【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

10分以内で読める芥川竜之介の短編作品

青空文庫で公開されている芥川竜之介の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編66作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全66件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
蜘蛛の糸
(1918年)
芥川竜之介
10分以内
  3,236 文字
ある日の事でございます。
蜘蛛の糸 芥川竜之介
10分以内
ある日の事でございます。
蜜柑
(1919年)
芥川竜之介
10分以内
  3,427 文字
或曇つた冬の日暮である。
蜜柑 芥川竜之介
10分以内
或曇つた冬の日暮である。
遺書 芥川竜之介
10分以内
  2,270 文字
僕等人間は一事件の為に容易に自殺などするものではない。
遺書 芥川竜之介
10分以内
僕等人間は一事件の為に容易に自殺などするものではない。
猿蟹合戦
(1923年)
芥川竜之介
10分以内
  2,462 文字
蟹(かに)の握り飯を奪った猿はとうとう蟹に仇(かたき)を取られた。
猿蟹合戦 芥川竜之介
10分以内
蟹(かに)の握り飯を奪った猿はとうとう蟹に仇(かたき)を取られた。
或旧友へ送る手記
(1927年)
芥川竜之介
10分以内
  3,617 文字
誰もまだ自殺者自身の心理をありのままに書いたものはない。
或旧友へ送る手記 芥川竜之介
10分以内
誰もまだ自殺者自身の心理をありのままに書いたものはない。
蜜柑
(1919年)
芥川竜之介
10分以内
  3,436 文字
或(ある)曇った冬の日暮である。
蜜柑 芥川竜之介
10分以内
或(ある)曇った冬の日暮である。
仙人
(1922年)
芥川竜之介
10分以内
  3,616 文字
皆さん。
仙人 芥川竜之介
10分以内
皆さん。
芥川竜之介歌集 芥川竜之介
10分以内
  2,753 文字
目次紫天鵞絨/桐/薔薇/客中恋/若人/砂上遅日紫天鵞絨やはらかく深紫の天鵞絨をなづる心地か春の...
芥川竜之介歌集 芥川竜之介
10分以内
目次紫天鵞絨/桐/薔薇/客中恋/若人/砂上遅日紫天鵞絨やはらかく深紫の天鵞絨をなづる心地か春の暮れゆくいそいそと燕もまへりあたゝかく郵便馬車をぬらす春雨ほの赤く岐阜提灯もともりけり「二つ巴」の春の夕ぐれ(明治座三月狂言)戯奴の紅き上衣に埃の香かすかにしみて春はくれにけりなやましく春は暮れゆく踊り子の金紗の裾に春は暮れゆく春漏の水のひゞきかあるはまた舞姫のうつとほき鼓か(京都旅情)...
魚河岸
(1922年)
芥川竜之介
10分以内
  2,384 文字
去年の春の夜、――と云ってもまだ風の寒い、月の冴(さ)えた夜の九時ごろ、保吉は三人の友だちと、...
魚河岸 芥川竜之介
10分以内
去年の春の夜、――と云ってもまだ風の寒い、月の冴(さ)えた夜の九時ごろ、保吉は三人の友だちと、魚河岸の往来を歩いていた。
恋愛と夫婦愛とを混同しては不可ぬ 芥川竜之介
10分以内
  2,674 文字
媒酌結婚で結構です媒酌結婚と自由結婚との得失といふことは、結局、この二種の結婚様式が結婚後の生...
