10分以内で読める青空文庫の短編作品

青空文庫で公開されているすべての著者の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編2,467作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全2,467件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
蜘蛛の糸 芥川 竜之介
10分以内
  3,180 文字
ある日の事でございます。
蜘蛛の糸 芥川 竜之介
10分以内
やまなし 宮沢 賢治
10分以内
  3,208 文字
小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。
やまなし 宮沢 賢治
10分以内
セメント樽の中の手紙 葉山 嘉樹
10分以内
  2,854 文字
松戸与三はセメントあけをやっていた。
セメント樽の中の手紙 葉山 嘉樹
10分以内
手袋を買いに 新美 南吉
10分以内
  3,885 文字
寒い冬が北方から、狐の親子の棲んでいる森へもやって来ました。
手袋を買いに 新美 南吉
10分以内
遺書 芥川 竜之介
10分以内
  2,292 文字
僕等人間は一事件の為に容易に自殺などするものではない。
遺書 芥川 竜之介
10分以内
やまなし 宮沢 賢治
10分以内
  3,198 文字
小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。
やまなし 宮沢 賢治
10分以内
蜜柑 芥川 竜之介
10分以内
  3,329 文字
或曇つた冬の日暮である。
蜜柑 芥川 竜之介
10分以内
川端康成へ 太宰 治
10分以内
  2,257 文字
あなたは文藝春秋九月号に私への悪口を書いて居られる。
川端康成へ 太宰 治
10分以内
ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった 渡辺 温
10分以内
  3,501 文字
居留地女の間ではその晩、私は隣室のアレキサンダー君に案...
ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった 渡辺 温
10分以内
愛撫 梶井 基次郎
10分以内
  3,103 文字
猫の耳というものはまことに可笑しなものである。
愛撫 梶井 基次郎
10分以内
農民芸術概論綱要 宮沢 賢治
10分以内
  3,216 文字
序論……われらはいっしょにこれから何を論ずるか……おれ...
農民芸術概論綱要 宮沢 賢治
10分以内
猿蟹合戦 芥川 竜之介
10分以内
  2,417 文字
蟹の握り飯を奪った猿はとうとう蟹に仇を取られた。
猿蟹合戦 芥川 竜之介
10分以内
黄金風景 太宰 治
10分以内
  3,176 文字
海の岸辺に緑なす樫の木、その樫の木に黄金の細き鎖のむす...
黄金風景 太宰 治
10分以内
雪女 小泉 八雲
10分以内
  3,629 文字
武蔵の国のある村に茂作、巳之吉と云う二人の木こりがいた。
雪女 小泉 八雲
10分以内
蜜柑 芥川 竜之介
10分以内
  3,323 文字
或曇った冬の日暮である。
蜜柑 芥川 竜之介
10分以内
或旧友へ送る手記 芥川 竜之介
10分以内
  3,591 文字
誰もまだ自殺者自身の心理をありのままに書いたものはない。
或旧友へ送る手記 芥川 竜之介
10分以内
正岡子規 夏目 漱石
10分以内
  3,670 文字
正岡の食意地の張った話か。
正岡子規 夏目 漱石
10分以内
I can speak 太宰 治
10分以内
  2,149 文字
くるしさは、忍従の夜。
I can speak 太宰 治
10分以内
阿部定さんの印象 坂口 安吾
10分以内
  3,818 文字
阿部定さんに会つた感じは、一ばん平凡な下町育ちの女とい...
阿部定さんの印象 坂口 安吾
10分以内
待つ 太宰 治
10分以内
  2,243 文字
省線のその小さい駅に、私は毎日、人をお迎えにまいります。
待つ 太宰 治
10分以内
人生 夏目 漱石
10分以内
  3,747 文字
空を劃して居る之を物といひ、時に沿うて起る之を事といふ...
人生 夏目 漱石
10分以内
慈悲 岡本 かの子
10分以内
  2,293 文字
ひとくちに慈悲ぶかい人といえば、誰にでもものを遣る人、...
慈悲 岡本 かの子
10分以内
お月さまいくつ 北原 白秋
10分以内
  2,338 文字
お月さまいくつ。
お月さまいくつ 北原 白秋
10分以内
宮本武蔵 吉川 英治
10分以内
  3,234 文字
初版が出たのさえ十数年前だった。
宮本武蔵 吉川 英治
10分以内
一片の石 会津 八一
10分以内
  3,294 文字
人間が石にたよるやうになつて、もうよほど久しいことであ...
一片の石 会津 八一
10分以内
芥川竜之介歌集 芥川 竜之介
10分以内
  2,743 文字
目次紫天鵞絨/桐/薔薇/客中恋/若人/砂上遅日紫天鵞絨...
