60分以内で読める小栗虫太郎の中編作品

青空文庫で公開されている小栗虫太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品6篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全6件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
失楽園殺人事件小栗虫太郎
60分以内
  14,556文字
湯の町Kと、汀から十丁の沖合にある鵯島との間に、半ば朽ちた、…
失楽園殺人事件小栗虫太郎
60分以内
人外魔境小栗虫太郎
60分以内
  22,661文字
折竹孫七が、ブラジル焼酎(しょうちゅう)の“Pinga(ピン…
人外魔境小栗虫太郎
60分以内
人外魔境小栗虫太郎
60分以内
  23,086文字
いよいよ本篇から、魔境記も大ものばかりになってくる。
人外魔境小栗虫太郎
60分以内
人外魔境小栗虫太郎
60分以内
  22,110文字
――折竹氏、中央亜細亜(トルキスタン)へゆく。
人外魔境小栗虫太郎
60分以内
絶景万国博覧会小栗虫太郎
60分以内
  17,151文字
なんにしろ明治四十一年の事とて、その頃は、当今の接庇雑踏(せ…
絶景万国博覧会小栗虫太郎
60分以内
「太平洋漏水孔」漂流記小栗虫太郎
60分以内
  19,435文字
前作「天母峯」で活躍した折竹孫七の名を、読者諸君はお忘れでは…
「太平洋漏水孔」漂流記小栗虫太郎
60分以内