手紙
夏目 漱石

『手紙』は夏目漱石の中編作品。12,608文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  12,608 文字
人気   14,040 PV
書き出し モーパサンの書いた「二十五日間」と題する小品には、ある温泉場の宿屋へ落ちついて、着物や白シャツを衣装棚へしまおうとする時に、そのひきだしをあけてみたら、中から巻いた紙が出たので、何気なく引き延ばして読むと「私の二十五日」という標題が目に触れたという冒頭が置いてあって、その次にこの無名式のいわゆる二十五日間が一字も変えぬ元の姿で転載された体になっている。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

夏目 漱石 の人気作品



中編(60分以内)の人気作品