10分以内で読める芥川竜之介の短編作品

青空文庫で公開されている芥川竜之介の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品68篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全68件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
蜘蛛の糸芥川竜之介
10分以内
  3,180文字
  ある日の事でございます。
蜘蛛の糸芥川竜之介
10分以内
遺書芥川竜之介
10分以内
  2,057文字
  僕等人間は一事件の為に容易に自殺などするものではない。
遺書芥川竜之介
10分以内
蜜柑芥川竜之介
10分以内
  3,760文字
  或(ある)曇った冬の日暮である。
蜜柑芥川竜之介
10分以内
蜜柑芥川竜之介
10分以内
  3,329文字
  或曇つた冬の日暮である。
蜜柑芥川竜之介
10分以内
猿蟹合戦芥川竜之介
10分以内
  2,417文字
  蟹の握り飯を奪った猿はとうとう蟹に仇を取られた。
猿蟹合戦芥川竜之介
10分以内
或旧友へ送る手記芥川竜之介
10分以内
  3,591文字
  誰もまだ自殺者自身の心理をありのままに書いたものはない。
或旧友へ送る手記芥川竜之介
10分以内
芥川竜之介歌集芥川竜之介
10分以内
  2,743文字
  目次紫天鵞絨/桐/薔薇/客中恋/若人/砂上遅日紫天鵞絨やはら…
芥川竜之介歌集芥川竜之介
10分以内
鴉片芥川竜之介
10分以内
  3,043文字
  クロオド・フアレエルの作品を始めて日本に紹介したのは多分堀口…
鴉片芥川竜之介
10分以内
「菊池寛全集」の序芥川竜之介
10分以内
  2,181文字
 スタンダアルとメリメとを比較した場合、スタンダアルはメリメよ…
「菊池寛全集」の序芥川竜之介
10分以内
一番気乗のする時芥川竜之介
10分以内
  2,302文字
 僕は一体冬はすきだから十一月十二月皆好きだ。
一番気乗のする時芥川竜之介
10分以内
恋愛と夫婦愛とを混同しては不可ぬ芥川竜之介
10分以内
  2,652文字
 媒酌結婚と自由結婚との得失といふことは、結局、この二種の結婚…
恋愛と夫婦愛とを混同しては不可ぬ芥川竜之介
10分以内
学校友だち芥川竜之介
10分以内
  3,526文字
 これは学校友だちのことと言ふも、学校友だちの全部のことにあら…
学校友だち芥川竜之介
10分以内
南瓜芥川竜之介
10分以内
  3,587文字
 何しろ南瓜(かぼちや)が人を殺す世の中なんだから、驚くよ。
南瓜芥川竜之介
10分以内
機関車を見ながら芥川竜之介
10分以内
  2,285文字
 ……わたしの子供たちは、機関車の真似をしてゐる。
機関車を見ながら芥川竜之介
10分以内
仙人芥川竜之介
10分以内
  3,577文字
 皆さん。
仙人芥川竜之介
10分以内
仏蘭西文学と僕芥川竜之介
10分以内
  2,543文字
 僕は中学五年生の時に、ドオデエの「サッフォ」という小説の英訳…
仏蘭西文学と僕芥川竜之介
10分以内
支那の画芥川竜之介
10分以内
  2,109文字
 雲林(うんりん)を見たのは唯一つである。
支那の画芥川竜之介
10分以内
O君の新秋芥川竜之介
10分以内
  2,110文字
 僕は膝(ひざ)を抱(かか)へながら、洋画家のO君と話してゐた…
O君の新秋芥川竜之介
10分以内
プロレタリア文学論芥川竜之介
10分以内
  2,556文字
 こゝではプロレタリア文学の悪口をいふのではない。
プロレタリア文学論芥川竜之介
10分以内
孤独地獄芥川竜之介
10分以内
  2,864文字
 この話を自分は母から聞いた。
孤独地獄芥川竜之介
10分以内
三つのなぜ芥川竜之介
10分以内
  3,145文字
 一 なぜファウストは悪魔に出会ったか?
