国木田独歩の全作品

青空文庫で公開されている国木田独歩の全作品を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜45件 / 全45件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
武蔵野 国木田 独歩
60分以内
  16,624 文字
「武蔵野の俤は今わずかに入間郡に残れり」と自分は文政年...
武蔵野 国木田 独歩
60分以内
忘れえぬ人々 国木田 独歩
30分以内
  10,260 文字
多摩川の二子の渡しをわたって少しばかり行くと溝口という...
忘れえぬ人々 国木田 独歩
30分以内
春の鳥 国木田 独歩
30分以内
  8,159 文字
今より六七年前、私はある地方に英語と数学の教師をしてい...
春の鳥 国木田 独歩
30分以内
非凡なる凡人 国木田 独歩
30分以内
  9,193 文字
上五六人の年若い者が集まって互いに友の上を噂しあったこ...
非凡なる凡人 国木田 独歩
30分以内
牛肉と馬鈴薯 国木田 独歩
60分以内
  17,171 文字
明治倶楽部とて芝区桜田本郷町のお堀辺に西洋作の余り立派...
牛肉と馬鈴薯 国木田 独歩
60分以内
鹿狩り 国木田 独歩
30分以内
  8,164 文字
『鹿狩りに連れて行こうか』と中根の叔父が突然に言ったの...
鹿狩り 国木田 独歩
30分以内
わかれ 国木田 独歩
60分以内
  12,653 文字
わが青年の名を田宮峰二郎と呼び、かれが住む茅屋は丘の半...
わかれ 国木田 独歩
60分以内
まぼろし 国木田 独歩
30分以内
  5,337 文字
絶望文造は約束どおり、その晩は訪問しないで、次の日の昼...
まぼろし 国木田 独歩
30分以内
小春 国木田 独歩
30分以内
  10,748 文字
※(たの)一※(たの)十一月某日、自分は朝から書斎にこ...
小春 国木田 独歩
30分以内
初恋 国木田 独歩
10分以内
  2,467 文字
僕の十四の時であった。
初恋 国木田 独歩
10分以内
遺言 国木田 独歩
10分以内
  2,832 文字
今度の戦で想い出した、多分太沽沖にあるわが軍艦内にも同...
遺言 国木田 独歩
10分以内
詩想 国木田 独歩
5分以内
  1,291 文字
丘の白雲大空に漂う白雲の一つあり。
詩想 国木田 独歩
5分以内
国木田 独歩
10分以内
  2,294 文字
都に程近き田舎に年わかき詩人住みけり。
国木田 独歩
10分以内
初孫 国木田 独歩
10分以内
  2,335 文字
この度は貞夫に結構なる御品御贈り下されありがたく存じ候...
初孫 国木田 独歩
10分以内
都の友へ、B生より 国木田 独歩
10分以内
  2,492 文字
(前略)久しぶりで孤獨の生活を行つて居る、これも病氣の...
都の友へ、B生より 国木田 独歩
10分以内
疲労 国木田 独歩
10分以内
  2,824 文字
京橋区三十間堀に大来館という宿屋がある、まず上等の部類...
疲労 国木田 独歩
10分以内
怠惰屋の弟子入り 国木田 独歩
10分以内
  3,624 文字
亞弗利加洲にアルゼリヤといふ國がある、凡そ世界中此國の...
怠惰屋の弟子入り 国木田 独歩
10分以内
たき火 国木田 独歩
30分以内
  4,012 文字
北風を背になし、枯草白き砂山の崕に腰かけ、足なげいだし...
たき火 国木田 独歩
30分以内
石清虚 国木田 独歩
30分以内
  4,135 文字
雲飛といふ人は盆石を非常に愛翫した奇人で、人々から石狂...
石清虚 国木田 独歩
30分以内
節操 国木田 独歩
30分以内
  4,725 文字
『房、奥様の出る時何とか言つたかい。
節操 国木田 独歩
30分以内
画の悲み 国木田 独歩
30分以内
  5,130 文字
画を好かぬ小供は先ず少ないとしてその中にも自分は小供の...
画の悲み 国木田 独歩
30分以内
画の悲み 国木田 独歩
30分以内
  5,221 文字
畫を好かぬ小供は先づ少ないとして其中にも自分は小供の時...
