悟浄歎異
中島 敦

『悟浄歎異』は中島敦の中編作品。13,325文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  13,325 文字
人気   31,731 PV
書き出し 昼餉ののち、師父が道ばたの松の樹の下でしばらく憩うておられる間、悟空は八戒を近くの原っぱに連出して、変身の術の練習をさせていた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

中島 敦 の人気作品



中編(60分以内)の人気作品