち...
耳無芳一の話 小泉 八雲
30分以内
太宰 治
30分以内
  10,567 文字
撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにありヴェルレエ...
太宰 治
30分以内
葉桜と魔笛 太宰 治
30分以内
  6,508 文字
桜が散って、このように葉桜のころになれば、私は、きっと...
葉桜と魔笛 太宰 治
30分以内
注文の多い料理店 宮沢 賢治
30分以内
  6,301 文字
二人の若い紳士が、すつかりイギリスの兵隊のかたちをして...
注文の多い料理店 宮沢 賢治
30分以内