30分以内で読める太宰治の短編作品

青空文庫で公開されている太宰治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品68篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全68件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
走れメロス太宰治
30分以内
  10,344文字
  メロスは激怒した。
走れメロス太宰治
30分以内
葉桜と魔笛太宰治
30分以内
  6,242文字
  桜が散って、このように葉桜のころになれば、私は、きっと思い出…
葉桜と魔笛太宰治
30分以内
太宰治
30分以内
  10,275文字
  死のうと思っていた。
太宰治
30分以内
桜桃太宰治
30分以内
  5,367文字
  われ、山にむかいて、目を挙ぐ。
桜桃太宰治
30分以内
魚服記太宰治
30分以内
  5,492文字
  本州の北端の山脈は、ぼんじゅ山脈というのである。
魚服記太宰治
30分以内
太宰治
30分以内
  8,723文字
  「戦争が終ったら、こんどはまた急に何々主義だの、何々主義だの…
太宰治
30分以内
猿ヶ島太宰治
30分以内
  6,074文字
  はるばると海を越えて、この島に着いたときの私の憂愁を思い給え…
猿ヶ島太宰治
30分以内
美少女太宰治
30分以内
  6,039文字
  ことしの正月から山梨県、甲府市のまちはずれに小さい家を借り、…
美少女太宰治
30分以内
水仙太宰治
30分以内
  11,746文字
  「忠直卿行状記」という小説を読んだのは、僕が十三か、四のとき…
水仙太宰治
30分以内
十二月八日太宰治
30分以内
  8,288文字
  きょうの日記は特別に、ていねいに書いて置きましょう。
十二月八日太宰治
30分以内
清貧譚太宰治
30分以内
  9,527文字
  以下に記すのは、かの聊斎志異の中の一篇である。
清貧譚太宰治
30分以内
眉山太宰治
30分以内
  7,873文字
 これは、れいの飲食店閉鎖の命令が、未だ発せられない前のお話で…
眉山太宰治
30分以内
太宰治
30分以内
  8,060文字
 菊子さん。
太宰治
30分以内
『井伏鱒二選集』後記太宰治
30分以内
  10,520文字
 ことしの夏、私はすこしからだ具合いを悪くして寝たり起きたり、…
『井伏鱒二選集』後記太宰治
30分以内
雪の夜の話太宰治
30分以内
  4,592文字
 あの日、朝から、雪が降っていたわね。
雪の夜の話太宰治
30分以内
秋風記太宰治
30分以内
  8,436文字
 あの、私は、どんな小説を書いたらいいのだろう。
秋風記太宰治
30分以内
チャンス太宰治
30分以内
  9,135文字
 人生はチャンスだ。
チャンス太宰治
30分以内
美男子と煙草太宰治
30分以内
  4,996文字
 私は、独りで、きょうまでたたかって来たつもりですが、何だかど…
美男子と煙草太宰治
30分以内
家庭の幸福太宰治
30分以内
  9,095文字
 「官僚が悪い」という言葉は、所謂「清く明るくほがらかに」など…
家庭の幸福太宰治
30分以内
メリイクリスマス太宰治
30分以内
  7,263文字
 東京は、哀しい活気を呈していた、とさいしょの書き出しの一行に…
メリイクリスマス太宰治
30分以内
渡り鳥太宰治
30分以内
  7,136文字
 おもてには快楽(けらく)をよそい、心には悩みわずらう。
渡り鳥太宰治
30分以内
灯籠太宰治
30分以内
  6,000文字
 言えば言うほど、人は私を信じて呉(く)れません。
灯籠太宰治
30分以内
老ハイデルベルヒ太宰治
30分以内
  9,293文字
 八年まえの事でありました。
老ハイデルベルヒ太宰治
30分以内
散華太宰治
30分以内
  10,620文字
