30分以内で読める牧野信一の短編作品

青空文庫で公開されている牧野信一の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編91作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全91件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
地球儀 牧野 信一
30分以内
  4,697 文字
祖父の十七年の法要があるから帰れ――という母からの手紙...
地球儀 牧野 信一
30分以内
地球儀 牧野 信一
30分以内
  4,588 文字
祖父の十七年の法要があるから帰れ――といふ母からの手紙...
地球儀 牧野 信一
30分以内
女優 牧野 信一
30分以内
  9,302 文字
文科大学生の戸田の神経衰弱症が日増に亢進してゐる模様だ...
女優 牧野 信一
30分以内
好色夢 牧野 信一
30分以内
  6,901 文字
回想父の十三回忌が一昨年と思はれ、たしかその歿後の翌年...
好色夢 牧野 信一
30分以内
出発 牧野 信一
30分以内
  4,123 文字
(A)「風よ風よ、吾を汝が立琴となせ、彼の森の如く――...
出発 牧野 信一
30分以内
三田に来て 牧野 信一
30分以内
  4,155 文字
結廬古城下時登古城上古城非疇昔今人自来往坂を登り、また...
三田に来て 牧野 信一
30分以内
城ヶ島の春 牧野 信一
30分以内
  4,173 文字
城ヶ島といふと、たゞちに北原白秋さんを連想する――とい...
城ヶ島の春 牧野 信一
30分以内
馬車の歌 牧野 信一
30分以内
  4,187 文字
佗しい村住ひの僕等が、ある日、隣り町の食糧品店に急用が...
馬車の歌 牧野 信一
30分以内
駆ける朝 牧野 信一
30分以内
  4,191 文字
「苦労」は後から後から、いくらでもおし寄せてくる。
駆ける朝 牧野 信一
30分以内
城ヶ島の春 牧野 信一
30分以内
  4,202 文字
城ヶ島といふと、たゞちに北原白秋さんを連想する――とい...
城ヶ島の春 牧野 信一
30分以内
岬の春霞 牧野 信一
30分以内
  4,207 文字
いつまでつゞくか、仮寝の宿――わたしは、そのとき横須賀...
岬の春霞 牧野 信一
30分以内
若い作家と蠅 牧野 信一
30分以内
  4,207 文字
ある時は――苔のない心うれしい心くもつた心――悲しい心。
若い作家と蠅 牧野 信一
30分以内
喧嘩咄 牧野 信一
30分以内
  4,208 文字
ちかごろ或る日、十何年も他所にあづけ放してあるトランク...
喧嘩咄 牧野 信一
30分以内
冬物語 牧野 信一
30分以内
  4,210 文字
その田舎の、K家といふ閑静な屋敷を訪れて、私は四五年振...
冬物語 牧野 信一
30分以内
駒鳥の胸 牧野 信一
30分以内
  4,232 文字
花園の春「黄金の羽虫、どこから来たの。
駒鳥の胸 牧野 信一
30分以内
サロメと体操 牧野 信一
30分以内
  4,244 文字
学生であつた私は春の休暇で故郷の町に帰つてゐたが、うち...
サロメと体操 牧野 信一
30分以内
書斎を棄てゝ 牧野 信一
30分以内
  4,253 文字
もうわたしは、余程久しい以前から定つた自分の部屋といふ...
書斎を棄てゝ 牧野 信一
30分以内
湖の夢 牧野 信一
30分以内
  4,267 文字
友人である医学士のF君が、オースチンを購入したので、案...
湖の夢 牧野 信一
30分以内
黄昏の堤 牧野 信一
30分以内
  4,269 文字
小樽は、読みかけてゐるギリシヤ悲劇の中途で幾つかの語学...
黄昏の堤 牧野 信一
30分以内
センチメンタル・ドライヴ 牧野 信一
30分以内
  4,277 文字
「弾け!弾け!その手風琴で沢山だ。
センチメンタル・ドライヴ 牧野 信一
30分以内
山峡の凧 牧野 信一
30分以内
  4,292 文字
百足凧と称する奇怪なかたちの凧は、殆ど人に知られてゐな...
山峡の凧 牧野 信一
30分以内
その村を憶ひて 牧野 信一
30分以内
  4,337 文字
怒田村のこと鬼涙、寄生木、夜見、五郎丸、鬼柳、深堀、怒...
その村を憶ひて 牧野 信一
30分以内
滝のある村 牧野 信一
30分以内
  4,354 文字
僕はね、親父たちが何といつたつて、キエ、お前と、結婚す...
滝のある村 牧野 信一
30分以内
凩日記 牧野 信一
30分以内
  4,360 文字
*心象の飛躍を索め、生活の変貌を翹望する――斯ういふ意...
