横光利一の全作品

青空文庫で公開されている横光利一の作品57篇を、おすすめ人気順に表示しています。


全57件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
横光利一
30分以内
  4,230文字
  真夏の宿場は空虚であった。
横光利一
30分以内
春は馬車に乗って横光利一
30分以内
  11,905文字
   春は馬車に乗って横光利海浜の松が凩(こがらし)に鳴り始めた…
春は馬車に乗って横光利一
30分以内
機械横光利一
60分以内
  21,674文字
  初めの間は私は私の家の主人が狂人ではないのかとときどき思った…
機械横光利一
60分以内
盲腸横光利一
5分以内
  1,785文字
   盲腸横光利Fは口から血を吐いた。
盲腸横光利一
5分以内
頭ならびに腹横光利一
10分以内
  2,918文字
  真昼である。
頭ならびに腹横光利一
10分以内
旅愁横光利一
1時間〜
  584,039文字
 家を取り壊した庭の中に、白い花をつけた杏の樹がただ一本立って…
旅愁横光利一
1時間〜
笑われた子横光利一
10分以内
  3,315文字
 吉をどのような人間に仕立てるかということについて、吉の家では…
笑われた子横光利一
10分以内
上海横光利一
1時間〜
  152,935文字
 この作品は私の最初の長篇である。
上海横光利一
1時間〜
絶望を与へたる者横光利一
5分以内
  1,519文字
 文学論と云ふものがある。
絶望を与へたる者横光利一
5分以内
花園の思想横光利一
60分以内
  14,529文字
 丘の先端の花の中で、透明な日光室が輝いていた。
花園の思想横光利一
60分以内
横光利一
10分以内
  2,652文字
 雨がやむと風もやむだ。
横光利一
10分以内
蛾はどこにでもゐる横光利一
30分以内
  6,498文字
 たうとう彼の妻は死んだ。
蛾はどこにでもゐる横光利一
30分以内
街の底横光利一
10分以内
  3,334文字
 その街角には靴屋があった。
街の底横光利一
10分以内
馬車横光利一
1時間〜
  30,977文字
 由良は多木の紹介で脳に特効あるという彼の郷里の温泉へ行くこと…
馬車横光利一
1時間〜
梅雨横光利一
5分以内
  1,429文字
 去年の梅雨には曇天が毎日續いた。
梅雨横光利一
5分以内
スフィンクス(覚書)横光利一
60分以内
  12,476文字
 愛を言葉に出して表現するということは日本人には難しい。
スフィンクス(覚書)横光利一
60分以内
日輪横光利一
1時間〜
  56,310文字
 乙女(おとめ)たちの一団は水甕(みずがめ)を頭に載(の)せて…
日輪横光利一
1時間〜
北京と巴里(覚書)横光利一
30分以内
  7,737文字
芥川龍之介氏は上海へ行くと政治のことばかりに頭が廻って困ると…
北京と巴里(覚書)横光利一
30分以内
火の点いた煙草横光利一
30分以内
  11,074文字
彼は恋愛を軽蔑した。
火の点いた煙草横光利一
30分以内
欧洲紀行横光利一
1時間〜
  92,481文字
今さき門司を出た。
欧洲紀行横光利一
1時間〜
我等と日本横光利一
30分以内
  4,023文字
本日は、われわれ日本人の多くのものが、長く敬愛して来ましたこ…
我等と日本横光利一
30分以内
睡蓮横光利一
30分以内
  10,449文字
睡蓮(すいれん)横光利もう十四年も前のことである。
睡蓮横光利一
30分以内
作家の生活横光利一
30分以内
  4,179文字
優れた作品を書く方法の一つとして、一日に一度は是非自分がその…
作家の生活横光利一
30分以内
静安寺の碑文横光利一
30分以内
  5,481文字
静安寺の境内は名高い外人墓地である。
静安寺の碑文横光利一
30分以内
比叡横光利一
30分以内
  9,956文字
結婚してから八年にもなるのに、京都へ行くというのは定雄夫妻に…
