🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める宮地嘉六の中編作品

青空文庫で公開されている宮地嘉六の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編2作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜2件 / 全2件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
老残
(1952年)
宮地嘉六
60分以内
  23,407 文字
終戦と共に東京の空が急に平穏にかへつたときは誰もがホツとしたであらう。
老残 宮地嘉六
終戦と共に東京の空が急に平穏にかへつたときは誰もがホツとしたであらう。
ある職工の手記
(1919年)
宮地嘉六
60分以内
  23,550 文字
私の家はどういふわけか代々続いて継母の為に内輪がごたくさした。
ある職工の手記 宮地嘉六
私の家はどういふわけか代々続いて継母の為に内輪がごたくさした。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。