芥川竜之介歌集 芥川 竜之介
10分以内
だしの取り方 北大路 魯山人
10分以内
  2,661 文字
かつおぶしはどういうふうに選択し、どういうふうにして削るか。
だしの取り方 北大路 魯山人
10分以内
葬られたる秘密 小泉 八雲
10分以内
  2,314 文字
むかし丹波の国に稻村屋源助という金持ちの商人が住んでいた。
葬られたる秘密 小泉 八雲
10分以内
愛と婚姻 泉 鏡花
10分以内
  2,907 文字
媒妁人先づいふめでたしと、舅姑またいふめでたしと、親類...
愛と婚姻 泉 鏡花
10分以内
ビール会社征伐 夢野 久作
10分以内
  3,279 文字
毎度、酒のお話で申訳ないが、今思い出しても腹の皮がピク...
ビール会社征伐 夢野 久作
10分以内
猿かに合戦 楠山 正雄
10分以内
  3,887 文字
むかし、むかし、あるところに、猿とかにがありました。
猿かに合戦 楠山 正雄
10分以内
特攻隊に捧ぐ 坂口 安吾
10分以内
  3,386 文字
数百万の血をささげたこの戦争に、我々の心を真に高めてく...
特攻隊に捧ぐ 坂口 安吾
10分以内
あさましきもの 太宰 治
10分以内
  2,121 文字
賭弓に、わななく/\久しうありて、はづしたる矢の、もて...
あさましきもの 太宰 治
10分以内
フランス料理について 北大路 魯山人
10分以内
  2,203 文字
フランス料理の声価は、世界第一のごとく誇大に評判され、...
フランス料理について 北大路 魯山人
10分以内
物理学の要用 福沢 諭吉
10分以内
  2,607 文字
物理学とは、天然の原則にもとづき、物の性質を明らかにし...
物理学の要用 福沢 諭吉
10分以内
アメリカ独立宣言 ジェファーソン トマス
10分以内
  2,728 文字
千七百七十六年第七月四日亜米利加十三州独立ノ檄文人生已...
アメリカ独立宣言 ジェファーソン トマス
10分以内
遺教 西郷 隆盛
10分以内
  2,210 文字
死生の説孟子曰ク。
遺教 西郷 隆盛
10分以内
料理メモ 北大路 魯山人
10分以内
  3,669 文字
鮎*食べ頃はあゆのとれ出した若あゆから七月初旬まで。
料理メモ 北大路 魯山人
10分以内
流言蜚語 寺田 寅彦
10分以内
  2,503 文字
長い管の中へ、水素と酸素とを適当な割合に混合したものを...
流言蜚語 寺田 寅彦
10分以内
反スタイルの記 坂口 安吾
10分以内
  2,609 文字
(上)私がヒロポンという薬の名をきいたのは六七年前で、...
反スタイルの記 坂口 安吾
10分以内
レ・ミゼラブル 豊島 与志雄
10分以内
  3,349 文字
一七八九年七月バスティーユ牢獄の破壊にその端緒を開いた...
レ・ミゼラブル 豊島 与志雄
10分以内
ラムネ氏のこと 坂口 安吾
10分以内
  3,838 文字
上小林秀雄と島木健作が小田原へ鮎釣りに来て、三好達治の...
ラムネ氏のこと 坂口 安吾
10分以内
鮪の茶漬け 北大路 魯山人
10分以内
  2,525 文字
たい茶漬けは世間に流布され、その看板をかけている料理屋...
鮪の茶漬け 北大路 魯山人
10分以内
ざしき童子のはなし 宮沢 賢治
10分以内
  2,062 文字
ぼくらの方の、ざしき童子のはなしです。
ざしき童子のはなし 宮沢 賢治
10分以内
余と万年筆 夏目 漱石
10分以内
  2,902 文字
此間魯庵君に会った時、丸善の店で一日に万年筆が何本位売...
余と万年筆 夏目 漱石
10分以内
赤とんぼ 新美 南吉
10分以内
  3,521 文字
赤とんぼは、三回ほど空をまわって、いつも休む一本の垣根...
赤とんぼ 新美 南吉
10分以内
『吾輩は猫である』中篇自序 夏目 漱石
10分以内
  2,227 文字
「猫」の稿を継ぐときには、大抵初篇と同じ程な枚数に筆を...
『吾輩は猫である』中篇自序 夏目 漱石
10分以内
自作を語る 太宰 治
10分以内
  2,102 文字
私は今日まで、自作に就いて語った事が一度も無い。
自作を語る 太宰 治
10分以内
暁と夕の詩 立原 道造
10分以内
  3,372 文字
※或る風に寄せておまへのことでいつぱいだつた西風よたる...
暁と夕の詩 立原 道造
10分以内
鮎の食い方 北大路 魯山人
10分以内
  2,474 文字
いろいろな事情で、ふつうの家庭では、鮎を美味く食うよう...
鮎の食い方 北大路 魯山人
10分以内