凩日記 牧野 信一
30分以内
サンニー・サイド・ハウス 牧野 信一
30分以内
  4,362 文字
………………火をいれた誘蛾灯が机の上に置いてあります。
サンニー・サイド・ハウス 牧野 信一
30分以内
祝福された星の歌 牧野 信一
30分以内
  4,498 文字
麓の村から五哩あまり、馬の背で踏み入る森林地帯の山奥―...
祝福された星の歌 牧野 信一
30分以内
牧野 信一
30分以内
  4,511 文字
若しも貴方が妾に裏切るやうな事があれば、妾は屹度貴方を...
牧野 信一
30分以内
ランプの便り 牧野 信一
30分以内
  4,576 文字
「おや/\、もうランプを点ける頃なの、何とまあ日が短い...
ランプの便り 牧野 信一
30分以内
或るハイカーの記 牧野 信一
30分以内
  4,664 文字
適量の日本酒を静かに吟味しながら愛用してゐれば、凡そ健...
或るハイカーの記 牧野 信一
30分以内
山峡の村にて 牧野 信一
30分以内
  4,673 文字
その村は、東京から三時間もかゝらぬ遠さであり、私が長い...
山峡の村にて 牧野 信一
30分以内
川を遡りて 牧野 信一
30分以内
  4,709 文字
私たちは、その村で一軒の農家を借りうけ、そして裏山の櫟...
川を遡りて 牧野 信一
30分以内
鸚鵡のゐる部屋 牧野 信一
30分以内
  4,712 文字
フロラが飼つてゐる鸚鵡は、好く人に慣れてゐて籠から出し...
鸚鵡のゐる部屋 牧野 信一
30分以内
川蒸気は昔のまゝ 牧野 信一
30分以内
  4,734 文字
さあ、これから宿へ帰つて「東京見物記」といふ記事を書く...
川蒸気は昔のまゝ 牧野 信一
30分以内
塚越の話 牧野 信一
30分以内
  4,761 文字
「塚越の奴は、――教室でラヴ・レターを書いてゐたさうだ――。
塚越の話 牧野 信一
30分以内
エハガキの激賞文 牧野 信一
30分以内
  5,088 文字
友を訪ねて僕は一ト頃外国製のエハガキを集めたことがある...
エハガキの激賞文 牧野 信一
30分以内
海路 牧野 信一
30分以内
  5,106 文字
「登志さん、果物でも持つて行つたらどうなの、雑誌ばかり...
海路 牧野 信一
30分以内
ブロンズまで 牧野 信一
30分以内
  5,210 文字
追跡の話Dと村長がR子のことで月夜の晩に川べりの茶屋で...
ブロンズまで 牧野 信一
30分以内
繰舟で往く家 牧野 信一
30分以内
  5,227 文字
春来頻リニ到ル宋家の東袖ヲ垂レ懐ヲ開キテ好風ヲ待ツ艪を...
繰舟で往く家 牧野 信一
30分以内
喜劇考 牧野 信一
30分以内
  5,294 文字
KATA-KOMASドリアン――彼女は私達の愛馬の名前...
喜劇考 牧野 信一
30分以内
卓上演説 牧野 信一
30分以内
  5,419 文字
おゝ皆さん、今宵、この真夏の夜の夢の、いとも花やかなる...
卓上演説 牧野 信一
30分以内
月評 牧野 信一
30分以内
  5,689 文字
読むのがのろいからと心配して――これで僕は四ヶ月もつゞ...
月評 牧野 信一
30分以内
お蝶の訪れ 牧野 信一
30分以内
  5,832 文字
いま時分に、まだ花のあるところなんてあるのかしら?――...
お蝶の訪れ 牧野 信一
30分以内
極夜の記 牧野 信一
30分以内
  5,907 文字
静かな、初秋の夜である。
極夜の記 牧野 信一
30分以内
パンアテナイア祭の夢 牧野 信一
30分以内
  6,010 文字
堤の白明野菜を積んだ馬車を駆つて、朝毎に遠い町の市場へ...
パンアテナイア祭の夢 牧野 信一
30分以内
或る五月の朝の話 牧野 信一
30分以内
  6,026 文字
「シン!シン!」夢の中で彼は、さう自分の名前を呼ばれて...
或る五月の朝の話 牧野 信一
30分以内
くもり日つゞき 牧野 信一
30分以内
  6,035 文字
歌合せ外に出るのは誰も具合が悪かつた。
くもり日つゞき 牧野 信一
30分以内
幽霊の出る宮殿 牧野 信一
30分以内
  6,095 文字
わたしはこの四五年来、少くとも一年のうちに二回以上は、...
幽霊の出る宮殿 牧野 信一
30分以内
肉桂樹 牧野 信一
30分以内
  6,115 文字
枳殻の生垣に、烏瓜の赤い実が鮮やかであつた。
肉桂樹 牧野 信一
30分以内
牧野 信一
30分以内
  6,212 文字
寒い晩だつた。
牧野 信一
30分以内
牧野 信一
30分以内
  6,390 文字
「まア随分暫らくでしたね。
牧野 信一
30分以内