 玉砕(ぎょくさい)という題にするつもりで原稿用紙に、玉砕と書…
散華太宰治
30分以内
おしゃれ童子太宰治
30分以内
  6,312文字
 子供のころから、お洒落のようでありました。
おしゃれ童子太宰治
30分以内
フォスフォレッスセンス太宰治
30分以内
  4,805文字
 「まあ、綺麗。
フォスフォレッスセンス太宰治
30分以内
兄たち太宰治
30分以内
  8,247文字
 父がなくなったときは、長兄は大学を出たばかりの二十五歳、次兄…
兄たち太宰治
30分以内
おさん太宰治
30分以内
  11,105文字
 たましいの、抜けたひとのように、足音も無く玄関から出て行きま…
おさん太宰治
30分以内
饗応夫人太宰治
30分以内
  7,256文字
 奥さまは、もとからお客に何かと世話を焼き、ごちそうするのが好…
饗応夫人太宰治
30分以内
わが半生を語る太宰治
30分以内
  4,076文字
 私は田舎のいわゆる金持ちと云われる家に生れました。
わが半生を語る太宰治
30分以内
太宰治
30分以内
  9,151文字
イエス其の弟子たちとピリポ・カイザリヤの村々に出でゆき、途に…
太宰治
30分以内
雌に就いて太宰治
30分以内
  5,514文字
フィジー人は其最愛の妻すら、少しく嫌味を覚ゆれば忽ち殺して其…
雌に就いて太宰治
30分以内
俗天使太宰治
30分以内
  8,120文字
晩ごはんを食べていて、そのうちに、私は箸(はし)と茶碗(ちゃ…
俗天使太宰治
30分以内
女神太宰治
30分以内
  7,638文字
れいの、璽光尊とかいうひとの騒ぎの、すこし前に、あれとやや似…
女神太宰治
30分以内
玩具太宰治
30分以内
  4,785文字
どうにかなる。
玩具太宰治
30分以内
喝采太宰治
30分以内
  6,843文字
手招きを受けたる童子いそいそと壇にのぼりつ「書きたくないこと…
喝采太宰治
30分以内
酒ぎらい太宰治
30分以内
  6,061文字
二日つづけて酒を呑んだのである。
酒ぎらい太宰治
30分以内
作家の手帖太宰治
30分以内
  6,100文字
ことしの七夕(たなばた)は、例年になく心にしみた。
作家の手帖太宰治
30分以内
不審庵太宰治
30分以内
  8,391文字
拝啓。
不審庵太宰治
30分以内
故郷太宰治
30分以内
  11,315文字
昨年の夏、私は十年振(ぶ)りで故郷を見た。
故郷太宰治
30分以内
新郎太宰治
30分以内
  6,909文字
一日一日を、たっぷりと生きて行くより他(ほか)は無い。
新郎太宰治
30分以内
碧眼托鉢太宰治
30分以内
  5,917文字
「ボオドレエルに就いて二三枚書く。
碧眼托鉢太宰治
30分以内
困惑の弁太宰治
30分以内
  4,102文字
正直言うと、私は、この雑誌(懸賞界)から原稿書くよう言いつけ…
困惑の弁太宰治
30分以内
太宰治
30分以内
  7,006文字
この津軽へ来たのは、八月。
太宰治
30分以内
たずねびと太宰治
30分以内
  7,583文字
この「東北文学」という雑誌の貴重な紙面の端をわずか拝借して申…
たずねびと太宰治
30分以内
やんぬる哉太宰治
30分以内
  4,823文字
こちら(津軽)へ来てから、昔の、小学校時代の友人が、ちょいち…
やんぬる哉太宰治
30分以内
小さいアルバム太宰治
30分以内
  8,470文字
せっかくおいで下さいましたのに、何もおかまい出来ず、お気の毒…
小さいアルバム太宰治
30分以内
太宰治
30分以内
  8,214文字
イサク、父アブラハムに語りて、父よ、と曰ふ。
太宰治
30分以内
地球図太宰治
30分以内
  7,116文字
ヨワン榎は伴天連ヨワン・バッティスタ・シロオテの墓標である。
地球図太宰治
30分以内
誰も知らぬ太宰治
30分以内
  7,377文字
誰も知ってはいないのですが、――と四十一歳の安井夫人は少し笑…
誰も知らぬ太宰治
30分以内