10分以内で読める太宰治の短編作品

青空文庫で公開されている太宰治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品35篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全35件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
川端康成へ太宰治
10分以内
  2,138文字
  あなたは文藝春秋九月号に私への悪口を書いて居られる。
川端康成へ太宰治
10分以内
I can speak太宰治
10分以内
  2,017文字
  くるしさは、忍従の夜。
I can speak太宰治
10分以内
黄金風景太宰治
10分以内
  3,168文字
  私は子供のときには、余り質(たち)のいい方ではなかった。
黄金風景太宰治
10分以内
待つ太宰治
10分以内
  2,103文字
  省線のその小さい駅に、私は毎日、人をお迎えにまいります。
待つ太宰治
10分以内
太宰治
10分以内
  3,218文字
  私は遊ぶ事が何よりも好きなので、家で仕事をしていながらも、友…
太宰治
10分以内
あさましきもの太宰治
10分以内
  2,121文字
 賭弓に、わななく/\久しうありて、はづしたる矢の、もて離れて…
あさましきもの太宰治
10分以内
一日の労苦太宰治
10分以内
  2,608文字
 一月二十二日。
一日の労苦太宰治
10分以内
鬱屈禍太宰治
10分以内
  2,017文字
 この新聞(帝大新聞)の編輯者(へんしゅうしゃ)は、私の小説が…
鬱屈禍太宰治
10分以内
失敗園太宰治
10分以内
  2,626文字
 (わが陋屋(ろうおく)には、六坪ほどの庭があるのだ。
失敗園太宰治
10分以内
思案の敗北太宰治
10分以内
  2,689文字
 ほんとうのことは、あの世で言え、という言葉がある。
思案の敗北太宰治
10分以内
心の王者太宰治
10分以内
  2,343文字
 先日、三田(みた)の、小さい学生さんが二人、私の家に参りまし…
心の王者太宰治
10分以内
三月三十日太宰治
10分以内
  2,037文字
満洲のみなさま。
三月三十日太宰治
10分以内
知らない人太宰治
10分以内
  3,986文字
ことしの正月は、さんざんでありました。
知らない人太宰治
10分以内
津軽地方とチエホフ太宰治
10分以内
  2,223文字
こなひだ三幕の戲曲を書き上げて、それからもつと戲曲を書いてみ…
津軽地方とチエホフ太宰治
10分以内
当選の日太宰治
10分以内
  3,710文字
こんど、國民新聞の短篇小説コンクールに當選したので、その日の…
当選の日太宰治
10分以内
一灯太宰治
10分以内
  3,404文字
芸術家というものは、つくづく困った種族である。
一灯太宰治
10分以内
親という二字太宰治
10分以内
  3,378文字
親という二字と無筆の親は言い。
親という二字太宰治
10分以内
東京だより太宰治
10分以内
  2,747文字
東京は、いま、働く少女で一ぱいです。
東京だより太宰治
10分以内
天狗太宰治
10分以内
  3,910文字
暑い時に、ふいと思い出すのは猿簑(さるみの)の中にある「夏の…
天狗太宰治
10分以内
芸術ぎらい太宰治
10分以内
  2,787文字
魯迅の随筆に、「以前、私は情熱を傾けて支那(しな)の社会を攻…
芸術ぎらい太宰治
10分以内
作家の像太宰治
10分以内
  3,663文字
なんの随筆の十枚くらい書けないわけは無いのであるが、この作家…
作家の像太宰治
10分以内
座興に非ず太宰治
10分以内
  2,003文字
おのれの行く末を思い、ぞっとして、いても立っても居られぬ思い…
座興に非ず太宰治
10分以内
雀こ太宰治
10分以内
  2,546文字
長え長え昔噺(むがしこ)、知らへがな。
雀こ太宰治
10分以内
古典竜頭蛇尾太宰治
10分以内
  2,760文字
きのうきょう、狂せむほどに苦しきこと起り、なすところなく額(…
古典竜頭蛇尾太宰治
10分以内
禁酒の心太宰治
10分以内
  3,798文字
私は禁酒をしようと思っている。
禁酒の心太宰治
10分以内
リイズ太宰治
10分以内
  3,587文字
杉野君は、洋画家である。
リイズ太宰治
10分以内
太宰治
10分以内
  3,775文字
東京の家は爆弾でこわされ、甲府市の妻の実家に移転したが、この…
太宰治
10分以内
列車太宰治
10分以内
  3,301文字
一九二五年に梅鉢工場という所でこしらえられたC五一型のその機…
列車太宰治
10分以内
列車太宰治
10分以内
  3,299文字
一九二五年に梅鉢工場といふ所でこしらへられたC五一型のその機…
列車太宰治
10分以内
多頭蛇哲学太宰治
10分以内
  2,065文字
事態がたいへん複雑になっている。
多頭蛇哲学太宰治
10分以内
答案落第太宰治
10分以内
  2,356文字
「小説修業に就いて語れ。
答案落第太宰治
10分以内
返事太宰治
10分以内
  2,926文字
拝復。
返事太宰治
10分以内
九月十月十一月太宰治
10分以内
  3,430文字
甲州御坂峠の頂上に在る茶店の二階を借りて、長篇小説すこしづつ…
九月十月十一月太宰治
10分以内
このごろ太宰治
10分以内
  3,717文字
南洋パラオ島の汽船會社に勤めてゐる從兄があります。
このごろ太宰治
10分以内
「惜別」の意図太宰治
10分以内
  2,154文字
明治三十五年、當時二十二歳の周樹人(後の世界的文豪、魯迅)が…
「惜別」の意図太宰治
10分以内
金銭の話太宰治
10分以内
  2,361文字
宵越しの金は持たぬなどといふ例の江戸つ子氣質は、いまは國家の…
金銭の話太宰治
10分以内