10分以内で読める横光利一の短編作品

青空文庫で公開されている横光利一の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品9篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全9件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
頭ならびに腹横光利一
10分以内
  2,918文字
  真昼である。
頭ならびに腹横光利一
10分以内
笑われた子横光利一
10分以内
  3,315文字
 吉をどのような人間に仕立てるかということについて、吉の家では…
笑われた子横光利一
10分以内
横光利一
10分以内
  2,652文字
 雨がやむと風もやむだ。
横光利一
10分以内
街の底横光利一
10分以内
  3,334文字
 その街角には靴屋があった。
街の底横光利一
10分以内
夢もろもろ横光利一
10分以内
  2,269文字
私の父は死んだ。
夢もろもろ横光利一
10分以内
横光利一
10分以内
  3,421文字
雨が降りさうである。
横光利一
10分以内
犯罪横光利一
10分以内
  2,418文字
私は寂しくなつて茫然と空でも見詰めてゐる時には、よく無意識に…
犯罪横光利一
10分以内
神馬横光利一
10分以内
  3,139文字
豆台の上へ延ばしてゐた彼の鼻頭へ、廂から流れた陽の光りが落ち…
神馬横光利一
10分以内
琵琶湖横光利一
10分以内
  3,814文字
思ひ出といふものは、誰しも一番夏の思ひ出が多いであらうと思ふ…
琵琶湖横光利一
10分以内