10分以内で読める菊池寛の短編作品

青空文庫で公開されている菊池寛の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜6件 / 全6件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
易と手相 菊池 寛
10分以内
  2,241 文字
自分が、易や手相のことを書くと笑う人がいるかも知れない...
易と手相 菊池 寛
10分以内
小説家たらんとする青年に与う 菊池 寛
10分以内
  2,766 文字
僕は先ず、「二十五歳未満の者、小説を書くべからず」とい...
小説家たらんとする青年に与う 菊池 寛
10分以内
我が馬券哲学 菊池 寛
10分以内
  2,475 文字
次ぎに載せるのは、自分の馬券哲学である。
我が馬券哲学 菊池 寛
10分以内
差押へられる話 菊池 寛
10分以内
  2,446 文字
私は、所得税に対して不服であつた。
差押へられる話 菊池 寛
10分以内
将棋 菊池 寛
10分以内
  2,938 文字
将棋はとにかく愉快である。
将棋 菊池 寛
10分以内
乱世 菊池 寛
10分以内
  3,799 文字
戊辰正月、鳥羽伏見の戦で、幕軍が敗れたという知らせが、...
乱世 菊池 寛
10分以内