60分以内で読める国木田独歩の中編作品

青空文庫で公開されている国木田独歩の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品11篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全11件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
武蔵野国木田独歩
60分以内
  16,624文字
  「武蔵野の俤は今わずかに入間郡に残れり」と自分は文政年間にで…
武蔵野国木田独歩
60分以内
牛肉と馬鈴薯国木田独歩
60分以内
  17,171文字
 明治倶楽部とて芝区桜田本郷町のお堀辺に西洋作の余り立派ではな…
牛肉と馬鈴薯国木田独歩
60分以内
日の出国木田独歩
60分以内
  23,715文字
 某(なにがし)法學士(はふがくし)洋行(やうかう)の送別會(…
日の出国木田独歩
60分以内
わかれ国木田独歩
60分以内
  14,918文字
 わが青年(わかもの)の名を田宮峰二郎(たみやみねじろう)と呼…
わかれ国木田独歩
60分以内
富岡先生国木田独歩
60分以内
  19,130文字
 何公爵(こうしゃく)の旧領地とばかり、詳細(くわし)い事は言…
富岡先生国木田独歩
60分以内
湯ヶ原ゆき国木田独歩
60分以内
  16,307文字
定(さだ)めし今(いま)時分(じぶん)は閑散(ひま)だらうと…
湯ヶ原ゆき国木田独歩
60分以内
源おじ国木田独歩
60分以内
  12,483文字
上都より一人の年若き教師下りきたりて佐伯の子弟に語学教うるこ…
源おじ国木田独歩
60分以内
運命論者国木田独歩
60分以内
  18,904文字
秋の中過、冬近くなると何れの海浜を問ず、大方は淋れて来る、鎌…
運命論者国木田独歩
60分以内
おとずれ国木田独歩
60分以内
  16,333文字
五月二日付の一通、同十日付一通、同二十五日付の一通、以上三通…
おとずれ国木田独歩
60分以内
郊外国木田独歩
60分以内
  12,841文字
時田(ときだ)先生、名は立派なれど村立(そんりつ)小学校の教…
郊外国木田独歩
60分以内
竹の木戸国木田独歩
60分以内
  15,659文字
大庭(おおば)真蔵という会社員は東京郊外に住んで京橋区辺の事…
竹の木戸国木田独歩
60分以内