ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった
渡辺 温

『ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった』は渡辺温の短編作品。3,501文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  3,501 文字
人気   38,339 PV
書き出し 居留地女の間ではその晩、私は隣室のアレキサンダー君に案内されて、始めて横浜へ遊びに出かけた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

渡辺 温 の人気作品



短編(10分以内)の人気作品