三つのなぜ芥川竜之介
10分以内
芥川竜之介
10分以内
  2,149文字
 雌蜘蛛は真夏の日の光を浴びたまま、紅い庚申薔薇の花の底に、じ…
芥川竜之介
10分以内
雑信一束芥川竜之介
10分以内
  2,074文字
 この水たまりに映っている英吉利の国旗の鮮(あざやか)さ、――…
雑信一束芥川竜之介
10分以内
魚河岸芥川竜之介
10分以内
  2,326文字
去年の春の夜、――と云ってもまだ風の寒い、月の冴えた夜の九時…
魚河岸芥川竜之介
10分以内
金春会の「隅田川」芥川竜之介
10分以内
  3,382文字
僕は或早春の夜、富士見町の細川侯の舞台へ金春会(こんぱるかい…
金春会の「隅田川」芥川竜之介
10分以内
創作芥川竜之介
10分以内
  2,612文字
僕に小説をかけと云ふのかね。
創作芥川竜之介
10分以内
沼地芥川竜之介
10分以内
  2,036文字
ある雨の降る日の午後であった。
沼地芥川竜之介
10分以内
本の事芥川竜之介
10分以内
  3,947文字
僕は本が好きだから、本の事を少し書かう。
本の事芥川竜之介
10分以内
カルメン芥川竜之介
10分以内
  2,105文字
革命前だったか、革命後だったか、――いや、あれは革命前ではな…
カルメン芥川竜之介
10分以内
死後芥川竜之介
10分以内
  3,369文字
……僕は床へはいっても、何か本を読まないと、寝つかれない習慣…
死後芥川竜之介
10分以内
老年芥川竜之介
10分以内
  3,812文字
橋場の玉川軒と云う茶式料理屋で、一中節の順講があった。
老年芥川竜之介
10分以内
往生絵巻芥川竜之介
10分以内
  3,680文字
童やあ、あそこへ妙な法師が来た。
往生絵巻芥川竜之介
10分以内
金将軍芥川竜之介
10分以内
  2,973文字
ある夏の日、笠をかぶった僧が二人、朝鮮平安南道竜岡郡桐隅里の…
金将軍芥川竜之介
10分以内
尾形了斎覚え書芥川竜之介
10分以内
  3,808文字
今般、当村内にて、切支丹宗門の宗徒共、邪法を行ひ、人目を惑は…
尾形了斎覚え書芥川竜之介
10分以内
芥川竜之介
10分以内
  2,508文字
書紀によると、日本では、推古天皇の三十五年春二月、陸奥で始め…
芥川竜之介
10分以内
長崎小品芥川竜之介
10分以内
  3,073文字
薄暗き硝子戸棚の中。
長崎小品芥川竜之介
10分以内
年末の一日芥川竜之介
10分以内
  3,322文字
………僕は何でも雑木の生えた、寂しい崖の上を歩いて行った。
年末の一日芥川竜之介
10分以内
尼提芥川竜之介
10分以内
  2,371文字
舎衛城は人口の多い都である。
尼提芥川竜之介
10分以内
野呂松人形芥川竜之介
10分以内
  3,449文字
野呂松人形を使うから、見に来ないかと云う招待が突然来た。
野呂松人形芥川竜之介
10分以内
悠々荘芥川竜之介
10分以内
  2,230文字
十月のある午後、僕等三人は話し合いながら、松の中の小みちを歩…
悠々荘芥川竜之介
10分以内
文部省の仮名遣改定案について芥川竜之介
10分以内
  3,390文字
我文部省の仮名遣改定案は既に山田孝雄(よしお)氏の痛撃を加へ…
文部省の仮名遣改定案について芥川竜之介
10分以内
十本の針芥川竜之介
10分以内
  2,436文字
ある人々わたしはこの世の中にある人々のあることを知っている。
十本の針芥川竜之介
10分以内
道祖問答芥川竜之介
10分以内
  2,445文字
天王寺の別当、道命阿闍梨は、ひとりそっと床をぬけ出すと、経机…
道祖問答芥川竜之介
10分以内
廿年後之戦争芥川竜之介
10分以内
  3,369文字
霹靂一声一九二六年四月二十日水曜日の朝端しなくも東京に発表せ…
廿年後之戦争芥川竜之介
10分以内
早春芥川竜之介
10分以内
  3,465文字
大学生の中村は薄い春のオヴァ・コオトの下に彼自身の体温を感じ…
早春芥川竜之介
10分以内
素描三題芥川竜之介
10分以内
  2,735文字
お宗さんお宗さんは髪の毛の薄いためにどこへも縁づかない覚悟を…
素描三題芥川竜之介
10分以内
出帆芥川竜之介
10分以内
  2,735文字
成瀬君君に別れてから、もう一月の余になる。
出帆芥川竜之介
10分以内
樗牛の事芥川竜之介
10分以内
  3,737文字
中学の三年の時だった。
樗牛の事芥川竜之介
10分以内
槍が岳に登った記芥川竜之介
10分以内
  2,747文字
赤沢雑木の暗い林を出ると案内者がここが赤沢ですと言った。
槍が岳に登った記芥川竜之介
10分以内
続芭蕉雑記芥川竜之介
10分以内
  2,144文字
人僕は芭蕉の漢語にも新しい命を吹き込んだと書いてゐる。
続芭蕉雑記芥川竜之介
10分以内