比叡横光利一
30分以内
ナポレオンと田虫横光利一
30分以内
  9,862文字
ナポレオン・ボナパルトの腹は、チュイレリーの観台の上で、折か…
ナポレオンと田虫横光利一
30分以内
鵜飼横光利一
5分以内
  1,741文字
どこかで計画しているだろうと思うようなこと、想像で計り知られ…
鵜飼横光利一
5分以内
微笑横光利一
1時間〜
  26,840文字
次の日曜には甲斐(かい)へ行こう。
微笑横光利一
1時間〜
洋灯横光利一
30分以内
  4,300文字
このごろ停電する夜の暗さをかこっている私に知人がランプを持っ…
洋灯横光利一
30分以内
新感覚派とコンミニズム文学横光利一
30分以内
  4,246文字
コンミニズム文学の主張によれば、文壇の総(すべ)てのものは、…
新感覚派とコンミニズム文学横光利一
30分以内
純粋小説論横光利一
60分以内
  13,031文字
もし文芸復興というべきことがあるものなら、純文学にして通俗小…
純粋小説論横光利一
60分以内
夢もろもろ横光利一
10分以内
  2,269文字
私の父は死んだ。
夢もろもろ横光利一
10分以内
汚ない家横光利一
5分以内
  1,746文字
地震以後家に困つた。
汚ない家横光利一
5分以内
罌粟の中横光利一
60分以内
  17,282文字
罌粟(けし)の中横光利しばらく芝生の堤が眼の高さでつづいた…
罌粟の中横光利一
60分以内
厨房日記横光利一
1時間〜
  24,226文字
厨房(ちゅうぼう)日記横光利こういう事があったと梶(かじ)…
厨房日記横光利一
1時間〜
詩集『花電車』序横光利一
5分以内
  1,542文字
今まで、私は詩集を読んでゐて、涙が流れたといふことはない。
詩集『花電車』序横光利一
5分以内
マルクスの審判横光利一
60分以内
  13,355文字
市街を貫いて来た一条の道路が遊廓街へ入らうとする首の所を鉄道…
マルクスの審判横光利一
60分以内
横光利一
10分以内
  3,421文字
雨が降りさうである。
横光利一
10分以内
犯罪横光利一
10分以内
  2,418文字
私は寂しくなつて茫然と空でも見詰めてゐる時には、よく無意識に…
犯罪横光利一
10分以内
碑文横光利一
30分以内
  5,623文字
雨は降り続いた。
碑文横光利一
30分以内
神馬横光利一
10分以内
  3,139文字
豆台の上へ延ばしてゐた彼の鼻頭へ、廂から流れた陽の光りが落ち…
神馬横光利一
10分以内
黙示のページ横光利一
5分以内
  1,223文字
終始末期を連続しつつ、愚な時計の振り子の如く反動するものは文…
黙示のページ横光利一
5分以内
夜の靴横光利一
1時間〜
  109,409文字
駈けて来る足駄(あしだ)の音が庭石に躓(つまず)いて一度よろ…
夜の靴横光利一
1時間〜
冬の女横光利一
5分以内
  1,389文字
冬の女横光利女が一人籬(まがき)を越してぼんやりと隣家の庭…
冬の女横光利一
5分以内
七階の運動横光利一
30分以内
  6,787文字
今日は昨日の続きである。
七階の運動横光利一
30分以内
一条の詭弁横光利一
5分以内
  1,283文字
その夫婦はもう十年も一緒に棲んで来た。
一条の詭弁横光利一
5分以内
無常の風横光利一
5分以内
  1,648文字
幼い頃、「無常の風が吹いて来ると人が死ぬ」と母は云つた。
無常の風横光利一
5分以内
静かなる羅列横光利一
30分以内
  6,775文字
Q川はその幼年期の水勢をもつて鋭く山壁を浸蝕した。
静かなる羅列横光利一
30分以内
琵琶湖横光利一
10分以内
  3,814文字
思ひ出といふものは、誰しも一番夏の思ひ出が多いであらうと思ふ…
琵琶湖横光利一
10分以内
榛名横光利一
30分以内
  9,425文字
眞夏の日中だのに褞袍(どてら)を着て、その上からまだ毛絲の肩…
榛名横光利一
30分以内