【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

1時間〜で読める国木田独歩の長編作品

青空文庫で公開されている国木田独歩の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編1作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜1件 / 全1件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
酒中日記 国木田独歩
1時間〜
  28,935 文字
五月三日(明治三十〇年)「あの男はどうなったかしら」との噂(うわさ)、よく有ることで、四五人集...
酒中日記 国木田独歩
1時間〜
五月三日(明治三十〇年)「あの男はどうなったかしら」との噂(うわさ)、よく有ることで、四五人集って以前の話が出ると、消えて去くなった者の身の上に、ツイ話が移るものである。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。