梶井基次郎の全作品

青空文庫で公開されている梶井基次郎の全作品を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜47件 / 全47件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
檸檬 梶井 基次郎
30分以内
  5,356 文字
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。
檸檬 梶井 基次郎
30分以内
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
  1,924 文字
桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいこと...
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
愛撫 梶井 基次郎
10分以内
  3,103 文字
猫の耳というものはまことに可笑しなものである。
愛撫 梶井 基次郎
10分以内
Kの昇天 梶井 基次郎
30分以内
  6,104 文字
お手紙によりますと、あなたはK君の溺死について、それが...
Kの昇天 梶井 基次郎
30分以内
檸檬 梶井 基次郎
30分以内
  5,274 文字
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終壓へつけてゐた。
檸檬 梶井 基次郎
30分以内
交尾 梶井 基次郎
30分以内
  6,247 文字
その星空を見上げると、音もしないで何匹も蝙蝠が飛んでいる。
交尾 梶井 基次郎
30分以内
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
  1,918 文字
桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!これは信じていいこと...
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
城のある町にて 梶井 基次郎
60分以内
  20,346 文字
ある午後「高いとこの眺めは、アアッ(と咳をして)また格...
城のある町にて 梶井 基次郎
60分以内
冬の日 梶井 基次郎
60分以内
  12,347 文字
季節は冬至に間もなかった。
冬の日 梶井 基次郎
60分以内
冬の蠅 梶井 基次郎
30分以内
  10,884 文字
冬の蠅とは何か?よぼよぼと歩いている蠅。
冬の蠅 梶井 基次郎
30分以内
編輯後記(大正十五年三月号) 梶井 基次郎
5分以内
  158 文字
試驗期で編輯は少し困難で、頁數が少なかつたが、とにかく...
編輯後記(大正十五年三月号) 梶井 基次郎
5分以内
編輯後記(大正十五年四月号) 梶井 基次郎
5分以内
  187 文字
忽那が三人寄せ書きの後記を書かうと云つて、よしとは云つ...
編輯後記(大正十五年四月号) 梶井 基次郎
5分以内
『亜』の回想 梶井 基次郎
5分以内
  390 文字
亞は僕にとつては毎月の清楚な食卓だつた。
『亜』の回想 梶井 基次郎
5分以内
編輯後記(昭和二年一月号) 梶井 基次郎
5分以内
  408 文字
例月に比して小量のものしか載せ得なかつたことは、青空の...
編輯後記(昭和二年一月号) 梶井 基次郎
5分以内
詩二つ 梶井 基次郎
5分以内
  654 文字
秘やかな楽しみ一顆の檸檬を買い来て、そを玩ぶ男あり、電...
詩二つ 梶井 基次郎
5分以内
「青空語」に寄せて(昭和二年一月号) 梶井 基次郎
5分以内
  691 文字
文藝時代十二月號の小説は、林房雄だけが光つてゐる。
「青空語」に寄せて(昭和二年一月号) 梶井 基次郎
5分以内
講演会 其他(大正十五年二月号) 梶井 基次郎
5分以内
  780 文字
舊臘二十三日私達は大津の公會堂で青空の講演會を開くこと...
講演会 其他(大正十五年二月号) 梶井 基次郎
5分以内
青空同人印象記(大正十五年六月号) 梶井 基次郎
5分以内
  1,141 文字
忽那に就て忽那はクツナと讀む。
青空同人印象記(大正十五年六月号) 梶井 基次郎
5分以内
編輯後記(大正十五年九月号) 梶井 基次郎
5分以内
  1,725 文字
同人の大部分が歸省中の編輯の任に當り、それを全うする積...
編輯後記(大正十五年九月号) 梶井 基次郎
5分以内
浅見淵君に就いて 梶井 基次郎
5分以内
  1,783 文字
私は淺見君にはまだ數へる程しか會つたことのない間柄である。
浅見淵君に就いて 梶井 基次郎
5分以内
過古 梶井 基次郎
5分以内
  1,855 文字
母親がランプを消して出て来るのを、子供達は父親や祖母と...
過古 梶井 基次郎
5分以内
筧の話 梶井 基次郎
5分以内
  1,989 文字
私は散歩に出るのに二つの路を持っていた。
筧の話 梶井 基次郎
5分以内
太郎と街 梶井 基次郎
10分以内
  2,129 文字
秋は洗ひたての敷布の樣に快かつた。
太郎と街 梶井 基次郎
10分以内
闇の書 梶井 基次郎
10分以内
  2,158 文字
私は村の街道を若い母と歩いていた。
闇の書 梶井 基次郎
10分以内
梶井 基次郎
10分以内
  2,453 文字
……らすほどそのなかから赤や青や朽葉の色が湧いて来る。
梶井 基次郎
10分以内
「親近」と「拒絶」 梶井 基次郎
10分以内
  2,507 文字
「スワン家の方」誌上出版記念會佐藤君と淀野の譯したこん...
