30分以内で読める芥川竜之介の短編作品

青空文庫で公開されている芥川竜之介の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品120篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全120件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
羅生門芥川竜之介
30分以内
  6,146文字
  ある日の暮方の事である。
羅生門芥川竜之介
30分以内
芥川竜之介
30分以内
  6,284文字
  禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。
芥川竜之介
30分以内
トロッコ芥川竜之介
30分以内
  5,046文字
  小田原熱海(あたみ)間に、軽便鉄道敷設(ふせつ)の工事が始ま…
トロッコ芥川竜之介
30分以内
桃太郎芥川竜之介
30分以内
  4,903文字
  むかし、むかし、大むかし、ある深い山の奥に大きい桃の木が一本…
桃太郎芥川竜之介
30分以内
藪の中芥川竜之介
30分以内
  9,159文字
  検非違使に問われたる木樵りの物語さようでございます。
藪の中芥川竜之介
30分以内
杜子春芥川竜之介
30分以内
  10,577文字
  或(ある)春の日暮です。
杜子春芥川竜之介
30分以内
杜子春芥川竜之介
30分以内
  10,033文字
  或春の日暮です。
杜子春芥川竜之介
30分以内
アグニの神芥川竜之介
30分以内
  8,964文字
  支那(シナ)の上海(シャンハイ)の或(ある)町です。
アグニの神芥川竜之介
30分以内
あばばばば芥川竜之介
30分以内
  6,960文字
  保吉はずつと以前からこの店の主人を見知つてゐる。
あばばばば芥川竜之介
30分以内
羅生門芥川竜之介
30分以内
  6,152文字
  或日の暮方の事である。
羅生門芥川竜之介
30分以内
芥川竜之介
30分以内
  11,998文字
  信子は女子大学にゐた時から、才媛の名声を担つてゐた。
芥川竜之介
30分以内
アグニの神芥川竜之介
30分以内
  8,922文字
  支那の上海の或町です。
アグニの神芥川竜之介
30分以内
魔術芥川竜之介
30分以内
  7,753文字
  ある時雨の降る晩のことです。
魔術芥川竜之介
30分以内
或日の大石内蔵助芥川竜之介
30分以内
  9,421文字
  立てきった障子にはうららかな日の光がさして、嵯峨たる老木の梅…
或日の大石内蔵助芥川竜之介
30分以内
神神の微笑芥川竜之介
30分以内
  9,677文字
  ある春の夕、Padre Organtino はたった一人、長…
神神の微笑芥川竜之介
30分以内
或恋愛小説芥川竜之介
30分以内
  5,329文字
  ある婦人雑誌社の面会室。
或恋愛小説芥川竜之介
30分以内
奉教人の死芥川竜之介
30分以内
  10,127文字
  たとひ三百歳の齢を保ち、楽しみ身に余ると云ふとも、未来永々の…
奉教人の死芥川竜之介
30分以内
煙草と悪魔芥川竜之介
30分以内
  6,917文字
  煙草は、本来、日本になかつた植物である。
煙草と悪魔芥川竜之介
30分以内
三つの宝芥川竜之介
30分以内
  8,024文字
  森の中。
三つの宝芥川竜之介
30分以内
トロツコ芥川竜之介
30分以内
  4,793文字
  小田原熱海間に、軽便鉄道敷設の工事が始まつたのは、良平の八つ…
トロツコ芥川竜之介
30分以内
六の宮の姫君芥川竜之介
30分以内
  6,553文字
  六の宮の姫君の父は、古い宮腹の生れだつた。
六の宮の姫君芥川竜之介
30分以内
軍艦金剛航海記芥川竜之介
30分以内
  6,681文字
  暑いフロックを夏の背廣に着換へて外の連中と一しよに上甲板へ出…
軍艦金剛航海記芥川竜之介
30分以内
枯野抄芥川竜之介
30分以内
  8,119文字
  丈艸、去来を召し、昨夜目のあはざるまま、ふと案じ入りて、呑舟…
枯野抄芥川竜之介
30分以内
南京の基督芥川竜之介
30分以内
  10,675文字