恋愛と夫婦愛とを混同しては不可ぬ 芥川竜之介
10分以内
媒酌結婚で結構です媒酌結婚と自由結婚との得失といふことは、結局、この二種の結婚様式が結婚後の生活の上に、如何なる幸福を導き出し、如何なる不幸を齎(もたら)すかといふことのやうに解せられる。
沼地
(1919年)
芥川竜之介
10分以内
  2,044 文字
ある雨の降る日の午後であった。
沼地 芥川竜之介
10分以内
ある雨の降る日の午後であった。
鴉片
(1926年)
芥川竜之介
10分以内
  2,942 文字
クロオド・フアレエルの作品を始めて日本に紹介したのは多分堀口大学氏であらう。
鴉片 芥川竜之介
10分以内
クロオド・フアレエルの作品を始めて日本に紹介したのは多分堀口大学氏であらう。
孤独地獄
(1916年)
芥川竜之介
10分以内
  2,873 文字
この話を自分は母から聞いた。
孤独地獄 芥川竜之介
10分以内
この話を自分は母から聞いた。
カルメン
(1926年)
芥川竜之介
10分以内
  2,125 文字
革命前だったか、革命後だったか、――いや、あれは革命前ではない。
カルメン 芥川竜之介
10分以内
革命前だったか、革命後だったか、――いや、あれは革命前ではない。
小説作法十則
(1927年)
芥川竜之介
10分以内
  2,046 文字
小説はあらゆる文芸中、最も非芸術的なるものと心得べし。
小説作法十則 芥川竜之介
10分以内
小説はあらゆる文芸中、最も非芸術的なるものと心得べし。

(1920年)
芥川竜之介
10分以内
  2,249 文字
雌蜘蛛は真夏の日の光を浴びたまま、紅い庚申薔薇の花の底に、じっと何か考えていた。
芥川竜之介
10分以内
雌蜘蛛は真夏の日の光を浴びたまま、紅い庚申薔薇の花の底に、じっと何か考えていた。
仏蘭西文学と僕 芥川竜之介
10分以内
  2,545 文字
僕は中学五年生の時に、ドオデエの「サッフォ」という小説の英訳を読んだ。
仏蘭西文学と僕 芥川竜之介
10分以内
僕は中学五年生の時に、ドオデエの「サッフォ」という小説の英訳を読んだ。
蜜柑
(1919年)
芥川竜之介
10分以内
  3,705 文字
或(ある)曇つた冬の日暮である。
蜜柑 芥川竜之介
10分以内
或(ある)曇つた冬の日暮である。
三つのなぜ
(1927年)
芥川竜之介
10分以内
  3,267 文字
なぜファウストは悪魔に出会ったか?ファウストは神に仕えていた。
三つのなぜ 芥川竜之介
10分以内
なぜファウストは悪魔に出会ったか?ファウストは神に仕えていた。
十本の針
(1927年)
芥川竜之介
10分以内
  2,454 文字
ある人々わたしはこの世の中にある人々のあることを知っている。
十本の針 芥川竜之介
10分以内
ある人々わたしはこの世の中にある人々のあることを知っている。
創作 芥川竜之介
10分以内
  2,588 文字
僕に小説をかけと云ふのかね。
創作 芥川竜之介
10分以内
僕に小説をかけと云ふのかね。
本の事 芥川竜之介
10分以内
  3,254 文字
各国演劇史僕は本が好きだから、本の事を少し書かう。
本の事 芥川竜之介
10分以内
各国演劇史僕は本が好きだから、本の事を少し書かう。
「菊池寛全集」の序 芥川竜之介
10分以内
  2,275 文字
スタンダアルとメリメとを比較した場合、スタンダアルはメリメよりも偉大であるが、メリメよりも芸術...
