🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める山村暮鳥の短編作品

青空文庫で公開されている山村暮鳥の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編26作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜26件 / 全26件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
風景
(1915年)
山村暮鳥
5分以内
  351 文字
いちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないち...
風景 山村暮鳥
いちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはなかすかなるむぎぶえいちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはなひばりのおしやべりいちめんのなのはないちめんのなのはな...

(1921年)
山村暮鳥
5分以内
  84 文字
きれいなきれいな雪だこと畑も屋根もまつ白だきれいでなくつてどうしませう天からふつてきた雪だもの。
山村暮鳥
きれいなきれいな雪だこと畑も屋根もまつ白だきれいでなくつてどうしませう天からふつてきた雪だもの。
或る淫売婦におくる詩
(1917年)
山村暮鳥
5分以内
  1,298 文字
女よおんみは此の世のはてに立っているおんみの道はつきているおんみはそれをしっているいまこそおん...
或る淫売婦におくる詩 山村暮鳥
女よおんみは此の世のはてに立っているおんみの道はつきているおんみはそれをしっているいまこそおんみはその美しかった肉体を大地にかえす時だ静かにその目をとじて一切を忘れねばならぬおんみはいま何を考えているかおんみの無智の尊とさよおんみのくるしみそれが世界の苦みであると知れああそのくるしみによって人間は赦されるおんみは人間を救ったおんみもそれですくわれたどんなことでもおんみをおもえばなんでもな...
百舌鳥 山村暮鳥
5分以内
  78 文字
百舌鳥やきいりきり鉄砲ぶちにきをつけろあつちみろこつちみろもずやきいりきり枯草山に火をつけろ。
百舌鳥 山村暮鳥
百舌鳥やきいりきり鉄砲ぶちにきをつけろあつちみろこつちみろもずやきいりきり枯草山に火をつけろ。
昔語り
(1921年)
山村暮鳥
5分以内
  81 文字
昔、昔のそのむかし昔の話をきかさうかぢぢがこどものそのころも山には霧がかかつてた森には小鳥がな...
昔語り 山村暮鳥
昔、昔のそのむかし昔の話をきかさうかぢぢがこどものそのころも山には霧がかかつてた森には小鳥がないてゐた。

(1921年)
山村暮鳥
5分以内
  85 文字
のろいなのろいななのはなのはたけのなかをゆく汽車はひらひらひいらあとからその汽車追つかける蝶々...
山村暮鳥
のろいなのろいななのはなのはたけのなかをゆく汽車はひらひらひいらあとからその汽車追つかける蝶々(てふてふ)。
手ぶくろ 山村暮鳥
5分以内
  88 文字
あたしの手套桔梗色雪のふる日はおもひだすなくした一つの手ぶくろよのこつた一つのてぶくろよ。
手ぶくろ 山村暮鳥
あたしの手套桔梗色雪のふる日はおもひだすなくした一つの手ぶくろよのこつた一つのてぶくろよ。

