30分以内で読める横光利一の短編作品

青空文庫で公開されている横光利一の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品20篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全20件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
横光利一
30分以内
  4,230文字
  真夏の宿場は空虚であった。
横光利一
30分以内
春は馬車に乗って横光利一
30分以内
  11,905文字
   春は馬車に乗って横光利海浜の松が凩(こがらし)に鳴り始めた…
春は馬車に乗って横光利一
30分以内
蛾はどこにでもゐる横光利一
30分以内
  6,498文字
 たうとう彼の妻は死んだ。
蛾はどこにでもゐる横光利一
30分以内
北京と巴里(覚書)横光利一
30分以内
  7,737文字
芥川龍之介氏は上海へ行くと政治のことばかりに頭が廻って困ると…
北京と巴里(覚書)横光利一
30分以内
火の点いた煙草横光利一
30分以内
  11,074文字
彼は恋愛を軽蔑した。
火の点いた煙草横光利一
30分以内
我等と日本横光利一
30分以内
  4,023文字
本日は、われわれ日本人の多くのものが、長く敬愛して来ましたこ…
我等と日本横光利一
30分以内
睡蓮横光利一
30分以内
  10,449文字
睡蓮(すいれん)横光利もう十四年も前のことである。
睡蓮横光利一
30分以内
作家の生活横光利一
30分以内
  4,179文字
優れた作品を書く方法の一つとして、一日に一度は是非自分がその…
作家の生活横光利一
30分以内
静安寺の碑文横光利一
30分以内
  5,481文字
静安寺の境内は名高い外人墓地である。
静安寺の碑文横光利一
30分以内
比叡横光利一
30分以内
  9,956文字
結婚してから八年にもなるのに、京都へ行くというのは定雄夫妻に…
比叡横光利一
30分以内
ナポレオンと田虫横光利一
30分以内
  9,862文字
ナポレオン・ボナパルトの腹は、チュイレリーの観台の上で、折か…
ナポレオンと田虫横光利一
30分以内
洋灯横光利一
30分以内
  4,300文字
このごろ停電する夜の暗さをかこっている私に知人がランプを持っ…
洋灯横光利一
30分以内
新感覚派とコンミニズム文学横光利一
30分以内
  4,246文字
コンミニズム文学の主張によれば、文壇の総(すべ)てのものは、…
新感覚派とコンミニズム文学横光利一
30分以内
碑文横光利一
30分以内
  5,623文字
雨は降り続いた。
碑文横光利一
30分以内
七階の運動横光利一
30分以内
  6,787文字
今日は昨日の続きである。
七階の運動横光利一
30分以内
静かなる羅列横光利一
30分以内
  6,775文字
Q川はその幼年期の水勢をもつて鋭く山壁を浸蝕した。
静かなる羅列横光利一
30分以内
榛名横光利一
30分以内
  9,425文字
眞夏の日中だのに褞袍(どてら)を着て、その上からまだ毛絲の肩…
榛名横光利一
30分以内
新感覚論横光利一
30分以内
  6,758文字
芸術的効果の感得と云うものは、われわれがより個性を尊重すると…
新感覚論横光利一
30分以内
赤い着物横光利一
30分以内
  4,212文字
村の点燈夫(てんとうふ)は雨の中を帰っていった。
赤い着物横光利一
30分以内
横光利一
30分以内
  9,614文字
火横光利初秋の夜で、雌(めす)のスイトが縁側(えんがわ)の…
横光利一
30分以内