「菊池寛全集」の序 芥川竜之介
10分以内
スタンダアルとメリメとを比較した場合、スタンダアルはメリメよりも偉大であるが、メリメよりも芸術家ではないと云う。
死後
(1925年)
芥川竜之介
10分以内
  3,412 文字
……僕は床へはいっても、何か本を読まないと、寝つかれない習慣を持っている。
死後 芥川竜之介
10分以内
……僕は床へはいっても、何か本を読まないと、寝つかれない習慣を持っている。
機関車を見ながら
(1927年)
芥川竜之介
10分以内
  2,259 文字
……わたしの子供たちは、機関車の真似をしてゐる。
機関車を見ながら 芥川竜之介
10分以内
……わたしの子供たちは、機関車の真似をしてゐる。
南瓜 芥川竜之介
10分以内
  3,126 文字
何しろ南瓜が人を殺す世の中なんだから、驚くよ。
南瓜 芥川竜之介
10分以内
何しろ南瓜が人を殺す世の中なんだから、驚くよ。
老年
(1914年)
芥川竜之介
10分以内
  3,820 文字
橋場の玉川軒と云(い)う茶式料理屋で、一中節の順講があった。
老年 芥川竜之介
10分以内
橋場の玉川軒と云(い)う茶式料理屋で、一中節の順講があった。
往生絵巻
(1921年)
芥川竜之介
10分以内
  3,707 文字
童やあ、あそこへ妙な法師が来た。
往生絵巻 芥川竜之介
10分以内
童やあ、あそこへ妙な法師が来た。
金将軍
(1924年)
芥川竜之介
10分以内
  3,041 文字
ある夏の日、笠をかぶった僧が二人、朝鮮平安南道竜岡郡桐隅里の田舎道を歩いていた。
金将軍 芥川竜之介
10分以内
ある夏の日、笠をかぶった僧が二人、朝鮮平安南道竜岡郡桐隅里の田舎道を歩いていた。
学校友だち 芥川竜之介
10分以内
  2,986 文字
これは学校友だちのことと言ふも、学校友だちの全部のことにあらず。
学校友だち 芥川竜之介
10分以内
これは学校友だちのことと言ふも、学校友だちの全部のことにあらず。
尾形了斎覚え書
(1917年)
芥川竜之介
10分以内
  3,911 文字
今般、当村内にて、切支丹宗門の宗徒共、邪法を行ひ、人目を惑はし候儀に付き、私見聞致し候次第を、...
尾形了斎覚え書 芥川竜之介
10分以内
今般、当村内にて、切支丹宗門の宗徒共、邪法を行ひ、人目を惑はし候儀に付き、私見聞致し候次第を、逐一公儀へ申上ぐ可き旨、御沙汰相成り候段屹度承知仕り候。

(1917年)
芥川竜之介
10分以内
  2,581 文字
書紀によると、日本では、推古天皇の三十五年春二月、陸奥で始めて、貉(むじな)が人に化けた。
芥川竜之介
10分以内
書紀によると、日本では、推古天皇の三十五年春二月、陸奥で始めて、貉(むじな)が人に化けた。
O君の新秋 芥川竜之介
10分以内
  2,011 文字
僕は膝を抱へながら、洋画家のO君と話してゐた。
O君の新秋 芥川竜之介
10分以内
僕は膝を抱へながら、洋画家のO君と話してゐた。
梅花に対する感情 芥川竜之介
10分以内
  2,056 文字
予等は芸術の士なるが故に、如実に万象を観ざる可らず。
梅花に対する感情 芥川竜之介
10分以内
予等は芸術の士なるが故に、如実に万象を観ざる可らず。
悠々荘
(1927年)
芥川竜之介
10分以内
  2,069 文字
十月のある午後、僕等三人は話し合いながら、松の中の小みちを歩いていた。
悠々荘 芥川竜之介
10分以内
十月のある午後、僕等三人は話し合いながら、松の中の小みちを歩いていた。
拊掌談 芥川竜之介
10分以内
  2,105 文字
名士と家夏目先生の家が売られると云ふ。
拊掌談 芥川竜之介
10分以内
名士と家夏目先生の家が売られると云ふ。
続澄江堂雑記 芥川竜之介
10分以内
  2,151 文字
夏目先生の書僕にも時々夏目先生の書を鑑定してくれろと言ふ人がある。
続澄江堂雑記 芥川竜之介
10分以内
夏目先生の書僕にも時々夏目先生の書を鑑定してくれろと言ふ人がある。
続芭蕉雑記
(1927年)
芥川竜之介
10分以内
  2,154 文字
人僕は芭蕉の漢語にも新しい命を吹き込んだと書いてゐる。
続芭蕉雑記 芥川竜之介
10分以内
人僕は芭蕉の漢語にも新しい命を吹き込んだと書いてゐる。
雑信一束 芥川竜之介
10分以内
  2,191 文字
欧羅巴的漢口この水たまりに映っている英吉利の国旗の鮮さ、――おっと、車子にぶつかるところだった。
雑信一束 芥川竜之介
10分以内
欧羅巴的漢口この水たまりに映っている英吉利の国旗の鮮さ、――おっと、車子にぶつかるところだった。
病中雑記 芥川竜之介
10分以内
  2,209 文字
毎年一二月の間になれば、胃を損じ、腸を害し、更に神経性狭心症に罹(かか)り、鬱々として日を暮ら...
