🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める梶井基次郎の中編作品

青空文庫で公開されている梶井基次郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編4作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜4件 / 全4件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
城のある町にて
(1925年)
梶井基次郎
60分以内
  20,820 文字
ある午後「高いとこの眺めは、アアッ(と咳(せき)をして)また格段でごわすな」片手に洋傘、片手に...
城のある町にて 梶井基次郎
ある午後「高いとこの眺めは、アアッ(と咳(せき)をして)また格段でごわすな」片手に洋傘、片手に扇子と日本手拭を持っている。
冬の日
(1927年)
梶井基次郎
60分以内
  12,779 文字
季節は冬至に間もなかった。
冬の日 梶井基次郎
季節は冬至に間もなかった。
ある崖上の感情
(1928年)
梶井基次郎
60分以内
  12,088 文字
ある蒸し暑い夏の宵のことであった。
ある崖上の感情 梶井基次郎
ある蒸し暑い夏の宵のことであった。
のんきな患者
(1932年)
梶井基次郎
60分以内
  18,422 文字
吉田は肺が悪い。
のんきな患者 梶井基次郎
吉田は肺が悪い。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。