「親近」と「拒絶」 梶井 基次郎
10分以内
蒼穹 梶井 基次郎
10分以内
  2,514 文字
ある晩春の午後、私は村の街道に沿った土堤の上で日を浴び...
蒼穹 梶井 基次郎
10分以内
『戦旗』『文芸戦線』七月号創作評 梶井 基次郎
10分以内
  2,572 文字
『戰旗』彼女等の會話(窪川いね子氏)この月讀んだプロ作...
『戦旗』『文芸戦線』七月号創作評 梶井 基次郎
10分以内
器楽的幻覚 梶井 基次郎
10分以内
  2,646 文字
ある秋仏蘭西から来た年若い洋琴家がその国の伝統的な技巧...
器楽的幻覚 梶井 基次郎
10分以内
川端康成第四短篇集「心中」を主題とせるヴァリエイシヨン 梶井 基次郎
10分以内
  2,833 文字
彼が妻と七才になる娘とを置き去りにして他郷へ出奔してか...
川端康成第四短篇集「心中」を主題とせるヴァリエイシヨン 梶井 基次郎
10分以内
奎吉 梶井 基次郎
10分以内
  3,627 文字
「たうとう弟にまで金を借りる樣になつたかなあ。
奎吉 梶井 基次郎
10分以内
『新潮』十月新人号小説評 梶井 基次郎
10分以内
  3,697 文字
子を失ふ話(木村庄三郎氏)書かれてゐるのは優れた個人で...
『新潮』十月新人号小説評 梶井 基次郎
10分以内
『青空』のことなど 梶井 基次郎
30分以内
  4,014 文字
文藝部から嶽水會雜誌の第百號記念號へ載せる原稿をと請は...
『青空』のことなど 梶井 基次郎
30分以内
矛盾の様な真実 梶井 基次郎
30分以内
  4,059 文字
「お前は弟達をちつとも可愛がつてやらない。
矛盾の様な真実 梶井 基次郎
30分以内
闇の絵巻 梶井 基次郎
30分以内
  4,173 文字
最近東京を騒がした有名な強盗が捕まって語ったところによ...
闇の絵巻 梶井 基次郎
30分以内
路上 梶井 基次郎
30分以内
  4,262 文字
自分がその道を見つけたのは卯の花の咲く時分であった。
路上 梶井 基次郎
30分以内
闇への書 梶井 基次郎
30分以内
  4,470 文字
第一話私は昨日土堤の土に寢轉びながら何時間も空を見てゐた。
闇への書 梶井 基次郎
30分以内
不幸 梶井 基次郎
30分以内
  4,490 文字
第二稿師走のある寒い夜のことである。
不幸 梶井 基次郎
30分以内
詩集『戦争』 梶井 基次郎
30分以内
  4,687 文字
私は北川冬彦のやうに鬱然とした意志を藏してゐる藝術家を...
詩集『戦争』 梶井 基次郎
30分以内
温泉 梶井 基次郎
30分以内
  5,793 文字
断片夜になるとその谷間は真黒な闇に呑まれてしまう。
温泉 梶井 基次郎
30分以内
小さき良心 梶井 基次郎
30分以内
  6,228 文字
自分は人通りを除けて暗い路をあるいた。
小さき良心 梶井 基次郎
30分以内
雪後 梶井 基次郎
30分以内
  6,677 文字
行一が大学へ残るべきか、それとも就職すべきか迷っていた...
雪後 梶井 基次郎
30分以内
泥濘 梶井 基次郎
30分以内
  7,531 文字
それはある日の事だった。
泥濘 梶井 基次郎
30分以内
ある心の風景 梶井 基次郎
30分以内
  7,760 文字
喬は彼の部屋の窓から寝静まった通りに凝視っていた。
ある心の風景 梶井 基次郎
30分以内
橡の花 梶井 基次郎
30分以内
  11,632 文字
この頃の陰鬱な天候に弱らされていて手紙を書く気にもなれ...
橡の花 梶井 基次郎
30分以内
ある崖上の感情 梶井 基次郎
30分以内
  11,957 文字
ある蒸し暑い夏の宵のことであった。
ある崖上の感情 梶井 基次郎
30分以内
のんきな患者 梶井 基次郎
60分以内
  18,273 文字
吉田は肺が悪い。
のんきな患者 梶井 基次郎
60分以内