30分以内で読める牧野信一の短編作品

青空文庫で公開されている牧野信一の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品89篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全89件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
地球儀牧野信一
30分以内
  4,436文字
  祖父の十七年の法要があるから帰れ――という母からの手紙で、私…
地球儀牧野信一
30分以内
地球儀牧野信一
30分以内
  4,145文字
 祖父の十七年の法要があるから帰れ――といふ母からの手紙で、私…
地球儀牧野信一
30分以内
女優牧野信一
30分以内
  8,954文字
文科大学生の戸田の神経衰弱症が日増に亢進してゐる模様だつたの…
女優牧野信一
30分以内
好色夢牧野信一
30分以内
  6,527文字
父の十三回忌が一昨年と思はれ、たしかその歿後の翌年と回想され…
好色夢牧野信一
30分以内
城ヶ島の春牧野信一
30分以内
  4,073文字
城ヶ島といふと、たゞちに北原白秋さんを連想する――といふより…
城ヶ島の春牧野信一
30分以内
父を売る子牧野信一
30分以内
  10,237文字
彼は、自分の父親を取りいれた短篇小説を続けて二つ書いた。
父を売る子牧野信一
30分以内
くもり日つゞき牧野信一
30分以内
  5,701文字
外に出るのは誰も具合が悪かつた。
くもり日つゞき牧野信一
30分以内
サンニー・サイド・ハウス牧野信一
30分以内
  4,108文字
火をいれた誘蛾灯が机の上に置いてあります。
サンニー・サイド・ハウス牧野信一
30分以内
ブロンズまで牧野信一
30分以内
  4,806文字
Dと村長がR子のことで月夜の晩に川べりの茶屋で格闘を演じた。
ブロンズまで牧野信一
30分以内
ランプの便り牧野信一
30分以内
  4,280文字
「おや/\、もうランプを点ける頃なの、何とまあ日が短いことだ…
ランプの便り牧野信一
30分以内
鸚鵡のゐる部屋牧野信一
30分以内
  4,362文字
「今日は――」も知らなかつた。
鸚鵡のゐる部屋牧野信一
30分以内
階段牧野信一
30分以内
  6,323文字
川瀬美奈子――。
階段牧野信一
30分以内
海路牧野信一
30分以内
  4,754文字
ナイフや皿の用意をととのへながら、母は登志子を促した。
海路牧野信一
30分以内
川を遡りて牧野信一
30分以内
  4,455文字
私たちは、その村で一軒の農家を借りうけ、そして裏山の櫟林の中…
川を遡りて牧野信一
30分以内
繰舟で往く家牧野信一
30分以内
  4,970文字
艪を漕ぐのには川底が浅すぎる、棹をさすのには流れが速すぎる―…
繰舟で往く家牧野信一
30分以内
凩日記牧野信一
30分以内
  4,170文字
心象の飛躍を索め、生活の変貌を翹望する――斯ういふ意味のこと…
凩日記牧野信一
30分以内
山峡の村にて牧野信一
30分以内
  4,301文字
その村は、東京から三時間もかゝらぬ遠さであり、私が長い間住な…
山峡の村にて牧野信一
30分以内
祝福された星の歌牧野信一
30分以内
  4,291文字
麓の村から五哩あまり、馬の背で踏み入る森林地帯の山奥――苔む…
祝福された星の歌牧野信一
30分以内
滝のある村牧野信一
30分以内
  4,047文字
僕はね、親父たちが何といつたつて、キエ、お前と、結婚するよ……
滝のある村牧野信一
30分以内
痴酔記牧野信一
30分以内
  9,297文字
千九百三十年、クリスマスにちかき頃――。
痴酔記牧野信一
30分以内
塚越の話牧野信一
30分以内
  4,407文字
「塚越の奴は、――教室でラヴ・レターを書いてゐたさうだ――。
塚越の話牧野信一
30分以内
肉桂樹牧野信一
30分以内
  5,747文字
枳殻(からたち)の生垣に、烏瓜の赤い実が鮮やかであつた。
肉桂樹牧野信一
30分以内
病状牧野信一
30分以内
  11,467文字
凍てついた寒い夜がつゞいてゐた。
病状牧野信一
30分以内
冬物語牧野信一
30分以内
  4,058文字
その田舎の、K家といふ閑静な屋敷を訪れて、私は四五年振りでそ…
冬物語牧野信一
30分以内
幽霊の出る宮殿牧野信一
30分以内