病中雑記 芥川竜之介
10分以内
毎年一二月の間になれば、胃を損じ、腸を害し、更に神経性狭心症に罹(かか)り、鬱々として日を暮らすこと多し。
じゅりあの・吉助
(1919年)
芥川竜之介
10分以内
  2,211 文字
じゅりあの・吉助は、肥前国彼杵郡浦上村の産であった。
じゅりあの・吉助 芥川竜之介
10分以内
じゅりあの・吉助は、肥前国彼杵郡浦上村の産であった。
小説の戯曲化 芥川竜之介
10分以内
  2,377 文字
売文に関する法律は不備を極めてゐるやうである。
小説の戯曲化 芥川竜之介
10分以内
売文に関する法律は不備を極めてゐるやうである。
尼提 芥川竜之介
10分以内
  2,423 文字
舎衛城は人口の多い都である。
尼提 芥川竜之介
10分以内
舎衛城は人口の多い都である。
道祖問答
(1917年)
芥川竜之介
10分以内
  2,493 文字
天王寺の別当、道命阿闍梨は、ひとりそっと床をぬけ出すと、経机の前へにじりよって、その上に乗って...
道祖問答 芥川竜之介
10分以内
天王寺の別当、道命阿闍梨は、ひとりそっと床をぬけ出すと、経机の前へにじりよって、その上に乗っている法華経八の巻を灯の下に繰りひろげた。
プロレタリア文学論 芥川竜之介
10分以内
  2,645 文字
こゝではプロレタリア文学の悪口をいふのではない。
プロレタリア文学論 芥川竜之介
10分以内
こゝではプロレタリア文学の悪口をいふのではない。
ポーの片影 芥川竜之介
10分以内
  2,700 文字
◇ポーとは、ヱドガー、アラン、ポーのことです。
ポーの片影 芥川竜之介
10分以内
◇ポーとは、ヱドガー、アラン、ポーのことです。
出帆
(1916年)
芥川竜之介
10分以内
  2,728 文字
成瀬君君に別れてから、もう一月の余になる。
出帆 芥川竜之介
10分以内
成瀬君君に別れてから、もう一月の余になる。
槍が岳に登った記
(1929年)
芥川竜之介
10分以内
  2,770 文字
赤沢雑木の暗い林を出ると案内者がここが赤沢ですと言った。
槍が岳に登った記 芥川竜之介
10分以内
赤沢雑木の暗い林を出ると案内者がここが赤沢ですと言った。
素描三題 芥川竜之介
10分以内
  2,788 文字
お宗さんお宗さんは髪の毛の薄いためにどこへも縁づかない覚悟をしてゐた。
素描三題 芥川竜之介
10分以内
お宗さんお宗さんは髪の毛の薄いためにどこへも縁づかない覚悟をしてゐた。
春の夜
(1926年)
芥川竜之介
10分以内
  2,816 文字
これは近頃Nさんと云う看護婦に聞いた話である。
春の夜 芥川竜之介
10分以内
これは近頃Nさんと云う看護婦に聞いた話である。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。