10分以内で読める梶井基次郎の短編作品

青空文庫で公開されている梶井基次郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品13篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全13件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
愛撫梶井基次郎
10分以内
  3,103文字
  猫の耳というものはまことに可笑しなものである。
愛撫梶井基次郎
10分以内
梶井基次郎
10分以内
  2,356文字
……らすほどそのなかから赤や青や朽葉(くちば)の色が湧いて来…
梶井基次郎
10分以内
矛盾の様な真実梶井基次郎
10分以内
  3,694文字
「お前は弟達をちつとも可愛がつてやらない。
矛盾の様な真実梶井基次郎
10分以内
奎吉梶井基次郎
10分以内
  3,434文字
「たうとう弟にまで金を借りる樣になつたかなあ。
奎吉梶井基次郎
10分以内
川端康成第四短篇集「心中」を主題とせるヴァリエイシヨン梶井基次郎
10分以内
  2,585文字
彼が妻と七才になる娘とを置き去りにして他郷へ出奔してから、二…
川端康成第四短篇集「心中」を主題とせるヴァリエイシヨン梶井基次郎
10分以内
闇の書梶井基次郎
10分以内
  2,158文字
私は村の街道を若い母と歩いていた。
闇の書梶井基次郎
10分以内
器楽的幻覚梶井基次郎
10分以内
  2,646文字
ある秋仏蘭西から来た年若い洋琴家がその国の伝統的な技巧で豊富…
器楽的幻覚梶井基次郎
10分以内
蒼穹梶井基次郎
10分以内
  2,514文字
ある晩春の午後、私は村の街道に沿った土堤の上で日を浴びていた…
蒼穹梶井基次郎
10分以内
『青空』のことなど梶井基次郎
10分以内
  3,808文字
文藝部から嶽水會雜誌の第百號記念號へ載せる原稿をと請はれたが…
『青空』のことなど梶井基次郎
10分以内
「親近」と「拒絶」梶井基次郎
10分以内
  2,418文字
佐藤君と淀野の譯したこんどの本を讀んで見て第一に感じることは…
「親近」と「拒絶」梶井基次郎
10分以内
『新潮』十月新人号小説評梶井基次郎
10分以内
  3,419文字
書かれてゐるのは優れた個人でもない、ただあり來りの人間である…
『新潮』十月新人号小説評梶井基次郎
10分以内
『戦旗』『文芸戦線』七月号創作評梶井基次郎
10分以内
  2,384文字
この月讀んだプロ作品中での佳品である。
『戦旗』『文芸戦線』七月号創作評梶井基次郎
10分以内