  5,822文字
わたしはこの四五年来、少くとも一年のうちに二回以上は、全く天…
幽霊の出る宮殿牧野信一
30分以内
サロメと体操牧野信一
30分以内
  4,044文字
学生であつた私は春の休暇で故郷の町に帰つてゐたが、うちでは勉…
サロメと体操牧野信一
30分以内
パンアテナイア祭の夢牧野信一
30分以内
  5,524文字
野菜を積んだ馬車を駆つて、朝毎に遠い町の市場へ通ふのが若者の…
パンアテナイア祭の夢牧野信一
30分以内
ベツコウ蜂牧野信一
30分以内
  10,857文字
ひとりのスパルタの旅人が述べてゐた。
ベツコウ蜂牧野信一
30分以内
鵞鳥の家牧野信一
30分以内
  7,971文字
冬のお休みになつたら今年もまた兄さん達といつしよに赤倉のスキ…
鵞鳥の家牧野信一
30分以内
奇友往来牧野信一
30分以内
  10,191文字
いつも私はひとりで、教室の一番うしろの席について、うつらうつ…
奇友往来牧野信一
30分以内
木枯の吹くころ牧野信一
30分以内
  9,392文字
そとは光りに洗はれた月夜である。
木枯の吹くころ牧野信一
30分以内
泉岳寺附近牧野信一
30分以内
  10,614文字
泉岳寺前の居酒屋の隅で私が、こつぷ酒を睨めながら瞑想に耽つて…
泉岳寺附近牧野信一
30分以内
日本橋牧野信一
30分以内
  10,420文字
(第一日)快晴――私は八時に起床して、いでたちをとゝのへ、首…
日本橋牧野信一
30分以内
風媒結婚牧野信一
30分以内
  6,966文字
この望遠鏡製作所に勤めて、もう半年あまり経ち、飽性(あきしや…
風媒結婚牧野信一
30分以内
風流旅行牧野信一
30分以内
  7,192文字
一ヶ月あまりは、またそれで旅に暮しても十分とおもつてゐたのに…
風流旅行牧野信一
30分以内
船の中の鼠牧野信一
30分以内
  11,865文字
都を遠く離れた或る片田舎の森蔭で、その頃私は三人の友達と共に…
船の中の鼠牧野信一
30分以内
街角牧野信一
30分以内
  8,053文字
郊外に間借りをしてゐた森野が或る夕方ステツキをグル/\回しな…
街角牧野信一
30分以内
真夏の朝のひとゝき牧野信一
30分以内
  8,425文字
芝区で、二本榎の谷間に部屋を借りてゐた。
真夏の朝のひとゝき牧野信一
30分以内
夜見の巻牧野信一
30分以内
  10,768文字
私は夏の中頃から、鬼涙(きなだ)村の宇土酒造所に客となつて膜…
夜見の巻牧野信一
30分以内
夜の奇蹟牧野信一
30分以内
  11,388文字
海辺の連中は雨が降ると皆な池部の家に集まるのが慣ひだつた。
夜の奇蹟牧野信一
30分以内
裸虫抄牧野信一
30分以内
  11,407文字
横須賀にゐる妹(彼の妻の)のところで、当分彼の息子をあづかり…
裸虫抄牧野信一
30分以内
露路の友牧野信一
30分以内
  11,258文字
おそく帰る時には兵野(へいの)は玄関からでなしに、庭をまはつ…
露路の友牧野信一
30分以内
タンタレスの春牧野信一
30分以内
  8,467文字
その頃ナンシーは、土曜から日曜にかけて毎週きまつて私を横浜か…
タンタレスの春牧野信一
30分以内
ラガド大学参観記牧野信一
30分以内
  9,775文字
往来で騒いでゐる声が何うも自分を呼んでゐるらしく思はれるので…
ラガド大学参観記牧野信一
30分以内
雪景色牧野信一
30分以内
  11,607文字
滝は、あまり創作(小説)のことばかり想つてゐるのが重苦しくな…
雪景色牧野信一
30分以内
昔の歌留多牧野信一
30分以内
  8,324文字
三月もかゝると云はれてゐる病院へ滝は、毎日、日暮時に通つてゐ…
昔の歌留多牧野信一
30分以内
舞踏会余話牧野信一
30分以内
  9,842文字
川の向ひ側の山裾の芝原では、恰度山の神様の祭りの野宴がはじま…
舞踏会余話牧野信一
30分以内
冬の風鈴牧野信一
30分以内
  10,761文字
前日中に脱稿してしまはうと思つてゐた筈の小説が、おそらく五分…
冬の風鈴牧野信一
30分以内
陽に酔つた風景牧野信一
30分以内
  7,379文字
鶴子からの手紙だつたので彼は、勇んでY村行の軽便鉄道に乗つた…
陽に酔つた風景牧野信一
30分以内
晩春の健康牧野信一
30分以内
  7,371文字
羽根蒲団の上に寝ころんでゐるやうだ――などゝ私は思つた位でし…
晩春の健康牧野信一
30分以内