画の悲み 国木田 独歩
30分以内
号外 国木田 独歩
30分以内
  5,791 文字
ぼろ洋服を着た男爵加藤が、今夜もホールに現われている。
号外 国木田 独歩
30分以内
湯ヶ原より 国木田 独歩
30分以内
  5,814 文字
内山君足下何故そう急に飛び出したかとの君の質問は御尤である。
湯ヶ原より 国木田 独歩
30分以内
少年の悲哀 国木田 独歩
30分以内
  5,823 文字
少年の歡喜が詩であるならば、少年の悲哀も亦た詩である。
少年の悲哀 国木田 独歩
30分以内
少年の悲哀 国木田 独歩
30分以内
  6,279 文字
少年の歓喜が詩であるならば、少年の悲哀もまた詩である。
少年の悲哀 国木田 独歩
30分以内
窮死 国木田 独歩
30分以内
  6,883 文字
九段坂の最寄にけちなめし屋がある。
窮死 国木田 独歩
30分以内
二老人 国木田 独歩
30分以内
  7,023 文字
上秋は小春のころ、石井という老人が日比谷公園のベンチに...
二老人 国木田 独歩
30分以内
あの時分 国木田 独歩
30分以内
  7,177 文字
さて、明治の御代もいや栄えて、あの時分はおもしろかった...
あの時分 国木田 独歩
30分以内
置土産 国木田 独歩
30分以内
  7,377 文字
餅は円形きが普通なるわざと三角にひねりて客の目を惹かん...
置土産 国木田 独歩
30分以内
夜の赤坂 国木田 独歩
30分以内
  7,563 文字
東京の夜の有様を話して呉れとの諸君のお望、可しい、話し...
夜の赤坂 国木田 独歩
30分以内
二少女 国木田 独歩
30分以内
  8,219 文字
上夏の初、月色街に満つる夜の十時ごろ、カラコロと鼻緒の...
二少女 国木田 独歩
30分以内
河霧 国木田 独歩
30分以内
  8,359 文字
上田豊吉がその故郷を出たのは今よりおおよそ二十年ばかり...
河霧 国木田 独歩
30分以内
湯ヶ原ゆき 国木田 独歩
30分以内
  8,639 文字
定めし今時分は閑散だらうと、其閑散を狙つて來て見ると案...
湯ヶ原ゆき 国木田 独歩
30分以内
恋を恋する人 国木田 独歩
30分以内
  9,183 文字
秋の初の空は一片の雲もなく晴て、佳い景色である。
恋を恋する人 国木田 独歩
30分以内
空知川の岸辺 国木田 独歩
30分以内
  10,358 文字
余が札幌に滞在したのは五日間である、僅に五日間ではある...
空知川の岸辺 国木田 独歩
30分以内
日の出 国木田 独歩
30分以内
  11,711 文字
某法學士洋行の送別會が芝山内の紅葉館に開かれ、會の散じ...
日の出 国木田 独歩
30分以内
郊外 国木田 独歩
60分以内
  12,466 文字
※一※時田先生、名は立派なれど村立小学校の教員である、...
郊外 国木田 独歩
60分以内
源おじ 国木田 独歩
60分以内
  12,483 文字
上都より一人の年若き教師下りきたりて佐伯の子弟に語学教...
源おじ 国木田 独歩
60分以内
竹の木戸 国木田 独歩
60分以内
  13,314 文字
上大庭真蔵という会社員は東京郊外に住んで京橋区辺の事務...
竹の木戸 国木田 独歩
60分以内
おとずれ 国木田 独歩
60分以内
  14,812 文字
※上※五月二日付の一通、同十日付一通、同二十五日付の一...
おとずれ 国木田 独歩
60分以内
富岡先生 国木田 独歩
60分以内
  16,612 文字
何公爵の旧領地とばかり、詳細い事は言われない、侯伯子男...
富岡先生 国木田 独歩
60分以内
運命論者 国木田 独歩
60分以内
  18,904 文字
秋の中過、冬近くなると何れの海浜を問ず、大方は淋れて来...
運命論者 国木田 独歩
60分以内
女難 国木田 独歩
60分以内
  23,571 文字
今より四年前のことである、(とある男が話しだした)自分...
女難 国木田 独歩
60分以内
酒中日記 国木田 独歩
1時間〜
  28,423 文字
五月三日(明治三十〇年)「あの男はどうなったかしら」と...
酒中日記 国木田 独歩
1時間〜