(1920年)
山村暮鳥
5分以内
  90 文字
山奥でついーん、ついーんとないてゐるのは鶸の子そのやまおくのほそみちのながいことついーん、つい...
山村暮鳥
山奥でついーん、ついーんとないてゐるのは鶸の子そのやまおくのほそみちのながいことついーん、ついーんとないてゐる鶸の子。
雪虫の唄 山村暮鳥
5分以内
  97 文字
どんより雪空ピアノの音……ふわふわふわふわ雪女郎小女郎ピアノの音からまひだしてピアノがやんだら...
雪虫の唄 山村暮鳥
どんより雪空ピアノの音……ふわふわふわふわ雪女郎小女郎ピアノの音からまひだしてピアノがやんだら消えちやつた。
時雨 山村暮鳥
5分以内
  97 文字
からすからす巣にかへれ峠の時雨がやつてきた雀(すずめ)もかへれ竹藪へたうげのしぐれがやつてきた。
時雨 山村暮鳥
からすからす巣にかへれ峠の時雨がやつてきた雀(すずめ)もかへれ竹藪へたうげのしぐれがやつてきた。
山村暮鳥
5分以内
  98 文字
きりきりつばめ燕(つばめ)、どこいつたわたしの目へ飛びこんだきりきりさへづつて飛びこんだとおも...
山村暮鳥
きりきりつばめ燕(つばめ)、どこいつたわたしの目へ飛びこんだきりきりさへづつて飛びこんだとおもつたらもう彼方をとんでゐた。
山村暮鳥
5分以内
  98 文字
千鳥のあしあと小さいなよあけの渚にでてみたかよあけの渚のどんど波波がわすれた砂の上ちどりのあし...
山村暮鳥
千鳥のあしあと小さいなよあけの渚にでてみたかよあけの渚のどんど波波がわすれた砂の上ちどりのあしあとかわいいな。
山村暮鳥
5分以内
  99 文字
うちの鶏こけこつことなりの鶏こけこつこだんだんあかるくなつてきたみなさんおはやうこけこつこそう...
山村暮鳥
うちの鶏こけこつことなりの鶏こけこつこだんだんあかるくなつてきたみなさんおはやうこけこつこそうら、お日様でてきたぞ。
山村暮鳥
5分以内
  102 文字
とんびぴいひよろ輪をかいてみせろ泣く子はきらいだ泣く子のうへのたかいそらでとんびぴいひよろぐる...
山村暮鳥
とんびぴいひよろ輪をかいてみせろ泣く子はきらいだ泣く子のうへのたかいそらでとんびぴいひよろぐるりと大きな輪をかいて泣く子にみせろ。
おや雀
(1919年)
山村暮鳥
5分以内
  106 文字
おや雀おや雀もう日が暮れるくらくなる日がくれてくらくなつたらどうしよう何処に行かうぼつちやんわ...
おや雀 山村暮鳥
おや雀おや雀もう日が暮れるくらくなる日がくれてくらくなつたらどうしよう何処に行かうぼつちやんわたしの巣をかへせ子どもをかへせ。
鰹釣り
(1920年)
山村暮鳥
5分以内
  107 文字
父よおいらも行きてえな大きな海のまんなかでおいらも鰹(かつを)が釣つてみてえなおいらも船にのり...
鰹釣り 山村暮鳥
父よおいらも行きてえな大きな海のまんなかでおいらも鰹(かつを)が釣つてみてえなおいらも船にのりてえなまつてろまつてろその腕が樫(かし)の木のやうになるまで。
葭切鳥
(1922年)
山村暮鳥
5分以内
  114 文字
よしきりこきり葭(よし)がゆれてもとびだすななんでもないぞ河風だよしきりこきり葭の笛をふいてみ...
葭切鳥 山村暮鳥
よしきりこきり葭(よし)がゆれてもとびだすななんでもないぞ河風だよしきりこきり葭の笛をふいてみせ葭の笛ができたらばおらにも一つくれないか。
稲かけ 山村暮鳥
5分以内
  117 文字
いねかけゆツさゆさ雀(すずめ)の子どもがあそんでたいねかけゆツさゆさすずめのこどもが喧嘩(けん...
稲かけ 山村暮鳥
いねかけゆツさゆさ雀(すずめ)の子どもがあそんでたいねかけゆツさゆさすずめのこどもが喧嘩(けんくわ)したいねかけゆツさゆさすぐまたなかよくしやべつてた。
冬の木木 山村暮鳥
5分以内
  117 文字
ふゆがきたとて木は裸春になるまで木は裸ちらちら雪がふつてきてはなをきものにきるけれどそれが消え...
冬の木木 山村暮鳥
ふゆがきたとて木は裸春になるまで木は裸ちらちら雪がふつてきてはなをきものにきるけれどそれが消えるとまた、裸。
雨の歌
(1920年)
山村暮鳥
5分以内
  119 文字
雨がふる雨がふるさびしい雨滴でも聴かうかいや、いやさうだ鞭(むちう)つやうに蹴るやうにつよく、...
雨の歌 山村暮鳥
雨がふる雨がふるさびしい雨滴でも聴かうかいや、いやさうだ鞭(むちう)つやうに蹴るやうにつよく、つよくはげしくつよく、はげしくふつてくれ。
海辺にて
(1920年)
山村暮鳥
5分以内
  146 文字
浪よ浪、浪ここまでおいで浪よ浪、浪つかまへておくれどんと打つてくりやそらにげた浪よ浪、浪ここま...
海辺にて 山村暮鳥
浪よ浪、浪ここまでおいで浪よ浪、浪つかまへておくれどんと打つてくりやそらにげた浪よ浪、浪ここまでおいで腹がたつたか浪よ浪さつとひくとき砂の小山をけちらした。
港の唄
(1924年)
山村暮鳥
5分以内
  155 文字
みなとのはるのよあめもよひどこからきたのかふながかりみなとのてんまにひがついたひとつぽつちりひ...
港の唄 山村暮鳥
みなとのはるのよあめもよひどこからきたのかふながかりみなとのてんまにひがついたひとつぽつちりひがついたみなとのはるのよあめもよひてんまであかごがないてゐた。
筏乗り 山村暮鳥
5分以内
  171 文字
やまのやまのおくやまの谿(たに)からでてきた筏乗り筏のうへの日やながかんべくわえ煙管でのんきだ...
筏乗り 山村暮鳥
やまのやまのおくやまの谿(たに)からでてきた筏乗り筏のうへの日やながかんべくわえ煙管でのんきだなやまのやまのおくやまの谿から出てきたいかだのりさとへのみやげか岩躑躅一枝くれてゆくもんだ。
田圃にて 山村暮鳥
5分以内
  175 文字
たあんき、ぽーんきたんころりんたにしをつツつく鴉(からす)どんはるのひながのたんぼなかたあんき...
田圃にて 山村暮鳥
たあんき、ぽーんきたんころりんたにしをつツつく鴉(からす)どんはるのひながのたんぼなかたあんき、ぽーんきたんころりんわれもひとも生きもんだあんまりひどくしなさんなたあんき、ぽーんきたんころりん鴉はきいても知らぬ顔はるのひながのたんぼなか。
春の海のうた 山村暮鳥
5分以内
  264 文字
さしたりひいたりはるのしほはるのひながのあをいうみひよつこりいそがしづんだらぴよつこりおふねが...
春の海のうた 山村暮鳥
さしたりひいたりはるのしほはるのひながのあをいうみひよつこりいそがしづんだらぴよつこりおふねがうきだしたぴよつこりおふねがういたらばひよつこりいそがしいづんだいそとおふねのかくれんぼそれをみてゐたかもめどりかもめもかもめでかくれんぼひよつこり...
窓にて
(1919年)
山村暮鳥
5分以内
  439 文字
うらの窓から見るとすぐ窓下の庭にあるひねくれ曲った一本の木すっかり葉っぱの落ちつくしたそれは大...
窓にて 山村暮鳥
うらの窓から見るとすぐ窓下の庭にあるひねくれ曲った一本の木すっかり葉っぱの落ちつくしたそれは大きないちじくの木だそこに槇の生垣があるその外は一めんの野菜畠で菜っぱや大根が葱もいっしょに青々としているその上をわたってくる松風や浪の音朝々のきっぱりした汽船の汽笛みよ雪のようなけさの大霜を河向うの篠やぶでは鵙(もず)がひきさかれるような声をして鳴いているふたたび裏庭のいちじくの木をみるといまま...
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。