60分以内で読める宮沢賢治の中編作品

青空文庫で公開されている宮沢賢治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品17篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全17件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
セロ弾きのゴーシュ宮沢賢治
60分以内
  12,894文字
  ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。
セロ弾きのゴーシュ宮沢賢治
60分以内
ポラーノの広場宮沢賢治
60分以内
  21,858文字
  そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
ポラーノの広場宮沢賢治
60分以内
双子の星宮沢賢治
60分以内
  12,512文字
  双子の星天の川の西の岸にすぎなの胞子ほどの小さな二つの星が見…
双子の星宮沢賢治
60分以内
貝の火宮沢賢治
60分以内
  19,398文字
  今は兎(うさぎ)たちは、みんなみじかい茶色の着物(きもの)で…
貝の火宮沢賢治
60分以内
シグナルとシグナレス宮沢賢治
60分以内
  13,890文字
  四時から今朝(けさ)も やって来た。
シグナルとシグナレス宮沢賢治
60分以内
フランドン農学校の豚宮沢賢治
60分以内
  12,888文字
  〔冒頭原稿一枚?
フランドン農学校の豚宮沢賢治
60分以内
ひかりの素足宮沢賢治
60分以内
  19,099文字
  一、山小屋鳥の声があんまりやかましいので一郎は眼をさましまし…
ひかりの素足宮沢賢治
60分以内
春と修羅 第三集宮沢賢治
60分以内
  20,971文字
 (何を吐(ぬか)して行ったって?
春と修羅 第三集宮沢賢治
60分以内
イギリス海岸宮沢賢治
60分以内
  14,414文字
 夏休みの十五日の農場実習(のうじょうじっしゅう)の間に、私(…
イギリス海岸宮沢賢治
60分以内
二十六夜宮沢賢治
60分以内
  19,969文字
 旧暦の六月二十四日の晩でした。
二十六夜宮沢賢治
60分以内
二十六夜宮沢賢治
60分以内
  21,044文字
 旧暦(きゅうれき)の六月二十四日の晩でした。
二十六夜宮沢賢治
60分以内
税務署長の冒険宮沢賢治
60分以内
  17,805文字
イギリスの大学の試験では牛(オックス)でさへ酒を呑(の)ませ…
税務署長の冒険宮沢賢治
60分以内
或る農学生の日誌宮沢賢治
60分以内
  14,058文字
ぼくは農(のう)学校の三年生になったときから今日まで三年の間…
或る農学生の日誌宮沢賢治
60分以内
茨海小学校宮沢賢治
60分以内
  14,119文字
私が茨海(ばらうみ)の野原に行ったのは、火山弾(かざんだん)…
茨海小学校宮沢賢治
60分以内
楢ノ木大学士の野宿宮沢賢治
60分以内
  19,555文字
楢(なら)ノ木大学士は宝石学の専門だ。
楢ノ木大学士の野宿宮沢賢治
60分以内
文語詩稿 一百篇宮沢賢治
60分以内
  15,941文字
東はるかに散乱の、        さびしき銀は声もなし。
文語詩稿 一百篇宮沢賢治
60分以内
楢ノ木大学士の野宿宮沢賢治
60分以内
  20,397文字
楢ノ木大学士は宝石学の専門だ。
楢ノ木大学士の野宿宮沢賢治
60分以内