  或秋の夜半であつた。
南京の基督芥川竜之介
30分以内
舞踏会芥川竜之介
30分以内
  5,539文字
  明治十九年十一月三日の夜であつた。
舞踏会芥川竜之介
30分以内
好色芥川竜之介
30分以内
  11,751文字
  平中といふ色ごのみにて、宮仕人はさらなり、人の女など忍びて見…
好色芥川竜之介
30分以内
西郷隆盛芥川竜之介
30分以内
  11,624文字
  これは自分より二三年前に、大学の史学科を卒業した本間さんの話…
西郷隆盛芥川竜之介
30分以内
犬と笛芥川竜之介
30分以内
  8,400文字
  いく子さんに献ず昔、大和の国葛城山の麓に、髪長彦という若い木…
犬と笛芥川竜之介
30分以内
芥川竜之介
30分以内
  8,304文字
  ある春の午過ぎです。
芥川竜之介
30分以内
大川の水芥川竜之介
30分以内
  4,273文字
  自分は、大川端に近い町に生まれた。
大川の水芥川竜之介
30分以内
浅草公園芥川竜之介
30分以内
  10,234文字
 浅草の仁王門の中に吊った、火のともらない大提灯。
浅草公園芥川竜之介
30分以内
手巾芥川竜之介
30分以内
  8,015文字
 東京帝国法科大学教授、長谷川謹造先生は、ヴエランダの籐椅子に…
手巾芥川竜之介
30分以内
大正十二年九月一日の大震に際して芥川竜之介
30分以内
  11,058文字
 大正十二年八月、僕は一游亭(いちいうてい)と鎌倉へ行(ゆ)き…
大正十二年九月一日の大震に際して芥川竜之介
30分以内
蜃気楼芥川竜之介
30分以内
  5,248文字
 或秋の午頃、僕は東京から遊びに来た大学生のK君と一しょに蜃気…
蜃気楼芥川竜之介
30分以内
京都日記芥川竜之介
30分以内
  4,732文字
 光悦寺(くわうえつじ)へ行つたら、本堂の横手の松の中に小さな…
京都日記芥川竜之介
30分以内
おぎん芥川竜之介
30分以内
  5,639文字
 元和か、寛永か、とにかく遠い昔である。
おぎん芥川竜之介
30分以内
お富の貞操芥川竜之介
30分以内
  9,201文字
 明治元年五月十四日の午過ぎだつた。
お富の貞操芥川竜之介
30分以内
袈裟と盛遠芥川竜之介
30分以内
  7,992文字
 上夜、盛遠が築土の外で、月魄を眺めながら、落葉を踏んで物思い…
袈裟と盛遠芥川竜之介
30分以内
案頭の書芥川竜之介
30分以内
  5,399文字
 大阪の画工北(ほくせん)の著はせる古今実物語(ここんじつもの…
案頭の書芥川竜之介
30分以内
芥川竜之介
30分以内
  11,521文字
 横浜。
芥川竜之介
30分以内
芥川竜之介
30分以内
  7,478文字
 目のあらい簾が、入口にぶらさげてあるので、往来の容子は仕事場…
芥川竜之介
30分以内
芥川竜之介
30分以内
  9,814文字
 宇治の大納言隆国「やれ、やれ、昼寝の夢が覚めて見れば、今日は…
芥川竜之介
30分以内
芥川竜之介
30分以内
  8,674文字
 おれは締切日を明日に控えた今夜、一気呵成にこの小説を書こうと…
芥川竜之介
30分以内
日本の女芥川竜之介
30分以内
  8,749文字
 ここに面白い本がある。
日本の女芥川竜之介
30分以内
馬の脚芥川竜之介
30分以内
  11,922文字
 この話の主人公は忍野半三郎と言う男である。
馬の脚芥川竜之介
30分以内
槍ヶ岳紀行芥川竜之介
30分以内
  4,313文字
 島々(しま/\)と云ふ町の宿屋へ着いたのは、午過ぎ――もう夕…
槍ヶ岳紀行芥川竜之介
30分以内
大久保湖州芥川竜之介
30分以内
  11,704文字
 或秋の夜、僕は本郷の大学前の或古本屋を覗いて見た。
大久保湖州芥川竜之介
30分以内
蜜柑芥川竜之介
30分以内
  6,645文字
 或(ある)曇(くも)つた冬(ふゆ)の日暮(ひぐれ)である。
蜜柑芥川竜之介
30分以内
首が落ちた話芥川竜之介
30分以内
  8,167文字
 上何小二は軍刀を抛り出すと、夢中で馬の頸にしがみついた。
首が落ちた話芥川竜之介
30分以内
煙管芥川竜之介
30分以内
  7,189文字
 加州石川郡金沢城の城主、前田斉広は、参覲中、江戸城の本丸へ登…
煙管芥川竜之介
30分以内